月最終話 彼の態度

従者「それでは、私はこちらで失礼いたします」

○○「え?あの…―」

グレイシア君の部屋の前に着くと、従者の方はすぐに廊下の奥へと去ってしまった。

(どうしよう、用件もわからないまま……)

私はグレイシア君の部屋の扉をしばらく見つめていたけれど……

(……ちゃんと、話そう)

(何か気に障ることをしたのなら、謝らないと)

ぎゅっと手のひらを握りしめて、私は扉をノックする。

すると…―。

グレイシア「……入れ」

中からぶっきらぼうな声が聞こえて、私は扉を開けた…―。

○○「……失礼します」

グレイシア「ああ……」

そこには、大きなソファにもたれるグレイシア君の姿があった。

けれどやっぱり、彼は私と目を合わそうとしない。

○○「あの……」

用件を聞こうとするけれど、なぜだかうまく声にならない。

(どうして……)

気まずさに辺りを見回した時、部屋の隅に積まれた大量の本を見つけた。

○○「グレイシア君、そこに積み上がっている本は……読書、好きなんですか?」

私が声をかけると、グレイシア君の眉がつり上がる。

グレイシア「別に。○○には関係ないだろ」

○○「そ、そうですよね」

グレイシア「……」

ツンと澄ました、グレイシア君の態度。

だけど、赤い瞳だけはこちらをじっとうかがっている。

(何か私、嫌われるようなことをしてしまったのかな?)

(なら、ちゃんと聞かないと……)

頭ではそう思うものの、彼にそう聞くことがためらわれる。

(私……怖いんだ)

(グレイシア君に、嫌われているかもしれないってことが)

胸が苦しくなって、彼から視線を逸らすようにうつむいた。

○○「あの……ごめんなさい、私、帰りますね」

その場に居続けることに耐えきれず、私はそう口に出していた。

すると…―。

グレイシア「は……? 何を言っている?」

○○「あ、ご、ごめんなさい!」

なおさらグレイシア君の目が不穏な色になり、

お辞儀をして足早に部屋を去ろうとすると…―。

グレイシア「待てよ」

○○「えっ!?」

耳元で壁を叩く音がして振り向くと、私の体は、彼と部屋の壁との間に挟まれていた。

苛立ち、目を細めるグレイシア君との距離は……まるで吐息まで聞こえてしまいそうだった。

○○「グレイシア君、どうして……」

グレイシア「どうしてか聞きたいのはこっちの方だ、なんでいきなり出ていこうとする?」

○○「え……だってグレイシア君、怒ってたんじゃ……」

グレイシア「……怒ってない」

○○「じゃ、じゃあどうして……冷たかったんですか?」

グレイシア「……それは、お前のせいだ」

○○「私の……?」

話の要点が掴めずに、彼の顔を至近距離から見つめると、慌てたように彼は私から顔を逸らす。

(頬が真っ赤……)

グレイシア「お前みたいな奴……初めてで。 何ていうか……お前のあの笑顔を見た時から、うまく話せなくて。 くそっ……俺は、高潔な雪の一族なのに、お前に心を掻き乱されて……!!」

(じゃあ……冷たかったのって)

その答えに、私の頬も赤く染まっていく。

グレイシア「けど……お前が隣にいないとそれはそれで落ち着かねえ」

私の手を掴む指に力が入る。

グレイシア「だから、俺から勝手に離れたりするな」

○○「……っ!」

普段白い顔を真っ赤にして、怒るように言い切った言葉は、まるで甘えているようだった。

(こんなグレイシア君……初めて見た)

そう思った瞬間、嬉しさで胸が弾み出す。

○○「はい……隣にいます」

グレイシア「何で、そんな嬉しそうなんだよ」

○○「嫌われたわけじゃないんだって思って」

その言葉に、彼はきまりが悪そうに髪をくしゃりと掴んだ。

グレイシア「……悪かったよ」

その仕草がかわいくて、自然と笑みがこぼれてしまう。

グレイシア「何笑ってんだよ」

怒ったように投げかけられるその言葉も、今では耳に心地よくて…―。

○○「ごめんなさい。私…―」

グレイシア「?」

私は自分の気持ちに、確かな答えを見つける。

○○「私、グレイシア君のことがもっと知りたい」

満面の笑みを返した私を見たグレイシア君の顔は、もう赤くないところがないくらいで……

グレイシア「……馬鹿。ほら、こっち来い」

○○「はい」

すっとグレイシア君が伸ばした手を取り、大きなソファーに二人で並んで座る。

(熱い手……)

そう感じながら、彼の手を握る力を強くすると…―。

○○「!?」

急に手を引く力を強くされ、私はグレイシア君の胸に倒れ込んでしまう。

○○「グ、グレイシア君!?」

しっかりと私を支える彼の顔を見上げると、その赤い瞳が間近に迫っていた。

そして…―。

○○「ん……」

有無を言わさないとでもいうように、彼の唇が唇に押し当てられる。

(グレイシア君……)

ゆっくりと顔が離れ、グレイシア君は熱を帯びた瞳で私を見下ろす。

グレイシア「俺のことが知りたいなら……教えてやるよ」

そして、再びキスが落とされる。

(さっきまでは、冷たかったのに……)

今は燃えるように熱い彼の想いを受け止めながら……

これからも多くの時間を一緒に過ごして、彼のことをもっと知っていきたいと、

そんな思いを抱いて、彼の背にそっと手を回した…―。

<<月7話||月SS>>