月最終話 謎のメッセージカード

それから…-。

もう一度宝石店での聞き込みをしようという話になり、私は準備のために部屋に戻った。

(あれ?)

部屋の机に見覚えのないメッセージカードが置かれている。

(なんだろう?)

そっと取り上げてみると……

『太陽が青き空を奪う頃、貴女のハートと助手の座を奪いに参上します 怪盗サファイア』

美しい青いインクで書かれた字に、目を瞬かせる。

〇〇「怪盗……サファイア?」

(誰かのいたずら……かな?)

突然の出来事に呆然としていると……

サイ「〇〇?」

〇〇「あ、サイさん……」

扉の外からサイさんの声が聞こえ、ハッと我に返る。

(今は依頼に集中しないと)

メッセージカードのことを考えるのはひとまず後回しにして、私は部屋を出たのだった…-。

……

私達はそれから、宝石店の店員さんや周りの人達から情報を集めた。

サイさんの丁寧な物腰に、たくさんの人が協力してくれて、調査はすんなりと進んでいって……

太陽がもう沈もうとする頃、私達は集めた情報を整理しながら、依頼人の待つ喫茶店へと向かっていた。

サイ「彼女が好きな宝石は真珠で、好きな花はスミレ……」

〇〇「それに、今お付き合いしている方はいないって話でしたね」

聞き込みで得た情報を付け足すと、サイさんはメモを取る手を止めて考え込む。

サイ「……この情報は、お節介かな」

〇〇「うーん……でも、もしかすると彼の背を押す情報になるかも……」

考え込んでいると、ふとサイさんが私のことをじっと見つめていることに気がついた。

〇〇「サイさん?」

サイ「あ、いや……」

歯切れの悪い返事がかえってきて、私は小さく首を傾げる。

(まだ何か、調べ忘れたことがあったかな?)

〇〇「あ……喫茶店が見えてきました。行きましょう?」

足を踏み出そうとした、その瞬間…-。

サイ「……〇〇!」

突然、大声で呼び止められて私は動きをぴたりと止める。

振り返ると、サイさんの切なげな眼差しと視線が重なった。

サイ「その前に……確かめたいことがあるんだ」

〇〇「え……?」

一歩、サイさんが私に近づく。

淡い橙色の光を背にしたサイさんは妖しげな魅力をまとっていて、私は思わず息を呑んだ。

サイ「怪盗サファイアの犯行予告……届きませんでしたか?」

〇〇「……!」

(怪盗サファイアって……あのカードの? じゃあ、あれはサイさんが?)

戸惑う私にサイさんの手が伸び……

〇〇「……っ」

奪われるように体を引かれ、気づけば彼の腕の中に収まっていた。

〇〇「あ、あの……?」

頬がかっと熱くなり、胸の鼓動がサイさんにも伝わってしまいそうなほどうるさい。

サイ「依頼を完遂するためには、真剣に恋をする彼の気持ちを理解することが必要……。 だから、私は自分の恋に向き合うことにしました……〇〇さん」

艶めいた声色で囁きかけられ、熱がますます高まっていく。

(サイさんの恋……?)

すると…-。

サイ「……ごめん」

いつもの調子に戻ったサイさんが、困ったように微笑む気配がした。

サイ「……突然のことで驚かせているよね?」

顔を上げると、熱をはらんだように潤む青い瞳と目が合った。

サイ「でも、僕は〇〇の心を奪いたいから」

〇〇「どういう状況か……掴めなくて……」

ドキドキと高鳴る鼓動を持て余しながらも、私はどうにか言葉を絞り出す。

サイ「依頼人の気持ちがわからないのに、この調査をできるはずがない……。 ティーガとリドに、そう言われたんだ」

〇〇「え……」

サイ「真剣に、一人の女性に恋をする気持ち……僕が君を想うこの気持ちに、向き合わないと駄目だって。 それで、その……女の子が憧れるシチュエーションっていうのを、考えたんだけど……。 君は……こんな告白は嫌だった?」

おずおずと問われて、ようやく頭が現実に追いつく。

〇〇「私のために……?」

彼が小さく頷く。

(サイさんがまさか……こんなことするなんて)

ドキドキと高鳴る胸に、次第に幸せな気持ちがいっぱいに広がっていく。

(サイさんも恋について考えてたんだ)

その相手が自分だったことが、この上なく嬉しくて……

彼をまっすぐに見つめ、私は笑顔で答えた。

〇〇「私のハートは、サイさんのものです」

サイ「……!」

サイさんが私の体を解放し、今度は優しく手を取る。

サイ「……では、貴女は助手ではなく……私の恋人ということで」

手の甲に柔らかなキスが落とされる。

その感覚に甘い疼きを覚えながら、私は深く頷いた。

こうして…-。

サイさんは探偵としてだけではなく、恋を成就させた先輩として依頼人の男性にアドバイスをした。

数日後……依頼人の男性と宝石店の彼女が二人、幸せそうな笑顔を浮かべ事務所を訪れたのだった…-。

おわり。

<<月7話||