月最終話 宵闇の中で、輝く想い

エドモントさんは私を抱き抱えたまま、城まで戻った。

ベッドに私を下ろして、私の様子をくまなく確認し始める。

エドモント「あそこで何をされたか教えて」

○○「……閉じ込められていただけです」

エドモント「でも、男達がいたよね。スラムの……男達が。何をされた?」

エドモントさんの瞳が、激しい怒りをたたえる。

○○「本当に何も……連れ去られそうになった時、ちょうど、エドモントさんが助けに来てくれたんです」

エドモント「……」

エドモントさんが、再度私の体に視線を落としたと思ったら…―。

スカートに手をかけ、まくり上げた。

○○「っ!?エ、エドモントさんっ!?」

驚いて声を上げる私には構わず、エドモントさんはきゅっと眉根を寄せる。

エドモント「怪我を、したようだね」

見ると、確かに膝を大きく擦りむいていた。

太ももにも、青い痣ができている。

(床に、投げ出された時に……?)

エドモント「くそっ……」

○○「っ……!」

チリっと痛みが走ったと思えば……

エドモントさんが、傷口に唇を寄せていた。

○○「あ、あの……っ!?」

エドモント「消毒だよ。あんな汚いところに長い間閉じ込められてしまって……」

○○「っ……」

膝に、太ももに、彼の柔らかい唇の感触が伝わってくる。

触れられたところが、熱を持っていくことがわかる。

(心臓が……うるさい)

最後に、再び軽く太ももに口づけ、エドモントさんはゆっくりと顔を離した。

エドモント「これで、綺麗になった」

まだ激しく鳴り響く鼓動を抑えながら、少しだけ表情を和らげた彼に、私は思いきって尋ねてみる。

○○「……スラムの取り壊しは、どうなるのでしょうか」

エドモント「呆れたな……君はこんな目に遭っても、まだ彼らのことを心配しているのかい」

和らげた表情を険しいものに戻して、エドモントさんが私を責めるように言う。

エドモント「取り壊しをやめるつもりはない」

○○「……」

きっぱりと言い放たれる言葉に、私はうつむくことしかできない。

エドモント「ただ……」

○○「え?」

エドモントさんは、そこで言葉を紡ぐことをやめた。

エドモント「いずれ、君にもちゃんと説明するよ。ただし、君の怪我が完全に治ってからだからね?」

(エドモントさん……?)

それから数日の後…―。

大臣は失脚し、エドモントさんは私を連れてスラムを訪れていた。

街の男1「王子だ!王子がいるぞー!」

街の男2「王子だー!!スラム取り壊しを講義しろー!」

街の女1「そうだ、やめとくれ!あたしたちの家を奪う気かい!?」

街の男3「取り壊し、反対!!」

従者「エ、エドモント様、やはりおやめになられた方が…―」

エドモント「……」

エドモントさんは、何か考えているのか、じっとその場から動こうとしなかった。

その間にも、講義をするスラムの人達の人だかりが大きくなっていく。

○○「エドモントさん……」

エドモント「大丈夫だ」

ぽん、とエドモントさんが私の手を優しく叩いた。

そして、いつもの優しさを消し、凛々しく勇ましい表情になる。

エドモント「皆、聞け!」

抗議の叫びが、エドモントさんの一声で次第に小さくなっていく。

エドモント「この住宅街の取り壊しは、このまま決行する」

○○「っ……」

エドモント「どうか静粛に。最後まで俺の話を聞いてほしい」

再度、湧き上がりかけた騒動を、エドモントさんが鎮静化させる。

エドモント「このまま、ここを存続させるわけにはいかない理由は多くある。今ここで起きている流行病は、ここの環境が引き起こしているものだ。犯罪も多発している。治安の悪さと貧困は誰の目にも明らかだ」

街の人達は、ただじっとエドモントさんの言葉に耳を傾けている。

その精悍な姿に、いつの間にか私も見入ってしまっていた。

エドモント「もうこの場所は……救うことができない程に、悪化の一途を辿ってしまった。だから……一度壊し、そして新しい街をつくる!」

(新しい街……!?)

エドモント「その計画の責任は、全て俺が、エドモントが負う。より住みよい街を。平和で安全で、豊かな街を、俺は目指したい。その間の住まいは必ず保証しよう。どうか皆、この話を受け入れて欲しい」

街の人々が、どよめく。

まだいまいち状況が飲み込めないのか、周囲と話し合っている。

けれどもそこでエドモントさんは話を断ち切り、皆に背を向けた。

エドモント「俺は……もう逃げない」

そのつぶやきは、誰に聞こえるでもなく、そばにいた私の耳にだけ届いた。

エドモントさんが静かにその場を立ち去る背後では、人々のざわめきが歓声に変わっていた…―。

その帰り道……

私達は馬車を降りて、街外れにある橋の上で眼下の景色を眺めていた。

○○「あのお話……とても驚きました」

星空の下、黙ったままのエドモントさんに、ぽつりと語りかける。

エドモント「君は、どう思った?」

答えを求める彼の瞳が、宵闇の街の明かりに照らされ輝いていた。

○○「未来に希望が見えました……私もこれから、何かお手伝いをさせてもらえませんか?私も、あの街に住む人達と、エドモントさんの力になりたい」

エドモントさんの顔が、微苦笑に崩れる。

そして……

エドモント「君ならきっと、そう言うと思ったよ」

エドモントさんが、私を腕の中に抱き込んだ。

後ろから優しく抱き締められる形になり、どくんと大きく鼓動が跳ねる。

エドモント「見てごらん、街の夜景はとても綺麗だね」

○○「……はい」

エドモント「でも、もし君が今、俺の腕の中ではなくて、あの街の明かりの中に紛れているとすれば……俺は気が気でなくなりそうだよ。君が、心配で……今すぐに、君の無事を確認して、こうして抱き締めたくなって。君はすぐに俺のそばから離れてしまいそうで、心配になる……」

背中から伝わってくる彼の体温と鼓動が、とても愛おしく感じられた。

(エドモントさん……)

エドモント「いつの間に、こんなにも君に惹かれていたんだろう……。君が、スラムのことに一生懸命になって、結果、俺と同じように傷つけられて……でも君は強いから、それでもまだ、スラムの人達のことを考えていられたよね」

○○「いえ……強くなんてありません。エドモントさんがいてくれたから……助けてくれたからです」

エドモント「君のことは俺が守るから。だから、俺の傍にいてほしい」

優しく、背後から頬をすり寄せられる。

触れ合う体が、どんどん火照っていくように感じられた。

エドモント「こっちを向いて」

○○「え……?」

言われるままに、彼のことを振り仰ぐと……

○○「ん……」

そのまま彼の顔が近づいて、唇が重なった。

柔らかく温かな唇と、熱く感じられる吐息が絡む。

(私、今……キスをして……)

瞬間、エドモントさんがくすりと笑った。

エドモント「君は強くて……そしてとても可愛いね」

火照る頬を笑われて、速まる鼓動を持て余して……

エドモント「好きだよ……○○」

彼の手が、求めるように私を掻き抱く。

その想いに応えるように、これからの彼を支えたいという気持ちを伝えるように……

私も彼の腕に、両手を重ねたのだった…―。

おわり

<<月9話||月SS>>