太陽SS 高まる鼓動

大会の日…-。

オレは、剣の競技に向けて、街の中央にあるホールで出番を待つ。

(出番は5試合目か……)

大会のために、オレはこの数週間、ものすごく練習を積み重ねた。

弟も仲間も、オレの姿に感化されて、共に練習に励む日々…-。

(けど、ここまで頑張れたのは、アイツのおかげだ)

オレは〇〇の笑顔を思い浮かべる。

アインツ「ぐはぁ!」

〇〇の笑顔を想像するだけで、動機が激しくなる。

動機を抑えようと、オレは胸に手をあてた。

アインツ「……なんて破壊力だ」

彼女の笑顔を思い出すだけで、オレの胸がこんなに熱くなるとは…-。

(恋はここまで人を狂わせるのか!)

気合を入れ直すために、オレは両頬を叩いた。

アインツ「しっかりしろ、オレ! オレにはやらなきゃいけないことがあるだろ!」

そう、オレは決めている。

(この大会で、優勝したら、〇〇に告白する!)

オレは手をグッと握りしめた。

だが、その手はオレの意思と反して、小刻みに震えていた。

アインツ「なんだっていうんだ……。 まさか緊張しているのか? オレ!」

頑張ろうと思えば思うほど、鼓動が激しくなっていく。

アインツ「この調子じゃ、上手くいく気がしない……」

(このままでは、優勝もできない。そうなると、告白も……)

気を落ち着かせようと目を閉じた。

(無だ……今のオレに必要なのは……無!)

だがその時…-。

〇〇「アインツさん」

(〇〇!?)

思い浮かべていた彼女が現れる。

オレの心臓がさらに音を立てた。

(うるさいぞ、オレの心臓! しずまれ!)

(彼女はただ試合前に労いに来てくれただけだ!)

アインツ「よ、よう、〇〇!」

オレは慌てて立ち上がった。

(彼女にこの緊張を気づかせたらいけない!)

〇〇「もうすぐですね」

アインツ「そうだな、もうすぐだ!」

(そうだ、もうすぐだ。早く平常心を取り戻さなければ!)

(だがどうしたらいい!?)

(収まるどころか、彼女を見たら胸が苦しくなる!)

〇〇「練習の成果が発揮できるといいですね!」

アインツ「そうだな! 発揮できるといいな!」

(発揮できるはずだ、なんせオレだぞ!)

(隠していた力をフルに引き出せばかならず……!)

〇〇「……優勝目指して頑張ってくださいね」

アインツ「そうだな! 頑張ってくださる!」

(優勝! それがすべて! そして〇〇に……)

〇〇「緊張してますか?」

アインツ「そうだな! 緊張……いや、してるわけないだろ!」

途中まで言いかけて、オレは慌てて否定した。

(危ない! 緊張しているとばれるところだった!)

〇〇「……大丈夫ですか?」

〇〇がじっとオレを見上げている。

(オレは今……何を〇〇と話していた?)

思い返すが、全く覚えていない。

アインツ「えっと……」

〇〇「アインツさん……」

〇〇が、なおもオレをじっと見上げる。

(く……そんな潤んだ瞳で見つめるな)

(好きだと今ここで言いたくなるだろう!)

オレは必死に心を押さえつける。

アインツ「そっそんな顔するな! とにかく大丈夫だ! オレの活躍、期待していてくれよ!」

オレは〇〇に無理やり笑顔を作った。

アインツ「どうしたんだオレは! らしくないだろこんなの!」

胸の高鳴りが収まらない。

(だが、オレはやらなければならない!)

(あいつに告白するために!)

試合の出番が回ってくる。

オレは剣を握りしめると、会場へ向けて歩き出した…-。

<<太陽最終話||月覚醒へ>>