月最終話 藍紫色の祝い

??「恋を、してしまったのですね……桜花殿」

空気を凍りつかせるような怒りをまとって現れたのは、紫珠さんだった。

国王「し……紫珠! なぜここに……!?」

紫珠「恋をした感想はいかが? 身を引き裂かれるほどに苦しいでしょう……」

国王「紫珠……悪いのは私だ。どうか息子を助けてくれ」

国王様が、すがるような声を上げる。

紫珠さんは国王様をちらりと一瞥し、口元を歪ませる。

紫珠「……情けないこと」

一層青ざめて、生気を失わせていく桜花さんをかばうように、私は立ちはだかった。

○○「紫珠さん……お願いです。桜花さんの呪いを、解いてください! 私にできることなら、なんでもしますから……!」

必死に、彼女に訴えたその時…―。

紫珠「……」

(紫珠さん……?)

ほんの一瞬だけど、紫珠さんの瞳が切なげに揺れたように感じた。

紫珠「……ここは邪魔が多すぎて、静かに死ぬこともできないですね。ねえ、桜花殿?」

不意に黒い煙のようなものが現れ、紫珠さんと桜花さんを包み込んでゆく。

桜花「……!!」

煙が消えるとともに、ゆっくりと二人の姿も掻き消されていく。

○○「桜花さ…―」

慌てて桜花さんの手を取ろうとしたけれど、間に合わなかった。

紫珠「……神殿へ、いらっしゃい」

煙が完全に消える間際、私の耳にその声が滑り込んでくる。

はっとして周囲を見渡した時には、二人の姿はもうどこにもなかった…―。

……

呪術により連れ去られたどり着いたのは、紫珠の神殿の裏山だった。

桜花「なぜ……わざわざ、このような場所まで?」

苦しげにそう問うと、紫珠は独り言のようにつぶやいた。

紫珠「初めて会ったのは、ここでした」

夕陽が優しく木々を照らし、野花が可憐に咲いている。

その光景を静かに眺める紫珠に、桜花は優しく微笑んだ。

桜花「私は……紫珠殿に感謝しています」

紫珠「……何を」

桜花「紫珠殿のおかげで、本当の恋を知ったのですから」

紫珠の目が大きく見開かれた…―。

……

私は肩で息をしながら、その場に膝をついた。

(桜花さん…)

紫珠さんの神殿を目指して、走り続けた。

彼女の表情を、声を、思い出す。

(きっと……悪い人じゃない)

なぜだか私には、そう思えた。

(あの林を抜ければ、神殿が……)

その時…―。

桜花「○○さん……!」

○○「桜花さん!?」

桜花さんの声が聞こえて、私はハッと顔を上げた。

桜花さんを連れ去った黒い煙が再び視界を覆い、ゆっくりと晴れていく……

そこには、紫珠さんと桜花さんが立っていた。

桜花「○○さん……!」

桜花さんが、おぼつかない足取りで私の傍へ来てくれる。

○○「よかった……桜花さん、生きてる」

その温もりを確かめるように抱きしめてしまうと、桜花さんが優しく頭を撫でてくれた。

桜花「ええ。あなたに恋をしていますが、生きています」

私を抱きしめたまま、桜花さんはゆっくりと紫珠さんに向き直った。

闇が深くて、紫珠さんの表情はこちらからはわからない。

紫珠「……恋をすると、命がなくなる呪いをかけたのに。それでも、いいのですね」

桜花「○○さんへの想いを偽って長く生きるよりも、私は想いを咲かせて散りたいのです」

紫珠さんは続いて、問うような眼差しで、私を見つめる。

○○「桜花さんが死ぬことを考えると……悲しくて辛くて、心が張り裂けそうになります……。 ……でも、桜花さんに想ってもらえて幸せです。 桜花さんが一緒にいたいと望んでくれるなら、私も……傍にいたいです」

沈黙が風と共に、木々を、草花を揺らしていく。

幾ばくか時間が経過し、やがて紫珠さんが口を開いた。

紫珠「……さようですか」

微かに微笑んだかと思うと、呪文のようなものを唱え始める。

桜花「……!」

私を抱く桜花さんの力が強くなる。

(もしかして、呪いの呪文……!?)

次の瞬間…―。

桜花「……っ!」

私達は、穏やかな光に包まれていた。

(綺麗……)

やがて、光が消えると……

桜花「……!?」

○○「桜花さん……?」

青白かった桜花さんの顔に生気が戻り、荒い息もおさまっていた。

桜花「まさか、呪いが……解けた?」

紫珠「違います……呪いを、かけたのですよ」

紫珠さんはそう言うと、背を向けて立ち去ろうとする。

桜花「紫珠殿、お待ちください!」

桜花さんの呼び掛けには振り向かないまま、紫珠さんはつぶやく。

紫珠「この場所で、愛を誓ってくれて……嬉しかった」

(紫珠さん……?)

紫珠「今ここで誓った想いを、どちらかが裏切った時……二人に、死が訪れます」

紫珠さんは一度だけ振り返り、微笑んだ。

紫珠「せいぜい呪いを恐れながら……末永く生きるといいでしょう」

そう言うと、今度こそ紫珠さんの姿は見えなくなった。

桜花「……紫珠殿」

桜花さんは、もう姿の見えなくなった紫珠さんがいた方へと、深々と一礼した。

そして顔を上げると、私をまっすぐに見つめる。

その瞳には、強い意志が宿っていて…―。

桜花「……○○さん、私達、呪われてしまいましたね」

○○「桜花さん……」

桜花「あなたのおかげで、私は望んではいけないと思っていた幸せを手にすることができた。 私は誓います……変わらぬあなたへの愛を……永遠に」

私達は見つめ合い、微笑み合った。

こんな素敵な呪いなら、一生解けなくてもいい。

夜明けの空はとても美しく輝いている。

まるで、これからの私達の未来を暗示しているようだった…―。

おわり。

<<月9話||月SS>>