月SS いつかキミに……

廊下の窓から、月明かりが差している…-。

(ああ~、もう……姉さん達は……)

〇〇さんと楽しく街を歩いていたら、姉さん達にばったり遭遇してしまった。

(姉さん達のせいで、桃を渡す前に〇〇さんにバレちゃいそうだった……)

ボクには、〇〇さんが来る前から、密かに計画していたことがあった。

(父さんと母さんの恋を結んだ、特別な桃……あれを〇〇さんにあげたい)

ボクは勇気を出して、〇〇さんに一緒に百福の桃を採りに行こうと誘った…-。

生い茂る木々をくぐり抜けながら、ボクは〇〇さんと森の奥へ進み……

目的の大きな桃の木の前に辿り着く。

〇〇「すごい……」

〇〇さんが、小さくため息を吐いた。

(よしっ!今こそボクが、かわいいから格好いいに変われる瞬間だ)

カイネ「ボク、ここには小さな頃に連れてきてもらったんだけど、その時は登れなくて……。 でも、今なら登れそうな気がするんだ。ちょっと待ってて」

太い幹に手を伸ばして、足をかける。

〇〇「カイネ君、気をつけて」

〇〇さんが、心配そうに声をかけてくれる。

(毎日のトレーニングの成果を、ここで発揮するんだ……!)

そう気合を入れて、順調に登っていったけれど……

カイネ「……わわっ!?」

足を滑らせた次の瞬間、ボクは地面に落ちてしまう。

〇〇「カイネ君……!」

カイネ「いてて……」

駆け寄ってきた〇〇さんに心配そうに覗き込まれて、ボクは苦笑する。

(格好悪いところ見られちゃったな……)

カイネ「ごめん、失敗しちゃった」

〇〇「大丈夫?はしごとか持ってきた方が…-」

カイネ「駄目!」

(ボクは、キミに一人の男として見てもらいたいんだ。だから……)

(この桃は、自分の力で採りたい)

カイネ「ボク、どうしても挑戦したいんだ。心配かけちゃってごめん、でも…-。 ボクを信じて」

まっすぐに見つめてそう言うと、〇〇さんが表情を曇らせる。

カイネ「〇〇さん?」

〇〇「あ、ううん……なんでもない。頑張ってね」

カイネ「ありがとう! よ~し……!」

(綺麗で大きな桃を、キミに絶対渡すから!)

気合を入れ直して、再び桃の木に手を伸ばす。

(……あの桃が、一番大きくて綺麗だ)

一番高いところになっている桃をめがけ、ボクは腕の力を使って上へ登っていく。

そして……

(よしっ……!)

ボクはついに、目的の桃を手に入れた。

カイネ「採れた……!」

逸る気持ちを抑えながら下に降りて……

ボクは〇〇さんに桃を差し出す。

カイネ「これ……受け取ってくれませんか」

〇〇さんは、驚いたように目を見開く。

その頬をほんのり赤く染めた後……

〇〇「はい」

手のひらにのせた桃を見つめ、〇〇さんが目を瞬かせる。

〇〇「百福の桃って、すごく大きな桃なんだね」

感動したようにそう言われて、頬が緩む。

カイネ「父さんが、昔教えてくれたんだ。桃花祭の日に母さんにあげた、一番綺麗で大きな桃があった場所を。 この場所で桃を採って……それを渡して告白したんだって。 これは、父さんと母さんの恋を結んだ特別な桃なんだ」

〇〇「特別な、桃……」

カイネ「そうだよ。だからこの桃をキミに贈りたかったんだ」

気持ちを落ち着かせたくて、一度深く息を吐く。

(……緊張する。でも、ここでちゃんと……言うんだ)

ボクは覚悟を決めて、〇〇さんを見つめた。

カイネ「父さんみたいにプロポーズは、まだ早いかもしれないけど……。 〇〇さんに毎年、この桃を贈りたい。 ボク、絶対すぐ大きくなるから……だから、待っててほしいんだ」

〇〇さんは、桃を両手で包み込んでいる。

〇〇「……うん」

照れたように微笑む〇〇さんがかわいくて、胸が大きな音を立てる。

(やった……!)

〇〇さんとの関係が一歩進んだような気がして……

(ボクもキミにいつか、プロポーズを……)

未来へ想いを馳せる。

大きな桃の木が、まるでボク達を祝福するように風に揺れていた…-。

おわり。

<<月最終話