月最終話 呪いも跳ね返す奔放さ

深い森の奥で姿を現したボルケウスをハルが追い詰めた時…―。

ボルケウスは、硬い鱗に覆われた尾をハルへ振り下した。

○○「ハル――!!」

ハルディーン「……っ!!」

凄まじい衝撃を食らって、ハルの体が吹き飛ぶ。

しかしハルはとっさの判断で一本の剣を地面に突き刺して――

ハルディーン「まだまだっ!」

突き刺した剣の柄を軸に一回転して、遠心力を利用し飛び上がる。

そして、もう一本の剣をボルケウスめがけて振り下ろした。

ハルディーン「当たれえぇぇっ!!」

黒き刃の輝きが、ボルケウスを襲う。

その途端、先ほど強烈な一撃をハルに打ち込んだ尾が切り離された。

○○「!!」

ボルケウスは鼓膜が破けそうになるような絶叫をあげて、森の奥に逃げていった…―。

○○「ハル……っ、大丈夫!?」

重たい身体でなんとか立ち上がって、ハルに歩み寄ろうとする。

ハルディーン「おい、無理するな!」

○○「あっ」

強い眩暈を感じて、足がもつれる。

しかし私の体は次の瞬間、ハルの逞しい腕に支えられていた。

○○「ハル……ありがとう……」

ハルの腕の中で顔を上げれば、少し怖い顔をしたハルと目があった。

ハルディーン「ほんと無茶しやがって……」

○○「ごめんね……でもどうしてもハルが心配で」

ハルディーン「……っ」

唇を震わせながら、ハルが目を細める。

弱々しいけれど、それは心から安堵しきったハルの笑顔だった。

ハルディーン「そうだ、早くこいつを飲ませないと……!!」

ハルは私を大木の根元に座らせると、地面でまだ痙攣していたボルケウスの尾に曲刀を突きつけた。

傷口からこぼれる青い体液を掌にすくい、私の元へ戻ってくる。

ハルディーン「飲めるか?」

ハルが私の上体を起こして、口元に掌を近づける。

○○「……っ」

まだその場で斬り落された尾が生々しく動いている。

気持ち悪さにどうしてもえづいてしまう。

私の様子を見たハルは、掌の青い体液を口に含んで…―。

 

○○「……っ」

ハルディーン「ん……」

ハルの唇が私の唇を覆った。

とろりとした液体が、彼の唇から私の口の中に運ばれる。

強引な口づけだったけど、私ののどは液体を飲み込んで、こくりと鳴った。

ハルディーン「……つらいと思うけど、もう少し飲んでくれ、頼む……」

○○「ん……」

再び、唇が厚く重ねられる。

もう一口、飲み込むとハルの唇が離れていく。

ハルディーン「本当にごめんな。オマエ、ずっとオレのこと心配してくれてたのに。 オレ、呪いなんてあるワケないって思ってて」

○○「ううん、もう大丈夫だから……そんな顔しないで、ハル。 ハルには、いつも笑っていてほしいから……」

ハルディーン「……」

つらそうな顔をして私を見下ろすハルの頬に掌を添える。

○○「たとえ呪いだったとしても、こうして無事だったんだし……ね?」

しばらく淡い紫色の瞳を見つめていると……

ようやく少しずつ彼の顔に笑みが戻った。

ハルディーン「……そうだな、シュガー」

○○「でも……心配で身が持たないから、あんまり無茶なことはしないでね?」

ハルディーン「ああ、必ず約束する!!」

控えめに微笑んで、私達はもう一度キスをするのだった…―。


……

しばらくそのまま休んでいると、薬が効いてきたのか体が楽になった。

(万病に効くって本当だったんだ……すごい効目)

ハルは、私の隣で刃こぼれしてしまった曲刀を見つめている。

○○「その剣、どうするの?」

ハルディーン「ん―……ボロボロになっちまったしな。 また誰か巻き込んでもいけないし……オレの国に持ち帰ることにするよ」

○○「持ち帰るって、だ、大丈夫なの?」

あっけらかんと笑って、彼は手の中で妖刀を回す。

ハルディーン「こいつだって血じゃなくて紅茶でも飲ませてやれば、落ち着くかもしれないしな。 何せうちの国の紅茶は絶品だ」

冗談めいた口調で言って、ハルが笑う。

(ハルが言うと、本当にそんな気がしてくる……)

私は剣を持つハルの手に自分の手を重ねて、ゆっくりと頷いた。

まだ少し心配ではあったけれど、呪いをも跳ね返す奔放さが、ハルらしい強さなのだと、私はそんなことを思ったのだった…―。

おわり。

<<月7話||