月最終話 瞳の中の微笑み

飛行機の部品を集め終え、しばらく経つと…―。

シュテル「やっぱり無理だ。直らない」

(また、シュテルさんの笑顔が見たいと思って旅をはじめたけれど、駄目なのかな……)

何とか形だけはそれらしく戻ったものの、飛行機のエンジンはかからない。

旅人「ええ、そのようですね。でも、もう十分です。旅は終わりにします」

男性は飛行機の機体を愛しげに叩き、砂漠に体を投げ出す。

旅人「王子にコイツをいただき、世界中を旅しました。夢のような日々だった……」

シュテル「直してやれなくて、済まない」

旅人「何を言っているんです!最高の旅の最後をくれたってのに」

シュテル「最高の?……願いを叶えられなかったのに?」

旅人「願いが叶うのもいいですがね、俺はもっと素敵なものをもらいましたよ。 こうして王子とお嬢さんに心を砕いてもらって……。 そのことを思い出すだけで、俺はこの先いつでも暖かい気持ちになる。 こんなに幸せな旅の終わりはありません」

男性が嬉しそうに笑い、そっと目を閉じる。

シュテル「……」

(シュテルさんが、笑ってる……)

旅人「お、色男の笑顔。お嬢さん、惚れ直しちゃうんじゃないですか」

○○「え、私は……!」

(でも……)

微かな笑顔。

彼が笑うだけで、こんなにも心が明るくなっていく。

シュテル「笑った覚えはないが……良ければ君の星まで送ろう」

旅人「いえ、いずれ仲間が来るはずなので、お気持ちだけで。 俺はもう少しコイツとここにいることにします。……あ!そうだ。良ければ、一緒に写真を撮らせてもらえませんか。 旅の終わりの、今日の記念に」

シュテル「写真……?」

旅人「地上の器械で、カメラってのがあるんですよ。 まあ、即席肖像画みたいなもんです」

男性は適当にカメラの台を作り、そっとカメラを載せる。

旅人「はい、じっとしてじっとして!」

そうして、メテオベール城に戻った後…―。

○○「シュテルさん、これ……」

私は、こみ上げる笑いを堪えることに精一杯だった。

シュテル「……もういいから」

3人で撮った写真を現像すると、笑顔の私と男性の間で、シュテルさん一人が人形のように固まっている。

シュテル「初めてだったんだよ。写真とやらを撮られるのは」

私の手から写真を取り上げて、シュテルさんはそれをポケットに入れてしまう。

シュテル「面白い技術もあるものだな……」

彼は、譲ってもらったカメラをしげしげと見つめ、レンズを覗き込んだ。

○○「じゃあ、二度目を撮らせてください。今度は笑ってくださいね」

ふざけてシュテルさんの手からカメラを取ろうとすると……

○○「シュテル、さん……?」

そっとカメラを机に置いたかと思うと、彼が私の背後に回る。

シュテル「それより……」

シュテルさんに、後ろから深く抱きしめられた。

○○「あ……っ」

口づけがうなじに落とされ、甘い痺れが体中に広がっていく。

シュテル「君に言いたいことがある」

○○「え……?」

シュテル「君が僕を連れ出して教えてくれた。 力がなくても、心を尽くせば人を笑顔にすることはできる。 僕も、苦労して見た笑顔のほうが、ずっと嬉しかった。 でもね……わかったんだ。僕が一番笑顔にしたいのは、君だって」

○○「シュテルさん……」

シュテル「子どもの頃から、ずっと考えてた。 どうして、王家に生まれて力を与えられえたのに、寿命が短いんだろうって。 僕は、何の為に生まれてきたんだろうって」

彼の唇が、首を辿り……やがて耳元に優しいキスを落とした。

シュテル「僕はきっと、君の願いを叶えるためだけに生まれてきたんだ」

○○「……っ」

シュテル「これからずっと……君がくれた命の全てをかけて、君の願いを叶えてあげたい。君の笑顔を、見ていたい」

彼の甘い囁き声に、私の大きな鼓動の音が混じる。

シュテル「笑って……」

そう言って、彼は私に小さな花束を差し出す。

○○「これ……」

シュテル「さっき、庭で摘んだんだ。君に本物の花をあげたくなって。 枯れたら……また摘んでくる。何度でも、君の笑顔を見る為に」

そう言って、彼は、愛おしそうに微笑んだ。

○○「シュテルさん……」

(どうしよう……溶けてしまいそう……)

彼の笑顔を見ていると、胸が幸せに満たされていく。

シュテル「大好きだよ……○○」

夜風がふんわりとカーテンを揺らす。

彼の瞳に映る私は、小さな花束を手に幸せそうに微笑んでいた…―。

<<月9話||月SS>>