月最終話 新年の宴

ようやくチームがまとまり、今日はいよいよ祭りの日本番……

そして、今日は一年最後の日…―。

カノエ「はっ……!それそれそれそれっ!!」

激しい太鼓の音に合わせて、カノエさん達のチームは圧倒されるくらいの見事な演舞を披露していく。

観光客も国の人も、誰もが皆、その芸術作品のような統一された動きに歓声をあげた。

(すごい……時間がなかったのに、ここまで合わせられるなんて)

それだけ気持ちが一つにまとまっているのだと思うと、感動して胸が熱くなっていく。

カノエ「はーーっ、はっ!」

まるで時間が止まったかのようにぴたりと制止してポーズを決め、演舞は終わった。

観客1「素晴らしい!」

観客2「最高だ!」

観客達が立ち上がり、盛大な拍手が湧き起こる。

私も立ち上がって、手が痛くなるほどの拍手を送った。

(素敵……カノエさん……)

額に滲んだ汗を腕で拭うカノエさんの表情は、この上なく満足そうで……

(本当に良かった)

胸の熱さは、いつまでも消えることはなかった…―。

……

そして時は新年を迎え、あちこちでお祭り騒ぎの飲み会が開かれる。

カノエさんのチームも、お互いを労うように皆でお酒を酌み交わしていた。

(あれ?カノエさんがいない……?)

ついさっきまで一緒に新年のお祝いをしていたのに、姿がどこにも見えない。

周りを見回すと、人混みから少し離れたところにカノエさんの姿を見つけた。

〇〇「カノエさん!」

考えるより先に体が動いていて、カノエさんの隣へと移動する。

カノエ「○○か……楽しんでるか?」

顔を真っ赤にして、ふらふらとした足取りで……

〇〇「大丈夫ですか?座った方がいいんじゃ……」

(カノエさん、酔ってる……?)

そう思った矢先、カノエさんの逞しい体が大きく揺らいだ。

〇〇「……っ!」

慌てて支えようとしても、彼の重みで耐えきれず一緒にしゃがみ込んでしまう。

カノエ「う……」

〇〇「本当に大丈夫ですか?今、お水を…―」

カノエ「……座るよりも、横になった方がいいみたいだ」

〇〇「え…―」   

隣に座った彼の体が、ずるりと滑り落ちたかと思うと…―。

〇〇「!!」

カノエ「……こうしてる方が……楽だ」

カノエさんの頭が私の膝の上に乗せられていた。

(これって、膝枕……だよね) 

カノエ「ふーっ、落ち着くな……」

(カノエさん……酔ってるせいか、いつもと違う……)

凛々しく皆の先頭に立っていたカノエさんが、今はまるで子どものようで……

(なんだか可愛い)

そんな彼の様子に、思わず頬を綻ばせる。

カノエ「はあ……」

すると彼は苦しそうに吐息を吐いた後、私の手を握りしめた。

〇〇「……っ」

彼の手の熱さを感じて、胸の鼓動がいっそう速く鳴り響く。

(聞こえない……よね)

カノエ「今回、成功したのは……お前のおかげだ」

〇〇「え……っ」

カノエ「一人で練習してこれたのも、お前が見守ってくれているという思いが支えだった」

〇〇「それは……カノエさんの実力です」

カノエ「それに……お前がああ言ってくれて嬉しかった。 見たいって」

〇〇「あ…―」

握りしめた手に、ぐっと力が込められる。

カノエ「頑張れたのには理由があったんだ。それがお前だ。だから……。 これからも傍にいろ」

〇〇「……っ」

言い方はぶっきらぼうだけど、琥珀の瞳の輝きに切なさを感じて、胸が締めつけられる。

カノエ「返事は?」

頬に熱が集まるのを感じながら、そっと頷いた。

それを満足げに見届けると、カノエさんは柔らかい表情で微笑む。

(この笑顔をいつも……誰よりも傍で見たい……)

膝にかかる重みに愛しさを感じた時、私もこの人が好きなのだと改めて気づいた。

カノエ「声で言えよ」

深く息を吸って、小さく唇を開く。

〇〇「はい……。 ずっと傍にいてもいいんですか?」

カノエ「そんなもの……いいに決まってる」

彼の手が伸ばされ、私の頬に軽く触れる。

その熱い手の心地に頭の中を熱くさせながら、そっと目を閉じる。

カノエ「ああ……いい年になりそうだ」

彼のつぶやきが、これからの新しい、幸せな日々を予感させた…―。

おわり。

<<月7話||月SS>>