月SS 夜風にあてられて

ついに迎えた、祭りの日…―。

皆と力を合わせ結果、俺達は無事に演舞を終えることができた。
だが…―。

カノエ「ん……?ここは……」

頬に冬の冷たい夜風を感じながら、そっと目を開ける。

すると……

〇〇「あ……カノエさん……」

カノエ「○○……?」

(……えっ!?)

こちらを見下ろす彼女に目を見開いた後、俺は急いで体を起こす。

カノエ「あ、何だ!?俺は、一体どうしてお前の……」

(お前の膝で、寝て……)

頭の後ろに残る柔らかな余韻に、頬が驚くほど熱くなってしまう。

〇〇「カノエさん、酔ってしまったみたいで。 その……色々お話したんですけど、覚えてないですか?」

カノエ「話……?」

(確か演舞を終えた後、○○と新年を祝って)

(それから、皆に酒を注がれて……)

まだ少し酔いが残った頭で、寝てしまう前のことを必死に思い返す。

すると、少しずつ記憶が蘇ってきて…―。

ーーーーー

〇〇「!!」

カノエ「……こうしてる方が……楽だ。 ふーっ、落ち着くな……」

ーーーーー

カノエ「……思い出した。 俺は、自らお前の膝に頭を乗せて……」

(酔っていたとはいえ、何てことを……!)

カノエ「悪い。迷惑をかけたな」

情けなさと恥ずかしさから、思わずうつむいて目を覆った。

〇〇「大丈夫です。私は嫌じゃなかったですし……。 むしろ、いつもと違うカノエさんが見れて嬉しかったですから」

カノエ「嬉しい?」

顔を上げると、こちらに笑顔を向ける○○と目が合う。

〇〇「はい。カノエさん、なんだか子どもみたいでとっても可愛かったです」

カノエ「っ!」

(可愛い、だと?俺が……?)

頬が再び熱くなってしまい、俺はそれを誤魔化すように口を開く。

カノエ「……そんなことを言われたのは初めてだ。 人にはいつも怖がられてばかりだからな。 今日も親睦を深められればと思い、飲めもしない酒を飲んで……」

〇〇「えっ?お酒、駄目だったんですか?」

カノエ「ああ。本来は下戸だ」

〇〇「そうだったんですね……気分は悪くないですか?」

○○が心配そうに俺の顔を覗き込む。

そんな彼女に、愛おしさが溢れてきて……

カノエ「大丈夫だ。まだ少しだけ酒が残っているが、意識もはっきりしてるし……。 ……さっきお前に話したことも、しっかりと覚えている」

〇〇「え……?」

○○を安心させるように笑うと、彼女は不思議そうに首を傾げた。

カノエ「今回の祭りが成功したのは、お前のおかげだと言ったことも。 これからも傍にいろと言ったことも……。 どちらも酔った勢いの出任せじゃない。 偽りのない……俺の本心だ」

〇〇「カノエさん……」

(それに……)

俺は一つ大きく息を吸い込み、ドキドキと騒ぐ胸の鼓動を落ち着かせる。

カノエ「それに何より、俺は伝えるのが下手だから言い訳に聞こえるかもしれないが。 好きな女以外に、あんなことは絶対にしない」

〇〇「あんなこと……?」

カノエ「……膝枕のことだ」

〇〇「あ……。 ……はい、大丈夫です。カノエさんの気持ちは伝わっていますから」

カノエ「そうか。しつこいようだが、本当に怒っていないか?」

〇〇「もちろんです。だって……」

そこまで口にした次の瞬間、○○はどこか悪戯っぽい笑みを浮かべる。

そうして、俺を真っ直ぐに見つめると……

〇〇「そんなもの……好きな人なら、いいに決まってますから」

カノエ「えっ?それは……」

ーーーーー

〇〇「ずっと傍にいてもいいんですか?」

カノエ「そんなもの……いいに決まってる」

ーーーーー

(……一本取られたな)

○○にからかわれた俺は、気恥ずかしさから思わず目をそらしてしまう。

だが、小さな咳払いをした後、彼女を真っ直ぐに見つめ…―。

カノエ「改めて言う。これからも傍にいろ。 俺も一生、お前の傍を離れない。 お前を、絶対に離さない……」

○○の華奢な体をきつく抱きしめると、彼女はそれに応えるように俺の背に腕を回す。

(ああ……いい年になりそうだ)

(きっと今年は、俺にとって忘れられない一年になるだろうな)

遠くでは、新年を祝う人々の声が響いている。

そんな中、俺達はお互いの温もりを確かめ合いながら、幸せな一年の始まりを噛みしめていたのだった…―。

おわり。

<<月最終話