月8話 偽りの笑顔

――――――――――

医師「オリオン様は、ご自分の首を掻き切られ、血をあなたに与えたのです……」

――――――――――

その一週間後…―。

きらきらと水が輝き、歌うような波の音が耳を撫でる朝…―。

〇〇「おはようございます、オリオンさん」

私は、3日前に目覚めたオリオンさんから、片時も離れることなく看病をしていた。

――――――――――

〇〇「どういう、ことですか……?」

傷を負ったオリオンさんを愕然と見つめながら、お医者様と思われる男性に尋ねた。

オリオン「ただし、地上に戻る力を得るには……より濃密な海底人とのつながりが求められる。 子を成すことだ」

〇〇「シャボンの外に出るためには、海底人との子どもを産む必要があると、聞きました」

医師「……もう一つだけ、方法があるのです。 海底人の血を大量に浴びれば、力を得ることができます」

〇〇「えっ……!」

(じゃあ、オリオンさんは私のために、自分を傷つけて!?)

(オリオンさんの血で、私は助かったんだ……)

――――――――――

〇〇「今日は、とっても水がきらきらしてますよ。きっと地上は晴れなんですね」

私はオリオンさんに明るく笑いかける。

オリオン「ああ……」

〇〇「どうしたんですか?元気がないみたい……」

片時も離れない私に、初めは嬉しそうに笑ってくれていたオリオンさんだったけど、近頃は、その表情にどこかかげりがあった。

(どうしたんだろう)

不思議に思いながらも、私は日課となったオリオンさんのお世話をし続けた。

胸の奥を刺す、小さな痛みを隠して…―。

……

午後…―。

〇〇「今日はお魚がすごく多いですね」

柔らかな地面に座り、色とりどりの美しい魚の行列に目を細めていると、

オリオン「……お前さ」

弱々しい声で、オリオンさんがぽつりとつぶやいた。

オリオン「もう、力は持ってるんだ。 わかってるのか?もう、帰れるんだよ」

〇〇「……はい」

オリオン「なら、帰れ……同情で傍にいられても、惨めなだけだ」

(同情……?)

オリオン「前までのお前は俺の思い通りにはならなかったが。 少なくとも、そんな顔はしてなかっただろ」

〇〇「え……?」

オリオン「……そんなに悲しそうに笑わないでくれ。 お前は、きっと、俺が血をお前にやったことを気にしてるんだろ? これは、俺が好きでやったことだ……お前が気に病むことじゃない。 だから……いいんだよ。 好いた女のそんな顔を見るのは、胸が痛む」

(悲しそうに、見えた……?)

(私、そんなつもりは)

(じゃあ、どんなつもりで看病してたんだろう……?)

(元気になってほしくて看病していたのは本当だけど)

(罪滅ぼしじゃなかったって……言えるのかな)

オリオン「帰れ……俺の気が変わる前に」

オリオンさんの言葉を、私は否定することができない。

胸の奥を刺す痛みは、どんどんと強さを増していくようだった…―。

<<月7話||月9話>>