月最終話 こぼれ出す想い

夕陽が差し込む海の中…―。

〇〇「止まってください!」

自分でも驚くほどに、きっぱりと告げた。

送りの使者「〇〇様……どうなさいました?」

私を抱いて泳いでくれていた使者さんが、泳ぐ足を止めてくれた。

(たくさん、好きだって言ってくれた)

(オリオンさんは強引だけど、いつだって真っ直ぐだった)

(私は、彼に何も返事をしてない)

〇〇「私、戻らなきゃ……オリオンさんのところに、戻らなきゃいけないんです。 ごめんなさい」

ぺこりと頭を下げると、使者の方は優しい微笑みを浮かべる。

送りの使者「では……戻りましょう。オリオン様が待っていらっしゃいます」

〇〇「はい……!」

(ちゃんと、返事をしよう)

(お礼も、お詫びも)

――――――――――

オリオン「俺は、後悔などしたくない」

――――――――――

(私も後悔は、したくない)

送りの使者「〇〇様、海底国に到着いたしました」

その声にはっと顔を上げる。

オリオン「〇〇……どうして……」

蒼白な顔をわずかに紅潮させ、オリオンさんが私を見つめている。

〇〇「私……」

(何を、言おうとしたんだっけ)

(伝えたいのに……)

感情が波のように押し寄せるけれど、私はそれを言葉にすることができない。

オリオン「俺から逃げたいんじゃなかったのか? 同情で看病していたんじゃないのか?」

その言葉に、胸の奥がひどく痛む。

その痛みは「違う」とはっきりと告げていて、

私は首を横に振った。

オリオン「じゃあ、どうして……」

〇〇「私……」

オリオンさんを見つめる。

(胸が痛かったのは、同情なんかじゃない)

(どうしていいかわからなかったんだ)

(大切な人を私のせいで傷つけてしまったから……)

まだ言葉にならないその気持ちは、きっと私の瞳に現れていて……

オリオン「……二度は、離さない。 好きだ……〇〇」

気がついた時には、私はオリオンさんの腕の中に抱きしめられていて……

安心したように息を一つ吐くと、オリオンさんはその場に倒れ込んでしまった。

〇〇「オリオンさん……!!」

……

その夜…―。

ベッドの上のオリオンさんは、照れ隠しなのか仏頂面で……

(看病できるのは、嬉しいんだけど)

オリオン「早くしろ」

(食事を食べさせるなんて、恥ずかしい)

美しく彩られた夕食のトレイを手に、私は恥じらいに目を瞬かせた。

〇〇「どうぞ……」

涼しげに盛りつけられた、クリーム色のお粥のようなものをスプーンですくい、差し出す。

オリオンさんは少し頬を赤らめながら、それを口にした。

オリオン「美味い」

(なんだか、可愛いかも)

オリオン「……何を笑っている」

〇〇「あ、いえ……!」

慌てる私を見て、オリオンさんがいつものように笑みをこぼす。

オリオン「もっとだ」

〇〇「は、はい」

急いでもう一さじすくうと、スプーンからこぼれてしまった。

私の人差し指にこぼれ落ちたその一さじを見やると、

〇〇「あ……っ」

オリオンさんは私の手を引き寄せ、その指を口に含んだ……

ゆっくりと舌を這わせ、それを舐めとっていく。

〇〇「……っ」

その感触に、思わず目をつむる。

オリオン「……顔が赤いな」

目を開けると、少し意地悪な笑みを浮かべたオリオンさんが、私を見つめていた。

(恥ずかしい……っ)

恥じらいからまつ毛を伏せると、オリオンさんは私の膝からお皿をどける。

オリオン「熱があるんじゃないか? 確かめてやろう」

そう言って、オリオンさんは私をベッドの上に抱き上げる。

〇〇「ね、熱なんかないですよ」

オリオンさんの上に馬乗りにさせられた私は、ますます頬が染まっていくことを感じた。

オリオン「大人しくしてろ」

楽しそうに笑いながら、オリオンさんは私の服のリボンに手をかけようとする。

〇〇「や……っ!オリオンさん! 具合が悪いのは、オリオンさんなのに……!」

その手を押しとどめると……

オリオン「逆らうのは逆効果だと、言ったはずだが。 俺の体調が心配なら……。 せいぜい、早く終わるよう大人しくしてろ」

(そんな……っ)

オリオンさんの言葉に、私は逆らうことができなくなってしまう。

オリオン「〇〇……愛してる」

私の服をそっと脱がしながら、オリオンさんは私の耳元に囁きかけた。

オリオン「愛してる」

まっすぐに胸に届く甘い響きに……

私の体から、力が抜けていく。

(私も……)

〇〇「んっ……」

その言葉を伝えようとした私の唇が、オリオンさんに奪われて…―。

背中が、ベッドに押し当てられた。

オリオン「二度と離さない」

〇〇「オリオンさ…―」

オリオンさんの舌が私の唇を割り、息継ぎもできないほどの口づけが繰り返される。

〇〇「オリオンさん……っ」

オリオン「……何だ」

あらわになった私の肌を指で撫でながら、オリオンさんが微笑む。

〇〇「私も……好きです」

そう言うと、彼は満足そうに笑って私の胸元に顔を寄せた。

〇〇「あ……」

長い髪がさらりと私の素肌に落ち、そのくすぐったい感覚に彼の肩をぎゅっと掴んでしまう。

オリオン「もう一度、言え」

〇〇「好き……です……」

深い、深い海の底で……

やっと私の心からこぼれ出た言葉。

その言葉と一緒に、私は全身に感じる甘い痺れに溺れていった…―。

<<月9話||月SS>>