月SS ケロタの贈りもの

静かな星の光の下で、すべての音が遠ざかっていく…―。

(ケロタが消える……? 何言ってるんだ)

その清らかな光に奪われないように、慣れ親しんだ小さな重みを胸いっぱいに抱きしめた。

ケロタ「なあ……オマエ、見つけたんだな。 ありのままのオマエでいられる場所」

(……やめてよ)

ケロタ「……よかったな」

(やめろ……!)

ビッキー「ケロタ! 行かないで……! ケロタと、ずっと一緒にいたいんだ!」

ケロタは、いつものように心配そうな瞳で僕を見つめる。

ケロタ「……そうだな。 嬉しいよ……バカビッキー」

意地悪で、優しい声……

僕の名を呼ぶ聞き慣れた声が、闇に溶け入っていく……

ビッキー「ケロタ……!」

指先に微かな温度を残して、ケロタは……姿を消してしまった。

(嘘だ)

ケロタを探し、僕はそこら中に視線を彷徨わせる。

(いつもみたいに隠れてるんだろ?)

ケロタのことなら、どこにいたって見つけられる……そのはずなのに、視界のどこにもケロタはいない。

(どこにいる? 出てきて……!)

〇〇「ビッキーさん……!」

彼女に顔を覗き込まれて、僕は世界が崩れ去ってしまったような気持ちになる。

彼女にそっと抱きしめられるけれど、その手を遠ざけなければいけない気がした。

(……ああ、そうか)

ビッキー「幸福なメロディーを聴いたんだ……。 君の髪にキスをした時……僕は、知ってしまったんだ。 これ以上ないほど、幸せな音……君を想う、胸の音を……」

〇〇「……っ!」

自分の一言ごとに、心が壊れそうに痛む。

ビッキー「僕が、恋をしたから……? ケロタは、僕のせいで……!」

(そうだとしたら……僕は、いったいどうすればよかったんだろう)

(君に出会わなければよかった?)

(君に恋をしなければよかった?)

(そうすれば、ケロタとずっと一緒にいられたのかな……?)

〇〇「ケロタ……」

彼女のか細い声が聞こえたけれど、怖くて顔を上げることができない。

(そんなこと……思えない)

(だって……こんなにも、君が愛しい)

(それは、いけないことなのかな)

〇〇「ビッキーさん、これ……」

彼女がふと僕の傍から離れ、地面にしゃがみ込む。

彼女が拾い上げたものは、小さな石のついたネックレスだった。

ビッキー「これは……?」

どこかケロタに似た色合いのその石は、月の光を受けて鈍く光っていた。

(まさか……)

目を見開いた、その時…-。

ビッキー「ケロタ……?」

天を仰ぐと、ケロタの歌声が聞こえてくる。

(……ここにいたんだね)

月の光に吸い込まれていく歌声はどこまでも明るくて……僕は彼女をそっと抱きしめる。

ビッキー「君にも聞こえる?」

何度も頷く彼女を見つめ、手の中の小さな石を握りしめた。

ビッキー「ケロタ……傍にいてくれるってこと? じゃあ、教えてくれないか。 僕は、どうやって生きていったらいい? ……ねえ、答えてよ」

(どうして答えないの?)

明るく歌うケロタの声は、二人で旅をした日々を思い出させる。

(バカケロタ……!)

ぎゅっと瞳を閉じると、彼女が僕の手を握る。

〇〇「ビッキーさん……私の傍にいてくれませんか?」

ビッキー「君の傍に……?」

深い水の底から見る遠い水面のように、彼女の言葉はぼんやりと光っている。

〇〇「はい……。 一緒に、旅を続けましょう。 いろんなところを回って……ケロタと、3人で」

(ケロタと、3人で……?)

僕は、彼女の必死な瞳を受け止める。

(……ねえ、僕、知ってるんだ)

(ケロタは、もういない)

(君は優しいから……僕のために、そう言ってくれるんだよね)

ビッキー「……そうだね」

(ごめんね……そんな言葉を口にさせて)

(君の優しさに、甘えていいのかな)

ビッキー「ずっと、一緒だね」

(そう望んでいいのかな)

〇〇「……はい」

ビッキー「ずっと……」

(ずっとなんてない……そんなこと、知ってるんだ)

僕はケロタのいない肩に手をあて、張り裂けるように思う。

涙が瞳からこぼれ……小さな石にポトリと落ちる。

―おい

―バカビッキー

(……ケロタ?)

―もう、怖がるな

ケロタの声が聞こえる……

―望むんだ。叶うかわからなくても

―ワシは一緒だぞ

―ずっと。ずっとだ。

その声と共に、ケロタの歌声が鳴りやむ。

途端、胸に温かな火が灯り……

ビッキー「……!」

〇〇「ビッキーさん……? ケロタの歌声が……!」

不安そうに僕を見上げる彼女を抱きしめ、僕は突然にその感情を知る。

(そっか……)

ビッキー「……大丈夫だよ」

〇〇「え?」

ビッキー「ケロタがくれたから」

(この気持ち……)

ビッキー「僕、君を守るから」

(君のために、強くなるから……)

(君が泣かないように)

(君が僕のことを見てくれるように)

(一緒にいられるように)

ビッキー「ずっと……」

胸の奥で響く、炎のように温かな歌……

その響きを胸に秘め、僕は彼女に笑いかけた…-。

おわり。

<<月最終話