月最終話 脱がしたいと思うほどに

ファッションショー当日…-。

まばゆい照明が、煌びやかな衣装をまとうモデルさん達を照らし出している。

(もう少しで、スペルヴィアさんの出番……)

私はわくわくしながら、その時を待ちわびていた。

そして…-。

(あ……!)

スペルヴィアさんがランウェイに姿を見せた途端……

女性客達「スペルヴィア様―!!」

女性客達の黄色い歓声が会場に響く。

(すごい人気……)

堂々とランウェイを闊歩するスペルヴィアさんは、これまで登場したどのモデルさん達とも違う、特別な雰囲気を身にまとっている。

その圧倒的な存在感に、私は思わず息を呑んだ。

(スペルヴィアさん……すごいな)

(デザイナーもプロデューサーもやって、しかもモデルとしてもこんなに素敵で……)

鋭い眼差しを客席に向けるスペルヴィアさんは、見たことのないような凛々しい顔をしている。

そんな彼から、私は目を離せなくて…-。

(彼が輝いて見えるのは、照明のせいだけじゃなくて、きっと……)

どうしようもなく高鳴る胸を、手で押さえる。

〇〇「スペルヴィアさん……」

思わず声が漏れていたけれど……

私の声は、大勢の女性客達の歓声に掻き消されていた…-。

……

宿泊先の部屋の戻った私は、まだファッションショーの余韻に浸っていた。

スペルヴィアさんの凛々しい横顔が、頭から離れない。

(なんだか、遠い人みたいに思えたな……)

時計に目を移すと、自然とため息が漏れてしまう。

(打ち上げに誘われてるけど……私が行ってもいいのかな)

ランウェイを歩く彼の姿を思い出すと、どこか気が引けてしまう。

何度目かのため息を漏らしたその時、扉がノックされる音が聞こえた。

〇〇「……はい」

扉を開けると、そこにはいつも通りのスペルヴィアさんが立っていた。

スペルヴィア「お待たせ」

モデルとして彼を見た後だと、こうして立つ姿すら様になって見える。

スペルヴィア「何? どうしたの?」

思いがけず見つめていた私は、慌てて口を開く。

〇〇「いえ。あの、お疲れ様でした。すごく素敵なショーでした」

スペルヴィア「当たり前でしょ? プロデューサーはこのワタシよ?」

得意げに口の端を上げる彼は、私の知ってるスペルヴィアさんで……

〇〇「よかった……」

スペルヴィア「え?」

〇〇「いえ、なんでもないです」

私は慌てて首を振った。

スペルヴィア「おかしな子ね」

スペルヴィアさんの笑顔に、張りつめていたものが溶けていく。

スペルヴィア「ねえ、それより……アンタにプレゼントを持って来たわよ。 いいアイディアももらったし、アンタには助けられた。ありがと」

〇〇「アイディア……?」

―――――

スペルヴィア『ワタシが選ぶのが一番センス良くまとまるのは間違いないけど、それじゃ面白くないわよね。 決めた。 モデル本人にも、一着ずつ服を選ばせるわ!』

―――――

(あの時のことかな?)

スペルヴィア「アンタのおかげで、モデル達の個性も出たし、全体の印象も尖ったし、最高。褒めてあげる」

〇〇「いえ、私は何も。あれはスペルヴィアさんが…-」

スペルヴィア「いいからいいから」

スペルヴィアさんが楽しげな笑みを浮かべ、私の肩を抱く。

そのまま姿見の前まで連れていかれて…-。

〇〇「これ……!」

スペルヴィアさんが、ワンピースを私の体にあてがった。

スペルヴィア「ほら、やっぱりワタシの思った通り、よく似合う」

〇〇「すごく素敵ですけど……いいんですか?」

スペルヴィア「いいどころか、アンタのためにワタシが手を加えたのよ。もちろん受け取るでしょ?」

〇〇「でも、こんなに大人っぽい服…-」

スペルヴィア「……」

戸惑う私の耳元に、スペルヴィアさんが唇を寄せて…-。

スペルヴィア「まだそんなこと言ってんのかよ」

〇〇「……っ」

微かに笑う彼の低い声が耳元に響いて、言葉が喉につかえてしまう。

スペルヴィア「オレの隣に並ぶなら、このくらいの服、着こなしてもらわないと。 特別な女には、特別な服を…-」

鏡に映った彼の鋭い眼差しから、逃れられない。

その瞳はいつものスペルヴィアさんよりも、男らしくて…-。

スペルヴィア「そんなに驚いて……まさか男じゃないとでも思ってる?」

〇〇「そんなことは…-」

スペルヴィア「残念だけど、オレ、男だから。 この服を着たオマエのこと、脱がしたいと思うくらいには」

彼の囁きに、鼓動が激しく騒ぐ。

頬を真っ赤に染めた私の顔を見て、スペルヴィアさんは艶やかに微笑み…-。

スペルヴィア「今、着てみる?」

私の耳に、優しくキスを落とした。

〇〇「っ……」

彼は鏡の中の私を見つめ、ワンピースごと私を抱きしめる。

(さっきはあんなに遠くに感じてたのに……今はこんなにも近い……)

彼の甘い香りが、強張った私の心をすっかりほぐして……

胸元のリボンをほどく指を止めることもできないまま、私の肌は彼に暴かれていくのだった…-。

おわり。

<<月7話||