月SS お前の温もりだけ

連日の仕事で、疲弊しきって部屋へ戻ると…-。

(……ん?)

人の気配を感じ、俺は足を止めた。

暗がりの中で、ルビのケージの傍に寄りかかっている小さな体がぼんやりと見える。

(〇〇……?)

(まさか、こんな時間までルビの面倒をみて……?)

驚いて一瞬、息が詰まった。

(俺は……仕事のことで頭がいっぱいで、彼女にも冷たく当たってしまったのに)

(何故、お前はこんなにも……)

あまりに健気で純粋な様子に、俺はその場で悔恨の念に駆られた。

(自分のことしか見えていなかった……)

(目の前の仕事しか……)

起こさないようにそっと彼女に近づき、寝顔を見つめる。

〇〇「……」

穏やかな寝顔に、胸の奥の痛みを感じた。

(もしかすると、これと同じことが仕事でも起こっているのかもしれない)

(日々の業務に追われ、相手の心の声を無視し……結果、先日のようなことが起きる)

(これでは……王子失格だな)

〇〇「ん……」

フォルカー「っ……」

〇〇が、寒いのか小さく身を震わせた。

(このままでは、風邪を引いてしまうな)

そっと彼女の肩に手を伸ばし、丁寧に触れる。

その肩は、華奢で小さく……

こんな体で俺の身勝手な言動を許容してくれていたのかと思えば、また少し胸が痛んだ。

フォルカー「……〇〇?」

〇〇「ん……」

軽く彼女の肩を揺すり、起きるよう促す。

フォルカー「〇〇……。 こんな所で……風邪を引いてしまうぞ」

すると彼女は、わずかに眉を寄せると、ゆっくりとまぶたを開き……

〇〇「! フォルカーさん……!」

俺を見た瞬間、ぱちりと大きく目を見開いた。

ゆっくりと彼女の肩から手を離し、ケージの中のルビをちらりと見やる。

フォルカー「……ルビを、みていてくれたのか?」

〇〇「はい……勝手にすみません」

フォルカー「いや……」

(礼を……言わなければ)

そう思いながら立ち上がろうとした時だった…-。

フォルカー「っ……?」

一瞬、視界が白くなり体がぐらりと揺れ……

〇〇「あ、フォルカーさん……!」

彼女の腕がとっさに俺の体を支える。

そこで留まることが出来ず、俺はそのまま体勢を崩してしまい……

フォルカー「……すまない」

〇〇「いいえ、少し休んだほうがいいですね」

やたらと重く感じられる体を必死で起こそうとすると、彼女が手伝ってくれる。

(情けない……これくらいの疲労で)

悔しさを感じつつも、彼女に言われるままにベッドに横になった。

彼女が気を利かせて、ルビをケージから出し、枕元に乗せてくれる。

フォルカー「……ルビ」

(具合を悪くしていたんだったな……)

(それなのに俺は……)

しばらくぶりに感じるルビの毛の感触を手のひらに感じる。

撫でてやると、心なしかルビが笑ったように見えた。

〇〇「お仕事は、少し落ち着きましたか?」

彼女が心配そうに俺の顔を見つめている。

フォルカー「……問題は解決した。だが……ミスの穴埋めをしただけだ。 根本的な問題……人間関係はどうにもならない。俺の力では……」

彼女の表情が自然と曇る。

(俺には……改善すべきことが多くあるようだ)

〇〇「フォルカーさん……。 本当は、フォルカーさんのやりたいこと、気持ち、わかってくれる人がいるはずなのに。 どうしていつも、一人で肩肘を張って……」

フォルカー「……仕事なんだ」

〇〇「だからって……こんなに寂しくて辛い思いをしなくてもいいはずです。 どうして……」

彼女の言葉がじわりじわりと胸に染み込んでいく。

優しく悲しげな言葉の揺れが、冷え切った心に温もりを伝えてくれるようだった。

俺は思わず…-。

〇〇「っ……!」

彼女のことを抱き寄せ、ベッドの上できつく抱き締めていた。

時折感じた彼女の甘い香りを強く感じて、胸が締めつけられる。

フォルカー「〇〇だけは、俺の敵にならないでくれるか……?」

〇〇「敵だなんて……」

フォルカー「誰のも迷惑をかけるわけにはいかない。自分で招いた事態は、自分で収めなければならない。 そう思って……なのに、皆は離れていくばかりで。 帰ってきて、お前がいて嬉しかった。 ルビには俺がいるように、俺の傍にもお前がいてくれれば……。 仕事から戻ればいつも、お前の傍にいたい。ここにいてくれ……ずっと」

気が付けば、俺は彼女の体を力任せに抱きしめてしまっていた。

〇〇の気持ちも無視して……

(幻滅されているだろうな……だが、抑えることができない)

情けなさに、俺は消えてしまいたくなる。

けれど〇〇は、俺の腕の中でしっかりと頷いてくれた。

(いいのか……?)

驚いて〇〇の顔を見つめると、彼女は優しく微笑んだ。

フォルカー「……〇〇」

すがるように、俺はもう一度彼女の体を強く抱きしめる。

(俺も……お前のように優しくなりたい)

(どんなことがあっても、自分をないがしろにしたり……他人の心を踏みにじることはしない)

(だから……今だけは)

そう胸に秘めながら、俺は〇〇の頬に顔を寄せたのだった…-。

おわり。

<<月最終話