月SS 振り回される気持ち

俺が○○と一緒にスノウフィリア城に戻ってから、数日後…―。

○○「嬉しいです、名前で呼んでくれて」

グレイシア「……!!」

あの笑顔を見た時から何故か○○とうまく話せなくなってしまった俺は、

このもどかしい気持ちを落ち着かせるため、来る日も来る日も自室の机で本を読み漁っていた。

けれども……

グレイシア「くそっ……!全然頭に入ってこねえ!!」

苛立ちから、手にした本を部屋の隅へと投げ捨てる。

すると次の瞬間、同じように投げ捨てられていた本の山が大きな音を立てて崩れた。

グレイシア「ちっ……うるせえな」

床に散乱してしまった戦術書や魔術書の数々を片づけるでもなく、

俺は独りごちながら椅子の背もたれに深く背中を預けて天を仰ぐ。

(ったく。そもそも、何でこの俺が……)

(高潔な雪の一族が、女なんかに振り回されなきゃいけねえんだよ)

長時間酷使した目を固く閉じ、大きなため息をつく。

(……それもこれも全部、○○のせいだ)

(あいつが悪いんだ。あんなふうに笑ったりして)

(名前を呼んだぐらいで、嬉しそうに笑ったりするから……)

(全部、あいつが……)

グレイシア「……。 「……くそっ」

(本当に何なんだよ、この気持ち……)

○○のことを考えれば考えるほど、胸が締めつけられて苦しくなる。

けれど、いくら気持ちを落ち着けようと他のことをしても、あいつのことばかりを考えてしまって……

グレイシア「あー、くそっ!」

埒の空かない状況にますます苛立ちが募った俺は、

思わず机を強く叩きながら立ち上がっていた。

(畜生……この俺にこんな思いをさせるなんて、あいつ絶対許さねえ)

(この罪は一生、俺の傍で償わせてやるからな……!)

なおも募る苛立ちに、俺は机の上に乗せた手を強く握りしめた。

(……しかも……)

○○「今日、お城の人のご案内でスノウフィリアの博物館に行くんですけど、グレイシア君も…―」

(俺の気持ちも知らないで、能天気に話しかけてきやがって……)

グレイシア「……」

○○の笑顔を思い出すと、さらに心臓がうるさく鳴り始める。

グレイシア「何で俺がこんな……」

俺は、もう何度目になるのかわからないため息を吐いた。

(……こんなことがあっていいはずがねえ)

(こうなったら……)

グレイシア「おい、誰かいるか!」

苛立ちをぶつけるような声で叫ぶと、すぐに従者がやって来た。

従者「はっ……グレイシア様、お呼びで」

グレイシア「……あいつを呼べ」

従者「は……?」

グレイシア「だからあいつだよ!トロイメアの姫だ!!」

従者「は、はい!すぐに……!」

俺の剣幕に驚いたのか、従者は慌てた様子で一礼をして去っていった。

グレイシア「……ったく」

(こうなったら……直接、○○に会って解決してやる)

(俺は、高潔なる雪の一族なんだ。いつまでもこんな状態のままでいるわけにはいかないだろ……)

そう思いながらも、俺の心臓はさらにうるさくなるばかりだった。

(……くそっ、負けるか!)

自分自身を落ち着かせるように、俺はまた棚から本を取り出す。

けれど…―。

グレイシア「……」

(……やっぱり落ち着かねえ)

そうして○○に翻弄される俺は、

早く来て欲しいような、来て欲しくないような……そんな勝手な気持ちを抱きながら、

この後訪れるであろう彼女のことばかりを想っていたのだった…―。

<<月最終話