月最終話 道化師のプロポーズ

そして、いよいよ本番当日…-。

(緊張する……)

ステージ衣装に着替え、控え室で待っていると、扉が開かれた。

クラウン「そろそろ出番だよ」

声をかけられ振り返ってはっとした。

クラウン「どうかしたかい?」

そこにいたのは、確かにいつものクラウンさんだったけれど……

(どうしてだろう)

なんだかいつもと雰囲気が違うように思えて、私はじっと彼を見つめてしまっていた。

クラウン「〇〇?」

〇〇「あ、いえ……いつもと感じが違うなって」

クラウン「私も緊張しているからかな?」

そう言って、クラウンさんは目を細めた。

〇〇「クラウンさんが?」

クラウン「なんてったって、貴女との初ステージだから」

クラウンさんが、悪戯っぽくウインクを飛ばす。

やがて時間がやってきて、私達はステージへと向かった…-。

(どうしよう……心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしてる)

クラウン「〇〇、大丈夫だよ」

クラウンさんは、緊張で強張った私の頬に手をあてる。

クラウン「たとえ何が起こっても、私に任せてくれれば大丈夫さ」

その優しい温もりを感じて、固くなった体が緩んでいく。

(練習通り、頑張ろう)

小さく息を吐いて、ステージの中央にある椅子に座ると、幕が上がった。

薄目を開け、観客の方に視線を移すと、照明がまぶしくてお客さんの顔が見えない。

(何も見えない方が逆に安心かもしれない)

なんとなくほっとしていると、音楽が始まり、クラウンさんがステージに現れた。

会場はものすごい歓声に包まれて、熱気がこちらにまで伝わってくる。

(すごい歓声……まぶしくてよく見えないけど、お客さんいっぱいいるんだ)

クラウンさんは、切なげな音楽に合わせ、人形役の私に向けて手品や芸を披露する。

けれど……

(あれ……?)

練習の時と、クラウンさんの演技はどこか雰囲気が違っていた。

真剣さが増しているような、切なさが溢れ出しているような……

(クラウンさん……? けど、私は動かないようにしないと……)

すると…-。

クラウン「さて……どうしたものか」

(え……?)

突然、予定にない台詞が聞こえてきたことに驚き、私は思わず目を開けた。

目の前には、切なげな表情で微笑むクラウンさん……

クラウン「道化は、人形に恋をした」

クラウンさんに手を引かれ、そのまま立ち上がってしまう。

〇〇「クラウンさん? いったい…-」

小声で問いかけようとしたその時、クラウンさんが突然その場に跪いた。

(どういう……こと……?)

状況が飲み込めないままクラウンさんを見つめていると、会場に大きな声が響き渡った。

クラウン「〇〇。私は、貴女に結婚を申し込みたい……!」

〇〇「ク、クラウンさん!?」

クラウンさんの声と共に、ポンと白い花のブーケが現れる。

クラウン「どうか、これからも私の傍に」

たちまちに、会場中がどよめき始める。

けれど周りを気にしている余裕など今の私にはなく、披露するはずだった演目は中断される。

〇〇「け、結婚って……!?」

慌てふためく私の手の甲にキスを落とし、クラウンさんは再びまっすぐに私を見上げた。

クラウン「美しいウェディングドレスをまとった貴女を見た時から……私はこの筋書きを考えていた。 道化として一番ふさわしい場で、貴女に想いを伝えようと」

(だから……少し雰囲気が違ったのかな?)

クラウン「哀れな道化に……返事を聞かせてくれるかい?」

真剣な眼差しで私を見つめるクラウンさんに、胸が熱くなっていく。

予定にはなかった展開に、会場は大きな歓声に包まれていた。

〇〇「……」

想いを伝えたくても、胸がいっぱいで言葉が出てこない。

クラウン「……困らせてしまったかな」

何も言わず、ただ目を潤ませている私を見て、クラウンさんの表情が少しずつ不安げに変化していく。

〇〇「あ……」

差し出されているブーケを受け取り、私はそれをぎゅっと握りしめた。

〇〇「とっても……嬉しいです」

やっとの思いでその言葉を絞り出すと……

クラウン「〇〇……!」

クラウンさんが柔らかな笑顔を浮かべながら立ち上がり、私を抱きしめた。

クラウン「よかった。とても緊張していたんだよ」

すると、会場が祝福の拍手に包まれる。

〇〇「クラウンさんといると、いつも驚いてばかりです」

幸せな気持ちに包まれながら、私は彼にそう囁いた。

クラウン「すまない。性分なんだ」

困ったように、クラウンさんが眉尻を下げる。

〇〇「でも、すごく楽しいです」

すると、クラウンさんがこの上なく優しい笑みをこぼす。

クラウン「これからもずっと、〇〇の傍にいるよ」

クラウンさんの腕の中で、私は小さく頷く。

彼から伝わる優しい温もりに包まれながら、私は幸せを噛みしめるのだった…-。

おわり。

<<月5話||月SS>>