月最終話 かわいい狐の願い事

暗闇に灯った照明が、室内をおぼろげに照らしている…―。

フォーマ「……」

フォーマは夕食後からずっと借りた書物を読みふけり、この国の植物について調べていた。

けれど彼は時折確認するように、頭に生えた耳を手で触っている。

○○「ごめんね。私のせいで……」

フォーマ「ん?」

顔を上げたフォーマと視線が絡み合った。

○○「フォーマのために何かできないかなと思ったんだけど……まさか、こんなことになるなんて」

フォーマ「ああ。この耳と尻尾のことか」

彼は穏やかな微笑みを浮かべて立ち上がり、私との距離を縮める。

フォーマ「謝る必要はないよ。むしろ、気を使わせてしまって申し訳ないな」

すっと伸びた彼の手のひらが、私の頭を撫でた。

フォーマ「今日一日付き合ってくれて嬉しかった。 それに今だって、調べ物を手伝ってくれてるだろう? 僕のやりたいことは、君のおかげで全部叶ったよ」

綺麗な黄色の瞳が、眼鏡の奥で穏やかな輝きを放っている。

フォーマ「だから今度は君の番だ。何かしたいことはないか?」

○○「私……?」

したいことと問われてすぐ、私はゆらゆらと揺れる尻尾を見た。

(こんなことをお願いしても……いいのかな)

押さえていた尻尾を触りたいという欲が、再び大きくなる。

すると……

フォーマ「そんなに気になる?」

○○「えっ?」

顔を上げると、フォーマは悪戯っぽい笑みを浮かべていた。

(見てたの、気づいてたんだ……)

急に恥ずかしくなり、同時に頬の熱も高まってくる。

○○「うん。実はずっと、触ってみたくて……」

フォーマ「そんなにか」

フォーマの笑みが深くなり、ふわりと揺れる尻尾が誘うように私の手を撫でた。

フォーマ「ほら……どうぞ」

微笑む彼の眼差しがなんだか妖艶に見えて、ドキッとしてしまう。

フォーマ「触らないのか?」

わざと私の目の前で尻尾を揺らすフォーマに誘われるように、私は見るからにふさふさな尻尾へと手を伸ばした。

○○「わぁ……」

ふわふわとした毛並みが気持ちよくて、思わず感嘆の声を上げてしまう。

(……ずっと触っていたいかも)

フォーマ「っ……思ったよりくすぐったいな」

ぴくりと体を震わせるフォーマは、それまでの妖艶な笑みとは一変、照れくさそうな表情を浮かべた。

○○「ふふ、かわいいね」

(フォーマって、こんな顔するんだな)

今まで見たことのない彼の姿に、自然と笑みがこぼれ……

フォーマ「……」

フォーマは、私を見つめたまま黙り込んでしまった。

○○「ごめんね。嫌だった?」

彼の尻尾から慌てて手を離す。

けれど……

フォーマ「……いや、僕から見れば君の方がずっとかわいいなって」

○○「えっ……?」

ゆらりと尻尾が揺れたと思った、次の瞬間……

彼のしなやかな腕が、私の腰を引き寄せた。

フォーマ「少し、油断しすぎじゃないかな」

○○「……!」

胸に飛び込むような形で抱き寄せられて、鼓動が見る間に加速していく。

フォーマ「……僕だって、男なんだ」

○○「フォーマ……?」

(なんだか、いつものフォーマと違うみたい)

腕の中に捕らえられた私が、じっと彼を見上げることしかできずにいると……

フォーマ「知ってた? 狐は雑食だけど、肉食性がとても強いって」

彼の尻尾が弄ぶかのように、私の体にまとわりつく。

○○「……っ」

くすぐったさに思わず身を震わせると、気のせいか、彼の黄色い瞳が少しだけ楽しげに揺らめいた。

フォーマ「そんな獣をかわいいなんて言って油断してたら、食べられても文句は言えないんじゃないかな」

そう言うなりフォーマは、私の首筋に唇を落とした。

○○「フォーマ……!?」

その口づけは、いつもの優しい彼からは考えられないほど強く……

首筋から唇が離れた瞬間、熱い彼の吐息が耳をくすぐった。

フォーマ「あの実を食べたせいかな……君に、触れたくて仕方がない。 なんだか君を食べてしまいたい気分だ。 君を食べても……いい?」

静かに頷くと、瞬きをする間もなく彼の熱い唇が私の唇を奪う。

甘い口づけに翻弄されながら、私は押し倒されるように畳に体を預けるのだった…―。

<<月7話||月SS>>