月最終話 優しい悪魔

城に降り立つと、セフィルさんは私を抱いたまま寝室へと入っていく。

○○「セフィルさん?あの……」

柔らかな月の光に照らされた部屋はとても気持ちがよくて、

けれどもその中で、私は心を落ち着けられずにいた。

○○「……っ」

私を降ろすと、セフィルさんはゆっくりと私を抱きしめる。

驚いて思わず離れようとすると、セフィルさんは私の手をつかみ……

○○「ん……っ」

強引に唇を奪う…―。

驚いて身を引こうとするも、力強い腕に抗うことはできなかった。

(なにが……起こったの?)

目を閉じる暇も与えられなかった突然のキス……。

とても驚いたけれど……

急に胸が、激しく高鳴り始めた。

(ドキドキしすぎて、苦しい……)

ゆっくりと、私の唇に舌が割り入れられる。

息継ぎさえも許されないその口付けはそれでも優しくて、

私の心が、彼で満たされていくことを感じた。

(私、セフィルさんが)

(好き……)

セフィル「先ほど、私を好いていると言ってくださいましたね。 ……ご覧の通り。 あなたの前では、私は仮面をつけていられない。 そんな私でも……好いてくださいますか」

彼の熱を帯びた視線に捉えられ、私は頷くことしかできない。

すると、セフィルさんはかすかに笑って…―。

セフィル「では……お言葉に甘え」

そうささやいて、私の唇をもう一度塞いだ。

セフィル「どうやら素顔の私は、あなたの唇が他の男の名前を呼ぶことを許せない……」

○○「……っ」

(ウィーニーのこと……?)

瞬く私の瞳をそっと手で覆い隠す。

セフィル「素顔の私は、貴方の瞳が私以外の男を見つめることを許せない」

視界を奪われた私は、背中がやわらかな布に触れたことを感じた。

セフィル「素顔の私は…―」

目隠しをしたままに、セフィルさんは私の太ももに触れ、素肌をあらわにしようとする。

○○「セ、セフィルさん……っ!」

手でその指をおしとどめると、

セフィル「……自分でもわからないのです。 自分が自分でなくなっていくようで……。 あなたがウィーニーと楽しそうにしている姿が、私は耐えられなかった。 公務を放り出して、走り出してしまうほどに……。 素顔の私は、皆が慕う王子とはかけ離れているようです。 こんな風になるのは、あなたの前でだけだ……」

(素顔のセフィルさんに会えるのは、私だけ……?)

セフィル「○○……」

セフィルさんの指が、私の靴下を下ろしていく。

甘い言葉の余韻にひたっているうちに、私は素肌をあらわにされていった。

(恥ずかしい……っ)

脱がされていくブラウスから目をそらすと、耳をセフィルさんに甘く噛まれた。

○○「やっ……」

かすかに甘さを含んだ私の声に、セフィルさんが優しく微笑んだ。

セフィル「嫌、ですか? こんな私を、好いてくださると。 先ほどはそう仰ってくださいましたが」

○○「そ、そうですけど……!」

セフィル「良いのですよ。 いくら嫌と仰っても……。 もう、聞こえませんから」

○○「セフィルさ……」

その先の声はセフィルさんの唇に奪われて、

セフィルさんの指先が胸元を撫で降りていくことを感じる。

(本当に……さっきまでのセフィルさんと違う)

私を見つめる瞳は変わらず優しくて……

けれど私の肌を撫でる指は、私に抵抗を許さない。

(まるで、優しい悪魔みたい……)

頬に、首筋に、セフィルさんの口づけが落とされていく。

○○「……っ」

セフィル「○○……。 愛しています……」

そして、より深くへと触れていく彼の指の動きを感じながら……

私は、声にならない甘い吐息を、響かせていった…―。

<<月9話||