月SS 不思議な実が暴く想い

ぼんやりと燈る灯は時折、妖しささえ感じさせる。

そんな中、突然生えてしまった尻尾に熱い視線を感じた僕は…―。

フォーマ「そんなに気になる?」

○○「えっ?」

薄明りでもわかるほど、彼女の頬が赤く染まっていく。

(かわいいな、君は)

(さすがにあんなふうに見られたら、誰だって気づくよ)

○○「うん。実はずっと、触ってみたくて……」

フォーマ「そんなにか」

僕は尻尾で、優しく彼女の手を撫でる。

フォーマ「ほら……どうぞ」

(好きなだけ触るといい)

(僕も……君に触られるのは嫌いじゃない)

(むしろ、嬉しい)

触らせてあげたい気持ちと、触ってほしい気持ち……

それらを抱きながら、彼女の目の前で尻尾を揺らす。

すると○○は、ゆっくりと僕の尻尾に手を伸ばした。

○○「わぁ……」

僕の尻尾を撫でる彼女が、嬉しそうな笑みを浮かべる。

だがこちらは、触られる度にくすぐったさを感じて……

フォーマ「っ……思ったよりくすぐったいな」

(それに、なんだか……)

彼女の甘い香りやその手の感触が、なぜかいつも以上に僕の心を強く煽る。

それは純粋な愛とは違う、欲望をはらんだ感情で……

(……僕も君に触れたい)

(このままおとなしくしていろなんて、ちょっとした拷問だ……)

○○「ふふ、かわいいね」

○○は笑みを深め、僕の尻尾を触り続ける。

(かわいい?)

フォーマ「……」

(こっちの気も知らないで……)

こらえなければと押さえつけていた感情が溢れ、体を熱くしていく。

気づけば僕は、獲物を狙う獣のように彼女をじっと見つめていた。

○○「ごめんね。嫌だった?」

僕の視線の意味を勘違いしたのか、彼女が慌てたように尻尾から手を離す。

だが……

(逃がさない)

フォーマ「……いや、僕から見れば君の方がずっとかわいいなって」

(だから、このまま逃がしたくない)

欲望のままに○○の腰を強く引き寄せ、至近距離から見下ろす。

フォーマ「少し、油断しすぎじゃないかな」

○○「……!」

フォーマ「……僕だって、男なんだ」

(君に触れたくて……触れたら、もっとほしいと思う)

(そんな感情を抱く生き物なんだ)

○○「フォーマ……?」

僕を見上げる○○の瞳が、戸惑うように揺れる。

それすらも、僕の心を強く煽って……

(これは、嗜虐心……なんだろうか)

(かわいい、愛しいと思えば思うほど、めちゃくちゃにしてしまいたくなる)

フォーマ「知ってた? 狐は雑食だけど、肉食性がとても強いって」

○○の好きな尻尾で、ゆっくりと肌をなぞると……

○○「……っ」

今度は彼女が体を震わせ、その姿を見た僕は嬉しさを感じてしまう。

フォーマ「そんな獣をかわいいなんて言って油断してたら、食べられても文句は言えないんじゃないかな」

僕は彼女の首筋へ唇を寄せ、吸いつくように口づける。

○○「フォーマ……!?」

フォーマ「あの実を食べたせいかな……君に、触れたくて仕方がない。 なんだか君を食べてしまいたい気分だ」

(この熱に任せてこのまま君を思うままに……)

フォーマ「君を食べても……いい?」

そう尋ねると、○○が静かに頷く。

それが僕に残ったなけなしの理性を消し去り……

(君のすべてが欲しい)

奪うように口づけ、その甘さを味わう。

そして口づけの合間に、力が抜けた彼女の体を畳へと押しつけた。

(まるで獣だな)

(本当に君を食らいつくしてしまいそうだ……)

○○「フォーマ……」

熱に浮かされたようなその声に応えることなく、彼女の帯を解いていく。

(こんなに大胆になれたのは、あの実のおかげかもしれないけど……)

(ずっと心の奥で、君をこうしたいと思っていた)

○○の帯を解いた僕は、彼女をきつく抱きしめる。

すると、背中に腕が回され……

フォーマ「君を……愛してる」

熱い吐息と共にこぼれた想いは、雨が降りしきる伊呂具の夜に溶けていったのだった…―。

おわり。

<<月最終話