月最終話 暴走する嫉妬

窓辺に視線をやると、辺りには夜のとばりが下り始めていた。

(そろそろ行かなきゃ……)

心残りを振り切るようにして、荷作りを終えた鞄を持ち上げる。

けれども……

??「大変です!!またあの時のように暴走して!」

??「何だと!?すぐに、できるだけ魔力の高い者を呼んでくるんだ!!」

扉の外から、ただ事ではない雰囲気が伝わってきて、私は慌てて部屋を出た。

〇〇「!!」

(これは!?)

城の床には不気味な紫煙が広がり、人々がいたるところにしゃがみ込んでいる。

〇〇「一体、何が起こったんですか!?」

メイド「トロイメアの姫様……どうか早くお逃げください。 嫉妬の毒気に当てられないうちに……」

〇〇「しっかりしてください!!」

メイドは青い顔をして、その場に座り込んでしまう。

(嫉妬の毒気?もしかして……)

私は嫌な予感がしたまま、紫煙が流れてくる方へと駆けた。

すると、倒れる人の数が徐々に多くなり……

廊下の角を曲がった先に、紫煙に包まれた人影を発見した。

よく見ると、それは……

〇〇「ウェディくん!?」

彼は呼ばれるなり、苦悶の表情を浮かべて私から距離を取ろうとした。

ウェディ「ダ、メだ……来るんじゃねェ!! この毒気は……抑えられねェんだ……っ!」

その瞬間、以前彼から聞いた言葉が頭を過ぎる。

ーーーーー

ウェディ「もちろんオレも嫉妬に晒されたし、そんな生い立ちだからオレ自身に宿った嫉妬の魔力の力も強い……。 そのせいで……小さな頃は、城のヤツらを困らせることもあって…―」

ーーーーー

(まさか、これが……!?)

私は息を呑んで、彼に近づこうと一歩踏み出した。

ウェディ「ダメだっつってんだろ! もしお前を傷つけるようなことになったら、オレは……!」

〇〇「……っ!」

苦しそうなウェディくんを、そのままにはしておけなくて……

気付けば私は、彼に向かって走り出していた。

そうして、嫉妬の毒気を撒き散らす彼の体を抱きしめた、その時…―。

ウェディ「っ、……〇〇……、ぐ……ぐあああぁぁああぁぁぁぁぁぁ!!」

絶叫の後、彼は意識を失った。

すると……

禍々しい紫煙は、一瞬にして霧散したのだった…―。

……

ウェディくんが、城の人々の手によって寝室へと運ばれた後……

私は彼の意識が戻るまでの間、客間で待つことになった。

執事さん達の話によると、城の被害は早めに事態が収拾したことにより、最小限で済んだらしい。

けれども……

(ウェディくん、大丈夫かな)

(それに、倒れていた人達も……)

(だけど、どうして私は他の人達みたいに毒気に当てられなかったんだろう……?)

ソファに座りながら、考えを巡らせていると……

執事「〇〇様、ウェディ様が意識を取り戻しました」

〇〇「え……!?」

執事さんの言葉を受け、私は慌ててソファから立ち上がる。

そして、部屋の扉に向かった、その時…―。

ウェディ「……」

私が手をかける前に、ひとりでに開いた扉の前には、少しだけ青い顔をしたウェディくんが立ち……

その様子を見た執事さんは、静かに客室を後にした。

〇〇「ウ、ウェディくん? 出歩いたりして大丈夫なの!?」

ウェディ「ああ。あの力は、体力を消耗するだけだから……。 けど、ごめん……」

彼は少しの間、言いよどむようにし……

やがて少しずつ口を開く。

ウェディ「オレ、お前がセロと仲良くしてるところとか……。 この先、手を繋いで歩いたりするのとか……。 いろいろ考えたんだ……。 そしたら気が狂いそうになって……。 だから〇〇のこと、嫌いになろうと努力したんだけど……」

〇〇「え……?じゃあ、私を避けていたのは……」

ウェディ「……」

ウェディくんはうなだれ、押し黙ってしまった。

けれども少しの間の後、再び顔を上げて思いを口にする。

ウェディ「お前には絶対、迷惑かけたくないって思ってた。 でもそのうち、
嫉妬の力を抑えきれなくなって…―」

彼はそこまで言うと、悔しそうに顔を歪めた。

ウェディ「お前やっぱり早く帰れ!こんな危ないオレの傍にいたらダメだ!!」

〇〇「…………」

白くなるほど唇を噛みしめる彼の姿に、胸が押し潰されそうになる。

そして……

ウェディ「……今まで、ありがとな」

彼は、消え入りそうな声でつぶやいた後、私に背を向ける。

その瞬間、私は…―。

ウェディ「……!〇〇……? や、やめろよ!オレなら平気だから……。 オレは我慢してこの気持ちも忘れるから……!」

ウェディくんはそう言うものの、背中は小さく震えている。

そんな彼を離すまいと、私は彼を抱きしめる腕に力を込めた。

ウェディ「頼むから……お前が幸せならオレはそれでいいって思えるから! このまま傍にいたら、オレ……いつかあの力でお前を…ー」

〇〇「そんなことないよ」

ウェディ「え……?」

〇〇「だって私、あの煙を浴びてもこうして元気でしょう? それにウェディくん、勘違いしてる」

そこまで言ったところで、私はきゅっと唇を噛む。

そうして、一つだけ大きく深呼吸をした後……

〇〇「私が、好きなのは……。 ……私がずっと考えていたのは、ウェディくんのことだから」

ウェディ「……!!」

私が震える声で想いを告げると、彼は驚いたように私の方へと向き直る。

〇〇「……っ!え、えっと……。 ほ、ほら、ね? 体の方は、本当になんともないから」

告白の後の気まずさから、思わず目をそらした私は、

胸の鼓動を必死に抑えこみながら、言葉を紡ぐ。

ウェディ「……確かに、大丈夫みてェだな。 けどなんで!? 小さな時に暴走させた時は平気なヤツなんて……」

当時のことを思い出したのか、ウェディくんの顔が苦しげに歪む。

(ウェディくん……)

〇〇「理由はわからないけど、でも……。 私はウェディくんと、この先も一緒にいたい」

ウェディ「……っ!! オレで……本当にいいのか?」

脅えるような問いかけに、しっかりと頷くと……

彼は安心したように表情を緩め、私を抱きしめる。

その腕は温かく、まるで彼の想いが伝わってくるようだった…―。

おわり。

<<月7話||月SS>>