月SS 黒猫になれたら

ウィル王子のところに行った帰り道…―。

ぼくはもやもやした感情を持て余していた。

(明らかに、嫉妬だ……)

ウィル王子に悪戯される彼女を見ていたら、重い感情に胸が支配されていって……

(だからってこんなこと……子どもだな)

仕返しするつもりなんてなかったのに、ぼくは今、○○に意地悪をしている。

ペルラ「ぼくが食べさせてあげる。だから、あーん……」

お菓子をそっと彼女の唇へ寄せると、○○は恥ずかしそうに頬を染める。

(なんでそんな、もっと悪戯したくなっちゃうようなかわいい顔するかな)

なんだか楽しくなってきたぼくが、唇を小さく開く彼女を見て…―。

ペルラ「やっぱり、あーげない」

○○「えっ!」

彼女の唇に迫るお菓子を、ぴたりと止めてみせる。

○○「……ペルラさん?」

ペルラ「ぼく、お菓子をあげなかったよ? ……その場合って、悪戯されちゃうんだよね? ……ぼくが喜ぶ悪戯、考えてみてくれない?」

○○「……っ」

(ふふっ。きみはどんな悪戯、考えてくれるのかな?)

胸がドキドキしてくる。

困惑気味に揺れる彼女の瞳は、やっぱりかわいかった。

ペルラ「ねえ、悪戯は……?」

ぼくは彼女との距離を詰め……そっと囁いてみる。

ペルラ「ぼくに、悪戯しないの?」

○○「あ、あの、だって……今は従者さんも見てますし……」

その言葉を聞くと、ますます意地悪な気持ちが込み上げてきてしまう。

ペルラ「へぇ……従者に見られたら困るような悪戯、考えてたんだ」

○○「っ……!」

ペルラ「していいよ? きみがぼくにしたいこと、全部」

さらに顔を近づけ、従者には聞こえないように、彼女の耳元で囁く。

すると、○○の体がびくりと震えた。

(収穫祭のせいなのかな? それとも、きみのせい?)

(こんな気持ち……初めてだよ)

さっき彼女にあげるはずだったお菓子を、自分の口の中へ放り込む。

ペルラ「○○……?」

ゆっくりと顔を近づける。

唇が触れる瞬間、彼女のまぶたが静かに閉じた。

(○○の唇は、お菓子なんかよりずっと……甘い)

従者の目を気にしているのか、彼女がぼくの腕の中で身じろぐ。

ペルラ「……しないの? だったら…―」

○○の頬を舐めると、彼女は体を震わせた。

○○「……っ」

ペルラ「パレードでは、猫になりきらないといけないからね……?」

猫が甘えるようにそう言ってみると、○○がぼくの頬をそっと撫でてくれる。

(くすぐったくて、気持ちいい……)

ペルラ「……それが、悪戯? かわいいね」

ぼくはマシュマロを口にくわえ、彼女にキスをする。

○○「ん……」

ぼくと彼女の口の中で溶けていくマシュマロはとびきり甘くて……

名残惜しい気持ちでぼくは、唇を離した。

ペルラ「……はい。ちゃんとあげたからね」

○○の手を取り、歩き出す。

収穫祭で盛り上がる街を歩いていると、気持ちが高揚していく。

ペルラ「にゃー」

猫の鳴き真似をしてみるけれど、彼女はまだ呆然としたままだった。

ペルラ「どうしたの?」

瞬く瞳がぼくを見つめて……胸の中心がぐんと熱くなるのを感じた。

ペルラ「ねえ」

○○「っ……」

○○の耳にもう一度、唇を近づけて……

ペルラ「二人きりにならない……?」

○○「え…―」

返事を待たず、ぼくは彼女の手を取り駆け出す。

ペルラの従者「あっ、ペルラ様……!」

(もう、宿はすぐそこだし……)

ペルラ「先に帰ってる。行こう、○○」

○○「っ……」

夜の闇を裂くように、ぼくは走る。

(こんなに走るのなんて、いつぶりかな)

(気持ちいい……)

そう思いながら振り返ると、○○が、困ったように笑っていた。

(あ……)

一匹の黒猫が、道の脇からぼく達を眺めている。

けれどその猫はすぐに、すっと曲がり角に姿を消して……

ペルラ「黒猫の衣装、早く欲しいな。 そしたら、夜にまぎれて、きみとどこまででも行けそう」

つい、そんなことを言ってしまう。

○○「え…―」

ぼくが急に立ち止まったからか、彼女は転びそうになってしまって……

○○「……っ」

よろけた彼女の体を抱きとめた。

○○「ペルラさん……」

月明かりが、彼女の顔の輪郭を綺麗に縁どるけれど……

ペルラ「きみと二人、夜に溶けて……そしたら…―」

○○「……!」

○○を引き寄せ、キスを落とした。

ペルラ「悪戯し放題だね」

胸がドキドキして、どうしようもない。

どこからか、猫の楽しそうな鳴き声が聞こえてきた…―。

おわり。

<<月最終話