月最終話 最後に交わした想い

ホープが最後にやってきたのは、幼い頃の思い出が詰まったトロイメア城の中庭だった。

ホープ「〇〇……」

会いたい人の名前を、ホープは慈しむように口にする。

薄紫色の花が咲き乱れる中庭を進んでいくと、そこに…-。

ホープ「……!」

花を摘む幼い〇〇の姿を見つけ、ホープは息を呑んだ。

すると、〇〇が後ろを振り返り……

〇〇「……誰?」

澄んだ瞳を、数度瞬かせた。

ホープ「〇〇……。 俺は…-」

いざ〇〇を目の前にし、ホープは兄だと名乗ることを躊躇する。

〇〇「お兄さま?」

ホープ「……っ!」

小首を傾げ、〇〇がホープをまっすぐに見つめる。

〇〇「やっぱり、お兄さまだ」

ホープが何か言う前に、〇〇は彼の方へ駆け出す。

だが…-。

〇〇「あっ……」

足をもつれさせ、〇〇が体勢を崩し転びそうになる。

ホープ「〇〇……!」

ホープはとっさに腕を伸ばし、ふわりと〇〇の小さな体を受け止めた。

〇〇「ありがとう、お兄さま」

ホープ「……気をつけなさいと、いつも言っているだろう?」

一緒に遊んでいた思い出が鮮やかに胸に蘇り、そんな言葉がホープの口を突いて出る。

〇〇「うん、ごめんなさい」

〇〇は、ホープの顔をじっと見つめ……そして、心配そうに問いかけた。

〇〇「……お兄さま? どうしたの?」

ホープ「どうしたって、何がだい?」

〇〇「だって、悲しそうな顔してる」

(……悲しい、か)

(いいんだ)

ホープ「……いいんだ。俺は、お前が笑っていてくれれば、それで」

〇〇の頭を撫でながら、ホープは優しい声色でそう告げる。

だが…-。

〇〇「……っ」

〇〇の大きな瞳にみるみるうちに涙が溜まり、大きな雫となって頬を伝う。

ホープ「……っ。〇〇?」

ホープはひどく狼狽しながら、〇〇の顔を覗き込んだ。

ホープ「どうして泣いている? 何が悲しいんだい?」

〇〇「……お兄さまは、いつもそう。 悲しいことがあっても、私の前では笑うの。 だから……苦しいの」

ホープ「〇〇……」

ホープはぎゅっと……小さな〇〇の体を深く抱きしめた。

ホープ「ごめん。 ……ごめんね」

さまざまな思いが洪水のように胸に押し寄せ、ホープの目から涙が一筋こぼれ落ちる。

〇〇はそんなホープの顔に手を伸ばし、頬に伝う涙を指でぬぐった。

〇〇「大丈夫。大丈夫だよ、お兄さま」

泣き笑いしながら、〇〇がホープをあやすように言う。

ホープ「〇〇……やっと、笑ってくれたね」

〇〇「うん。ホープお兄さまが笑ってるから。 泣いてるけど、笑ってる。おかしいね」

ホープ「ああ……おかしいね」

微笑みながら、二人はしばらく互いの存在を確かめるように、身を寄せ合った。

だが、やがて周囲の景色が揺らめいて、ホープはもうここに長くは留まれないことを悟る。

ホープ「〇〇……お別れだ」

〇〇「え……?」

ホープ「俺はもう、ここにはいられないんだ。 さよならを言う前にどうしてもお前に伝えたいことがあって。それでここへ来た」

〇〇「お兄さま……」

ホープは、泣くことをこらえ顔を歪ませる〇〇の背を優しく撫でる。

ホープ「〇〇。 俺の……俺達の妹に生まれてきてくれて、ありがとう。 大好きだよ」

本当は、謝るつもりだった。

だが今、ホープの胸に溢れてくるのは〇〇への愛しさばかりで…-。

〇〇「私も。私もお兄さまが大好き。 大好きじゃ足りないよ。ありがとうも、ごめんなさいも、もっとたくさん伝えたいことがあって…-」

ホープ「いいんだ、〇〇。 幸せを……ありがとう」

辺りの景色を光が掻き消すと共に、ホープの意識もそれにまぎれるように朧げになっていく…-。

ホープ「〇〇。悪いが、ライトのことをよろしく頼む。 あいつはいつも無理をするから……そうしたら、叱ってやってくれ」

〇〇「ホープお兄ちゃん……」

最後に聞こえてきた〇〇の声は、どこか大人びていて…-。

〇〇「うん。わかった。わかったから…-」

ホープ「〇〇……。 大丈夫。俺はいつでも、お前の側に」

〇〇「ありがとう……ホープお兄ちゃん。 大好きだよ」

ホープ「俺も、お前のことが…-」

最期の言葉は、〇〇に届いていただろうか。

(今度こそ、大丈夫だ)

薄れゆく意識の中、愛する兄妹への想いを胸に……ホープは静かに瞳を閉じる。

薄紫色の花弁がひとひら、ホープと共にはらりと……光の中へ溶けていった…-。

おわり。

<<月7話