月SS 頭上に輝く二人の証

パーティホールのステージに、まばゆいライトの光が注がれる。

頬を赤らめてうつむく〇〇の頭上で、ティアラが煌びやかに輝いていた。

トルマリ「よく似合ってるよ、〇〇! おめでとう~!」

パーティホールの隅から、ぼくはステージ上の彼女に歓声を送った。

―――――

主催者『僭越ながらパーティの間、ホールの間を別室にて拝見させていただきました。 そして、熟考の結果……。 ティアラは〇〇様にお贈りしたいと思います』

―――――

トルマリ「おめでとう……本当に」

〇〇はどこか申し訳なさそうな表情で、視線を泳がせている。

(ああいう謙虚な姿が、主催者からも評価されたんだろうな)

(謙虚さって、ぼくには全然ないからなぁ)

拍手をしながら、思わず苦笑する。

けれど……

トルマリ「やっぱり、ぼくも……」

力強く拍手をしていたはずなのに、徐々に手から力が抜けていく。

視線は、彼女の頭上に輝くティアラに吸い寄せられていた。

(ぼくも欲しかったな、ティアラ……)

割れんばかりの拍手に包まれた〇〇の姿を、ぼくはただ、ぼんやりと見つめていた…-。

……

〇〇に誘われ、ぼく達はバルコニーに出た。

夜空一面に、星々が煌めいている。

トルマリ「わ~、綺麗だね!」

〇〇「トルマリ。あの……ごめんね」

トルマリ「え?」

突然のことに、思わず目を丸くする。

〇〇「私ね、その……」

〇〇は思い迷うように言葉を探している。

(もしかして……ティアラのこと?)

トルマリ「ふふっ。 ……〇〇、ぼくに遠慮しなくていいんだよ」

〇〇「えっ……」

トルマリ「ティアラはすごーく欲しかったけど、〇〇が選ばれたのは本当に嬉しいし」

〇〇「トルマリ……」

そっと、繊細な輝きを放つティアラに視線を向ける。

トルマリ「でも、やっぱりかわいいなぁ~」

隠しきれない本音が、ため息と共にこぼれ落ちた。

間近で見るティアラは想像以上に綺麗で、つい見とれてしまう。

その時……

トルマリ「え……?」

彼女がティアラを外し、ぼくの頭に乗せた。

(どうして……?)

〇〇「トルマリ、すごく綺麗……」

恐る恐る、ティアラに手を伸ばしてみる。

(あのティアラが、ぼくの頭の上に……)

そう実感した瞬間、胸の奥が熱くなってきた。

トルマリ「〇〇……ありがとう。ティアラ、借りちゃっていいの?」

〇〇「もちろん。トルマリ、すごく似合ってるよ」

トルマリ「本当?」

〇〇「うん……そうだ、鏡の前に行こう?」

〇〇が、満面の笑みを浮かべる。

それは、ぼくの大好きな笑顔で…-。

(ティアラを贈呈された時とは、全然違う……)

(そんなに、ぼくに気を使って……?)

(……ティアラを身につけられて嬉しいはずなのに)

胸のつかえは鏡の中に映る自分を見ても、アレンジの仕方をあれこれ考えても、どうしてもぬぐいきれなかった…-。

……

ゆったりとした音楽が、広々とした会場に響き渡っている。

(いいのかな、ぼくがティアラをつけていても……)

ぼくと〇〇は手を取り合い、ダンスをしていた。

〇〇に贈呈されたティアラは、ぼくの頭上で輝いていて……

(皆、ぼく達を見てる)

(それなのに……)

周囲の招待客からの視線を感じながら、ぼくは〇〇と踊り続ける。

すると……

〇〇「ご、ごめんね。私、本当に下手で……」

トルマリ「ううん、大丈夫だよ。もっとぼくに委ねて」

(いけない。不安にさせちゃった)

トルマリ「……あ、今のすごくいい感じ! そうそう、そのまま力を抜いて……」

〇〇「えっと……こう?」

トルマリ「うん! 〇〇、すっごく上手になってきてるよ」

ぼくの言葉に、〇〇は頬を紅潮させて笑った。

ティアラに負けないぐらい輝く彼女の笑顔は、とても綺麗で……

(ティアラを贈った主催者、だいぶ見る目があるね)

(……やっぱり、返そう。このティアラは〇〇の方がよく似合う)

(それに、きみがティアラをつけている姿をずっと見ていたいし……)

〇〇の紅潮する頬を見つめながら、決意する。

ほのかに芽生えた感情に戸惑いながらも、ぼくは彼女の手をぎゅっと握りしめた…-。

<<月最終話