月最終話 耳元で囁く言葉

中庭で水鏡のことを話していると、フリューさんは突然口を閉ざしてしまう。

続きを聞きたかったけれど、時間はもう残されていなかった。

(婚宴の儀が始まった……)

大きな聖堂の中では、個々の宣誓がすべて聞き取れるわけではないということを知り、フリューさんの順番が近付くにつれて、心配が募っていく。

(フリューさん……頑張って)

心の中で応援をしていると、フリューさんの宣誓が始まった。

しかし、私の心配をよそに、フリューさんは私の心配をよそに、フリューさんは堂々と声を上げて、皆の注目を集めている。

(すごい……フリューさん)

ドキドキ騒ぐ胸を押さえながらフリューさんを見つめていた。その時…―。

神官の脇にある水鏡が、キラリと光った気がした。

(え……今のは?)

周りを見渡すと、その光に気付いた人は誰もいないようで、皆は別の方向を見ていた。

(光ってた……よね)

宣誓が終わると、私はすぐにフリューさんの元へ駆け寄り、声をかける。

フリュー「○○さん」

○○「フリューさん! あの……水鏡、光っていましたよね?」

フリュー「きみも、気づいていたんだね……」

○○「あれは一体……」

その時のことを思い出すと、なぜだか胸がドキドキする。

すると突然、フリューさんに体を引き寄せられ、耳元に温かな吐息が触れる。

○○「フリュー……さん……」

フリューさんを近くに感じると、心臓の鼓動が騒ぎ立てて、体を動かすことができない。

しばらくそのままでいると、耳元で囁くような声が聞こえてくる。

フリュー「あれは……近くに僕の運命の人がいるという知らせ……なんだ」

○○「え……」

(フリューさんに、運命の人がいる……?)

頭の中に何度もそのフレーズが浮かび、私の心はひどく動揺する。

(どうして……胸がこんなにざわめいて……)

私の心が激しく揺さぶられていることなど知らないフリューさんは、さらに言葉を続ける。

フリュー「きみと……水鏡の前に……立つのは」

そう言いかけて、フリューさんは再び口を閉ざした。

フリュー「……僕は、怖いんだ」

○○「怖い?」

フリュー「水鏡に……誰が映るのか……」

切ない声が胸に響く。

(フリューさんの、運命の相手……)

胸がひどく締めつけられて、息が苦しくなる。

そんな自分を見られたくなくて、私は顔をうつむかせた。

フリュー「○○さん……?」

○○「フリューさん……見つかるといいですね……運命の相手……」

フリュー「え……?」

○○「……」

込み上げる切ない気持ちをどうすることもできなくて、私はうつむいたまま彼に背を向けた。

その時…―。

フリューさんに腕を掴まれて、私は彼を振り返った。

○○「……っ」

(強い力……)

その力強さに驚いて、私は瞳を瞬かせた。

フリュー「僕は……怖いんだ。運命の相手が、きみじゃなかったらって思うと…―」

(え……)

フリュー
「でも……。 ……運命だろうと……ろうと……ない」

けれどフリューさんの声は、私まで届かない。

○○「フリューさん……? 聞こえないです」

フリュー「……」

すると、フリューさんが私の耳元に顔を寄せて……

 

フリュー「僕は、きみが好きです」

○○「!!」

『好き』……その言葉が、私の心にゆっくりと染み渡っていく。

(……フリューさん)

胸が熱くなって、何も言葉が出てこない。

フリュー「○○さん……きみが、大好きです」

しっかりとその言葉と気持ちが伝わって、私もようやく口を開く。

○○「私も……」

フリュー「聞こえないよ?」

耳に囁かれる、フリューさんの心地よい声……

○○「私も、大好きです」

大きな声で、彼にそう伝える。

幸せがこぼれて、さっきまでの暗い気持ちをすべて洗い流してくれる。

(あなたが……大好き)

フリューさんの優しい温もりを感じながら、心の中で何度もそう伝えたのだった…―。

おわり。

<<月5話||月SS>>