月6話 崖下で……

いきなり姿を消してしまったカノトさんを探しに来た森で、私は足を滑らせてしまった…-。

〇〇「痛っ……」

痛む腰を撫でながら上を見上げると、さっきまで自分がいた場所が見える。

(崖下に落ちたんだ……)

どうにかして上に戻れないかと、足をかけてみるけれど、ぬるりと滑ってまた転んでしまう。

(どうしよう……)

途方に暮れて、急激に寂しさに襲われる。

(カノトさん、大丈夫かな……)

―――――

カノト『〇〇と出会えて嬉しい』

カノト『きっと〇〇がいれば、来年、僕にしかできない祭り、できそう』

―――――

(会いたい……顔を見て安心したい)

心細さと心配とで、胸がつぶれてしまいそうになる。

それに…-。

〇〇「寒い……」

夜になって冷たさを増す森の空気が、心細さをあおるように私を包んだ。

(このままじゃ、凍えてしまう……)

膝を抱えて座り込んで震えていた、その時…-。

カノト「〇〇っ」

〇〇「えっ!」

顔を上げると、崖下へとカノトさんが降りて来るのが見えた。

〇〇「カノトさん……!」

すぐ私の前に膝をつくと、すっかり冷え切った体を温めるように抱きしめてくれる。

カノト「ごめん……」

小さな声で謝ってくれたけど、カノトさんの表情はどこかむっとしているようで……

〇〇「カノトさん……?」

カノト「……」

(どうしたの……?)

会えて嬉しいのに、彼の難しい表情が私の心をざわめかせた…-。

<<太陽SS||月7話>>