月SS 後悔の雫

今日も海底の波は穏やかにたゆたって、その孤独な静けさに、俺は半ばうんざりしている。

苛立ちを押さえようと、少し怯えた様子の○○の唇を指先で撫でた。

オリオン「なんなら……今すぐに俺のことしか、考えられないようにしてやろうか?」

口にしたその言葉は心からの願いで、切なる気持ちで口づけようとする。

けれど……

○○「やめて下さい!」

彼女は俺を拒み、走り去ってしまった。

オリオン「……強情な奴だ」

遠ざかる後ろ姿を見つめ、ため息を吐く。

(逃げても無駄だと言うのに)

(嫌……か)

彼女に振り払われた右手を見つめると、滅多に痛むことのないこの胸が、ズキリと痛んだ。

(涙まで浮かべて)

束の間、後悔が胸をかすめる。

(……馬鹿な)

けれど俺はその考えを振り払うことにした。

(欲しいものを手に入れようとすることの、何が悪い)

(○○だってすぐにわかる筈だ……俺の傍にいることが、自分の幸せだと)

そんなことを思いながら、遠くに小さく見える彼女の後ろ姿を追う。

その時…―。

(何を……!?)

しゃがみ込んでいた彼女が突然に立ち上がり……シャボンの壁へと駆けていく。

オリオン「○○!!」

声の限りに叫んだけれど、彼女の細い身体はシャボンの外へと飛び出していき……

オリオン「……!」

外海に飛び出すと、彼女はすぐに意識を失い潮にのまれてしまう。

遠くへ流されていく彼女を全速力で追いかけ、シャボンの中へと引き戻した。

オリオン「おい、○○!!」

地面に彼女を横たえ、蒼白な頬を叩く。

執事「オリオン様、何事ですか!?」

やってきた執事を無視して、俺は彼女に口づけ、息を与えた。

オリオン「医師を呼べ!」

事態を察した執事が、途端に落ち着きを失う。

執事「無駄です! 力を持たぬ地上人がシャボンの外に出ると、水圧に耐えきれず内臓が破壊され…―」

オリオン「わかってる! それでも医師を!」

叫ぶようにそう命じると、執事は医師を呼びに城の中へと駆け戻った。

オリオン「起きろ……おい、何とか言ったらどうなんだ!」

繰り返す口づけも、彼女に力を与えてはくれないようだ。

俺の腕の中で彼女の身体が冷たくなっていく。

オリオン「俺が嫌なんだろ? 逃げろよ……!」

(何故こんなことを……!)

(事故か? それとも……そこまで俺が嫌だったのか?)

(……もう、傍にいろなんて言わない)

(憎まれ口を叩いてもいいから)

オリオン「目を開けろ、○○……!」

強く抱きしめたその時……彼女の手に何かが握られていることに気付いた。

恐る恐る手を開くと、そこには俺が贈った貝殻のネックレスが光っている。

(これは……)

ネックレスは、俺に彼女との時間を鮮明に思い出させた。

嬉しそうに笑う顔。困ったように微笑む口元。そして先ほどの潤んだ瞳…―。

オリオン「○○……!」

胸が締め付けられて、俺はほとんど叫び出しそうになる。

千々に乱れる思考を必死にかき集めた。

(……そうだ。地上人が海底で生きる力を得る方法は二つ)

(海底人との間に子を成すか……致死量に近い量の海底人の血を浴びること……)

思い至ってからは、一瞬の迷いもなかった。

傍に落ちていた巻貝を地面に叩き付け、割れて鋭く尖った面を首筋に当て…―。

オリオン「……っ!」

痛みなど欠片も感じなかった。

ただ、首を深く切り裂く鋭い感触が思考を落ち着けていく。

オリオン「行くな、○○」

氷のように冷たい彼女の身体を強く抱きしめる。

急な出血に遠のきそうになる意識を必死に留めた。

(俺、死ぬかな……まあ、助かったとしても、お前に会うことはもうないだろう)

(力を得たら、嫌いな俺の傍にいる必要もないんだ)

(まあ、いい。自由にしてやるよ)

(……馬鹿な奴。大人しく俺を選べばよかったのに)

(そうすれば、何よりも大切にしたのに……)

自分から体温が失われていくにつれ、彼女が体温を取り戻していくのを感じる。

そろそろ視界もぼやけ、指先にも感覚がなくなってきた頃…―。

○○「ん……」

腕の中で、彼女が微かに身じろぎをした。

(……よかった)

俺はきっと笑っているのだろう。

それなのに、彼女の額に、雫が一粒落ちる。

(さよならだ、○○)

(笑わせてやれなくて……ごめんな)

いつもは耳に障る水音が、今は優しく感じられる。

きっともう二度と触れることも叶わぬ愛おしい女を、俺はまぶたの下に閉じ込めた…―。

<<月最終話