月SS 切なる願い

真夜中に部屋にやってきた○○は、俺に臆することなく言い放った…―。

○○「こんなに、お互いがお互いのことを思い遣っているのに…―」

ポルックス「……っ」

○○の言葉が、俺の脳みそを大きく揺らす。

耳障りな音が、頭の中で響いている気がする。

ポルックス「やめろ……それ以上、言うな」

(それ以上、言ったら……)

○○「え……っ?」

俺の視界の端に映り込む○○の顔が、歪んで見える。

それを振り切るようにして、俺は叫んだ。

ポルックス「わかってるんだ……!」

○○「ポルックスさん?」

○○が俺の名前を呼んだ、その時…―。

○○「……」

(……っ!)

俺の頬に、彼女の指がそっと添えられた。

(あ……)

その指先が濡れているのを見て、初めて自分が泣いていることに気づく。

ポルックス「……○○……」

(触れられた頬が熱い)

(なのに、なんでこんなに優しいんだ)

ポルックス「誰かに……こんなふうに触られたのは……初めてだ」

○○「……どうして泣いているんですか?」

涙が、気持ちと一緒にとめどなく溢れ出していく。

ポルックス「……わからない。本当は怖かったのかもしれない」

○○「怖い……?」

(ああ、そうか……)

○○の言葉で、自分の気持ちが理解できた。

ポルックス「俺はいつかは用済みになる宿命だ……アイツが成長して強くなれば……。 きっと俺は、カストルに吸収され消えてしまう……本当はそれがずっと怖かった」

恐怖が滲み出しているのか、俺の声は震えていた。

(こんな感情、自分でも気づかなかった……)

ポルックス「……お前が来てから、アイツの心も少しずつ変わってきている。 さっきだって、俺を止めようとしやがった」

(アイツが、こんなに強くなるなんて……)

(そうしたら、俺は……俺の存在は必要なくなってしまう)

○○「ポルックスさん……」

○○の瞳が切なげに揺れる。

その視線から逃れるように、俺は顔を伏せた。

ポルックス「俺はもうすぐ消えてしまうんだ……。 お前を遠ざけようとしたのも……カストルのためのフリして、本当は消えることが怖かったんだ」

○○「……っ」

顔を伏せた俺の前で、○○が動いた気配がしたかと思うと…―。

俺は、○○に抱きしめられていた。

ポルックス「○○……?」

○○「私は……カストル王子もあなたも両方いて、一人なんだと思います。 あなたは存在する。そしてカストルさんもあなたを必要としている」

(っ……!)

思わず顔を上げると、俺のすぐ前に○○の微笑む顔があった。

○○「だから、あなたが消えることはないと思います」

ポルックス「俺は……存在してもいいのか?」

(お前は、認めてくれるのか?)

(俺の存在を…―)

○○「はい、当たり前です。だから……怖がらないでください」

俺の瞳から、また一筋涙が流れる。

涙腺が壊れてしまったのかもしれないと思うほどの、大きな雫が頬を伝った。

ポルックス「ありがとう……」

今までにない優しさをはらんだ俺の声が、部屋に響く。

○○が不思議そうにまつ毛を震わせている姿を見ると、自分でも驚くほど、俺は柔らかな笑みをこぼしていた。

(○○……)

彼女の瞳に、俺だけが映っている。

月明かりに照らされた部屋の中で、俺はずっとこのまま時が止まればいいのにと願った…―。

<<月最終話