月最終話 いたずらしちゃうぞ

ダンスパーティを十分楽しんだ私とロルフ君は、夜が更ける前にまだ人々の熱気であふれる町を後にした。

(すごく楽しかったな……なんだか、このまま寝ちゃうのがもったいないくらい)

特別な夜の余韻に、浸っていると……

ロルフ「あの……○○ちゃん……」

部屋の前まで送ってくれたロルフ君が、ためらいがちに私を引き留めた。

○○「どうしたの?」

ロルフ「このまま寝ちゃうのは、なんだかもったいない気がして……。少し、おしゃべりしていってもいいですか……?」

懇願するように見上げてくるロルフ君が可愛くて……

○○「私も、同じこと考えてたんだ」

ロルフ「わ……嬉しいです……!」

私は微笑みながら頷き返した…-。

ロトリアの町にまだ流れ続ける音楽が、この部屋の中にもかすかに届く。

私とロルフ君はソファーに座って温かい紅茶を飲みながら、パーティの余韻を味わった。

ロルフ「……この衣装を初めて見たときはどうしようって思ったけれど……でもやっぱり、悪魔にしてよかったです……」

○○「国王様、褒めてくれたね」

ロルフ「はい。とってもうれしかったです……。でもそれだけじゃなくて……。 このお洋服を着てると……いつもよりちゃっぴり勇気が出るんです……。 ○○ちゃんとダンスができるなんて……夢みたいでした……」

頬を赤らめたロルフ君が、たどたどしく伝えてくれる。

○○「私もとても嬉しかったよ」

ロルフ「○○ちゃん……手、つないでもいいですか……」

○○「う、うん……」

そろそろと伸ばされた小さな掌が、ソファーの上に置いていた私の手を包み込む。

ロルフ君の視線はうつむきがちだったけれど、時々確認するように私を見上げて…-。

(どうしよう……なんだかドキドキしてきちゃった)

ロルフ「……やっぱりこのお洋服は、すごいです……」

ポツリとつぶやいた後、ロルフ君は少し悪戯っぽい笑顔を見せてくれた…-。

ソファーに並んで座った私達の間を、幸せな静寂が流れていく。

そんな時間がしばらく続いたあと…-。

ロルフ君がカクンと頭を落とした。

ロルフ「……あれ……。 ボク、寝ちゃってたみたい……」

○○「もう遅い時間だもんね。そろそろ部屋に戻ろっか?」

けれどロルフ君は、眠たげな瞳のまま首を横に振って…-。

 

ロルフ「ボク……○○ちゃんと一緒に寝たいです……」

○○「え……」

(ロルフ君は可愛いけれど……でも男の子だし……)

迷う私の腕へと、ロルフ君が甘えるようにしがみついてくる。

ロルフ「一緒に寝てくれないと……いたずらしちゃうぞ……」

上目遣いに私を見上げながら、そう囁く。

ロルフ君の口からは、牙のような八重歯が覗いていた。

○○「ロルフ君……?」

八重歯のせいか、衣装のせいか、本当にロルフ君が小悪魔に見えてきて、私はドキッとした。

ロルフ「……」

(どうしよう……)

いつものロルフ君とは違う、少し大人びた……妖しさをたたえた眼差しが、私をとらえている。

○○「ロルフ君……」

けれどロルフ君のその視線が、次第にそわそわ揺れ出した。

(あれ……?)

眉を下げたロルフ君の表情が、くしゃりと崩れる。

ロルフ「○○ちゃん……ごめんなさい……いたずらはうそです……」

泣き出しそうな顔で謝る姿は、いつもの弱気で優しいロルフ君の姿だった。

ロルフ「あの……でも一緒に寝て欲しいのはほんと……」

○○「うん。じゃあ今日は一緒に寝ようか」

苦笑いしながら頷くと、ロルフ君は愛らしい顔に、花のような笑顔を咲かせた。

それから私達は、ひとつのベッドに入る。

ロルフ「おやすみなさい……○○ちゃん……」

○○「おやすみ、ロルフ君」

パーティの音楽を子守歌に、寄り添って眠る。

特別なこの夜に、ロルフ君が幸せな夢を見られますように……

そう願いながら、私も瞳を閉じたのだった…-。

おわり。

<<月7話||月SS>>