月SS はじまりの予感

古びたドアが軋んだ音を立てた。

隠れ家に戻り、薄暗い部屋の中を見渡す。

グウィード「やれやれ……。 まさか彼ら以外にも僕を捕まえようとするものがあるとは……」

肩から重い荷物を降ろすように、深く息を吐き出した。

別段思い入れがあるわけではないが、慣れた部屋は心を落ち着かせる。

(運命は、いつも僕の望まないものを連れてくる……)

窓辺に飾っていた花を見やった。

色を失ったミモザが、床に花びらを落としている。

グウィード「枯れてしまったか……」

その花を手に、あの子のことを思い返した。

―――――

グウィード『可愛い子猫ちゃんだ。君が僕を目覚めさせてくれたのかい? 生憎だが、僕はすぐに行かなくちゃいけないんだ。 子猫ちゃんへのお礼は、また今度させてもらうよ♪ じゃあね』

―――――

手の中のミモザが、壊れて指の隙間から零れ落ちていく。

グウィード「あの子をそのままにしてきてしまったけれど、さて、どうしたらいいかな……」

彼女のまっすぐに向けられる瞳。

あの瞳が、頭から離れない。

(目覚めさせてもらったからと言って、これ以上関わらない方がいい)

僕の中で、何か予感めいたものがあった。

(彼女はきっと、僕の世界を壊してしまうと……)

(けれど……)

(彼女にまた会いたいと思っている自分もいる)

(本当に運命は思い通りにいかない)

窓から外を眺めると、空にはもう星が瞬いている。

グウィード「今夜は星が綺麗だ……」

窓を開け、星に引き寄せられるように縁に足をかける。

(まるで、星と同じ引力だ……)

(彼女に会ってはいけないと思いながら、彼女に会いに行こうとしている)

自分の中の相反する気持ちに応えられないまま、縁を蹴り外へ飛び出した。

舞い散る星々の中を飛び、僕は彼女のもとへ向かう。

(もう寝てしまっただろうか?)

灯りの落とされたベランダに、静かに降り立って…-。

(出てきて欲しいが、出てきて欲しくない……)

そんな複雑な気持ちを抱きながら、ドアをノックした。

彼女がベランダに出て、辺りを見渡す。

その姿を、静かに後ろから見つめた。

(会ったばかりなのに、君は僕にどんな魔法をかけたんだろう)

冷たい外気に、彼女の肩が震えた。

(いや、そんな事を考えても無駄か……)

(もう僕は走り出してしまっているんだ)

(どんなにダメだとわかっていても……)

(君と出会った時から)

僕は後ろからそっと彼女を抱き寄せた。

〇〇「っ……!」

グウィード「Ciao、子猫ちゃん。迎えに来たよ♪」

彼女が目を見開いて、僕を見上げる。

そんな彼女に、僕は平静を装って笑いかける。

〇〇「グウィード……さん!?」

(この結末はいったいどうなるのだろうか?)

(答えはきっと、星が教えてくれるだろう)

グウィード「さあ、一緒に星を捕まえに行こうか♠」

彼女を腕に抱き、夜空へ飛び立つ。

星のきらめきが静かに僕達を包んでいた…-。

おわり。

<<月最終話