月最終話 お仕置きとご褒美

お仕置きが怖くて、私は目を開けることができずにいる。

ジョシュア「手を」

(叩かれる……)

ジョシュアさんに手を取られ、ぎゅっと体を固くした。

〇〇「……?」

指に触れた柔らかな感触にそっと目を開けると、ジョシュアさんが私の指に唇を落としている。

ジョシュア「……カップを落とした時、切ったんだね」

気がつくと私の指には、小さな切り傷ができていた。

〇〇「鞭は……?」

ジョシュア「何、鞭が欲しいの?」

〇〇「い、いえ……!」

ふっと微笑んで、ジョシュアさんは私の人差し指にハンカチを巻いてくれる。

ジョシュア「あれは冗談。さすがにそんなことしない」

(よ、よかった)

ジョシュア「言葉少なければ災い少なし。責任ある立場のものは、多くを語ってはいけない」

〇〇「……はい」

ジョシュア「微笑むのが仕事、くらいに思わないと。 嫌なことがあっても、こうして着飾って、優雅に笑う」

〇〇「……」

(それって……)

ジョシュア「……お返事は?」

〇〇「でも……。 それって、まるでお人形みたいじゃないですか……? ジョシュアさんのおっしゃることはわかります、けれど…―」

言い淀むと、ジョシュアさんは私を冷たく見下ろす。

ジョシュア「……さっき、なんて教えたっけ? 口答えするし……やっぱりお仕置きが必要だね」

すると突然、首の後ろをぐっと引き寄せられて…―。

〇〇「…ん……っ」

何が起きたかわからないままに、唇を奪われる。

やがてジョシュアさんの舌は私の唇を押し開けた……

〇〇「……っ」

抵抗しようとするも、手首を押さえられてしまい、それも叶わない。

(急にこんな……っ)

ジョシュア「君は、オレの言うことだけを聞いていればいい」

〇〇「やめて……!」

なんとか顔を背けると、ジョシュアさんは私に冷たい眼差しを注いだ。

〇〇「私……そんなに悪いことしたって思えません。 それに、ジョシュアさんの言うことだけを聞いていればいい、なんて……。 私は、ジョシュアさんのお人形なんですか?」 

抑えていた気持ちが次々にこぼれ出して……

私はその場を走り去ってしまった。

ジョシュア「……オレは、どうしてこんなに腹を立てているんだろう。 〇〇が、他の男と楽しそうに話していたからか……?」

ジョシュアは独り言をつぶやき、ヒメの背中を追った。

暮れなずむ城の中を、部屋に向かって走る。

(ひどい……)

ひどいことをされたはずなのに、私の胸は痛いほどに高鳴っていた。

ジョシュア「待って」

ジョシュアさんが追いかけてきて、私の手首を掴む。

〇〇「離してください」

ジョシュア「嫌だ」

〇〇「ジョシュアさんなんて……っ」

すると…―。

そっと唇に手をあてられて、続く言葉を奪われる。

ジョシュア「……悪かったよ。 だから、その先は言わないで。 そのまま聞いて。 さっきのキス……オレ、嫉妬したんだ。 あいつとあんまり楽しそうに話してたから」

〇〇「……っ」

(それは、思い出話が嬉しかったから)

ジョシュア「それから、昨日君に選んだドレス……あれは、単なるオレの好み」

〇〇「え……?」

ジョシュア「さっき人形って言われた時、悔しいけどそうかって思ったよ。 オレ、〇〇のことオレの人形にしたかったのかも。 悪かった……」

ジョシュアさんが私を想ってくれていることが嬉しくて、微笑みがこぼれた。

ジョシュア「笑うなよ……」

照れたような顔をして、ジョシュアさんは顔を背けた。

〇〇「でも、微笑むのが仕事だって言われましたから」

ジョシュア「……言うね」

(なんだか……かわいい)

ジョシュア「とにかく、嫌な思いさせて悪かったよ」

(なんだか、すごく寂しそうな顔)

〇〇「あの、私……キスされたのは、嫌じゃなかったですよ。 お仕置きって言われたのが嫌だったんです」

気がついた時にはそう言っていて、ジョシュアさんは驚いたように私を見つめている。

ジョシュア「……じゃあ」

ジョシュアさんは、私の腰元を抱き寄せる。

ジョシュア「微笑むのが仕事って覚えてたご褒美」

元の冷たい口調に戻って、ジョシュアさんは優雅に微笑む。

〇〇「え……っ」

ジョシュア「目を閉じて」

〇〇「あの……っ」

ジョシュア「……お返事は?」

冷たい眼差しが、私を見下ろしている。

〇〇「はい……」

気がつくと私の唇は教えられた返事をしていて、

〇〇「……っ」

次の瞬間、優しく唇を奪われる。

ジョシュア「いい子だ……」

ジョシュアさんは、この上なく優しい微笑みを浮かべる。

ジョシュアさんが選んだドレスを着て、教えられた通りに微笑む。

(やっぱり私、ジョシュアさんのお人形みたいだ。でも……)

(彼に触れられて、嬉しいと思ってしまう)

髪を撫でられながら、そんなことを思う。

ジョシュア「いつまでいい子でいられるかな」

彼が私をふわりと抱き上げる。

〇〇「ジョシュアさん……?」

部屋に入ると、ジョシュアさんは私をベッドにふわりと降ろした。

見上げると、彼は私の唇に人差し指をあてる。

ジョシュア「静かに」

彼は、私のドレスの胸元のリボンを解く。

〇〇「……っ」

声を出すことも許されないまま、胸元の小さなボタンが外されていった。

ジョシュア「いい子だ。かわいいね」

妖しく笑うジョシュアさんを、少し怖いと思うのに…―。

(逆らえない……)

その気持ちは、胸の高鳴りに打ち消されていく。

彼の指がドレスの裾を持ち上げて、私の足先から太ももをなぞった。

〇〇「あ……っ」

思わずこぼれ出た甘い吐息を、彼は決して見逃してくれない。

ジョシュア「……たっぷり、お仕置きしないとね」

彼が私の胸に、そっと口づけを落とす。

夜が暮れ、私の目から涙がこぼれるまで……彼は、私を腕の中に閉じ込めていた…―。

<<月9話||月SS>>