月最終話 ケロタの願い

美しく輝く月を、大きな翼の鳥が横切っていく…-。

次の歌を探す旅に出ることにした私達は、星を頼りに深い森の中を歩いていた。

ビッキー「次の村は……こっちかな」

ケロタ「貸してみろ! オマエが一度でも正しい方向に行ったことがあったか」

ケロタがビッキーさんの手から地図をひったくる。

ケロタ「……合ってる」

ビッキー「ケロタは世話好きだな~」

ケロタ「誰のせいだ!」

ビッキー「お、喧嘩する?」

ケロタ「オマエ……随分偉そうな口聞くようになったもんだな!!」

軽快に言い合いをする二人を見つめ、私は思わず笑ってしまう。

(ビッキーさんもケロタも楽しそう)

(でも……このままじゃ、いつまでたっても進めない)

(何か、話題を変えないと)

(あ……)

〇〇「綺麗なお花」

崖の上の、高い場所にある花を指差す。

ケロタ「なんだ、あんなモンが欲しいのか。よし、ワシがひとっ跳びして…-」

ビッキー「いいよ、ケロタ。僕が。 『取って』って言って」

〇〇「え、でも……すごく高いところにありますし、暗いから危ないです……」

ビッキーさんは、腕を組んで私の瞳を覗き込んだ。

(もしかして……)

―――――

〇〇『頼ってくれる人がいるって、すごく嬉しいです』

―――――

〇〇「……取って、ください」

小さな声でそう言ってみると、ビッキーさんは嬉しそうに笑う。

ビッキー「……ほんとだ。頼られるって、嬉しい」

ビッキーさんはそう言うと、大きくジャンプし、花を取ってくれた。

ビッキー「はい」

〇〇「ありがとうございます」

彼の笑顔が嬉しくて、私まで笑顔になる。

花の香りを嗅ごうとした、その時……

ビッキー「〇〇……」

ビッキーさんが、私の髪にそっと唇を落とした。

〇〇「……っ!」

ケロタ「おおお……」

顔を上げると、ビッキーさんが自分でも驚いたような顔で私を見つめている。

ビッキー「あれ? 僕……」

ビッキーさんが私の頬に触れた、その時……

〇〇「あ……!」

ビッキーさんとケロタが、まばゆい光に包まれた。

ケロタ「ビッキー! もしかして……!」

ビッキー「うん、ケロタ!」

(呪いが、解ける……!?)

笑い合ったのも束の間、私達は恐ろしい光景に息を呑んだ。

ビッキー「ケロタ!」

ケロタの姿が少しずつ透けて、夜の闇の中に溶け入っていく……

ケロタ「なんだ……そういうことか。 呪いが解けるって、ワシが消えるのか」

ビッキー「嫌だ! ケロタ……!」

ケロタ「嫌って言ってもなあ……」

ビッキーさんは必死にケロタを抱きしめる。

ケロタ「なあ……オマエ、見つけたんだな。 ありのままのオマエでいられる場所を。 ……よかったな」

ビッキー「ケロタ! 行かないで……! ケロタと、ずっと一緒にいたいんだ!」

ケロタ「……そうだな。 嬉しいよ……バカビッキー」

その言葉を最後に、まるで元からそこにいなかったかのように、ケロタは世界から消えてしまう……

ビッキー「ケロタ……!」

ビッキーさんは辺りを見渡し、ケロタの姿を必死に探していた。

〇〇「ビッキーさん……!」

崩れ落ちるように地面に膝をついたビッキーさんを、そっと抱きしめる。

ビッキー「だめだ……」

けれど彼は私の手を優しく拒み、顔を手で覆ってしまった。

ビッキー「幸せなメロディーを聴いたんだ……。 君の髪にキスをした時……僕は、知ってしまったんだ。 これ以上ないほど、幸せな音……君を想う、胸の音を……」

〇〇「……っ!」

ビッキー「僕が、恋をしたから……?ケロタは、僕のせいで……!」

(私のせいで……?)

幸福なはずの告白に、ただ胸が痛む……

〇〇「ケロタ……」

次々とこぼれ落ちる涙を止めることはできなかった。

涙を見られまいと、顔を背けた時……私は、ケロタがいた辺りにネックレスが落ちているのを見つける。

〇〇「ビッキーさん、これ……」

ビッキー「これは……?」

ネックレスを拾い上げたその時、ビッキーさんは驚いたように目を見開いた。

ビッキー「ケロタ……?」

ビッキーさんは、しばらく何も目に入らない様子で空を見上げ、やがて私をそっと抱きしめた。

(え……?)

ケロタの歌が聴こえたような気がして、私はそっと耳を澄ませる。

ビッキー「君にも聞こえる?」

何度も頷き返すと、ビッキーさんは私を抱く腕に力を込めた。

ビッキー「ケロタ……傍にいてくれるってこと? じゃあ、教えてくれないか。 僕は、どうやって生きていったらいい?」

ケロタの声は明るく歌うばかりで、答えはどこからも聞こえない。

ビッキー「……ねえ、答えてよ」

(ビッキーさん……!)

叫びのような彼の言葉に、胸がひどく痛んだ。

(どうしたらいいの……?)

―――――

〇〇『頼ってくれる人がいるってすごく嬉しいです。 そこにいていいって思わせてくれるから』

ビッキー『……ほんとだ。頼られるのって、嬉しい』

―――――

彼の笑顔が脳裏をよぎり、私は必死にそれを手繰り寄せる。

大きく息を吸い、彼の指先にそっと手を重ねた。

〇〇「ビッキーさん……私の傍にいてくれませんか?」

ビッキー「君の傍に……?」

〇〇「はい……。 一緒に、旅を続けましょう。 いろんなところを回って……ケロタと3人で」

願うような気持ちでそう言うと、ビッキーさんは静かに私に手を握る。

ビッキー「……そうだね。 ずっと、一緒だね」

〇〇「……はい」

ビッキー「ずっと……」

まばゆい月が、深い森に静かに光をさしかけている。

目を閉じると、その光の中でケロタが楽しそうに歌っていた…-。

おわり。

<<月9話||月SS>>