月最終話 永遠の誓い

アルストリアの兵士「アヴィ王子! 裏が取れました!!」

大きな声と共に、兵士が駆け込んできた。

その後ろには、アルストリア・アフロスの両兵士と、アフロスの国王の姿が見える。

アヴィ「そうか!」

アヴィが剣を鞘に戻すと同時に、兵士達が、あっという間に神官とオルガさんを取り囲む。

一歩前に踏み出した兵士の持つ書状には…-。

〇〇「共謀……偽証罪!?」

アフロス王「その者オルガ、及び神官一名、神の名を語り、神聖なる儀を穢すことはまこと許されざる罪。 神の聖霊の御名において、即刻ひっ捕らえよ!」

両兵士「はっ!!」

オルガ「なっ……」

驚愕するオルガさんを一瞥し、アヴィが剣を鞘におさめた。

アヴィ「姑息な真似しやがって……俺はこういうのが、一番許せねえんだよ」

……

こうして、オルガさんと一名の神官が捕えられ、その場は収まった。

慌ただしく兵士達がアフロスの城へと向かっていき、私とアヴィは、祭壇にそのまま残された。

〇〇「アヴィ……」

戸惑いがちに名を呼び近づくと、彼は私を振り返った。

その顔に、悔しげな笑みが浮かぶ。

アヴィ「悪いな。ちょっと時間かかっちまって……」

〇〇「ううん……」

返された言葉に大きく首を振る。

それまでずっと耐えていた反動か、涙が再びあふれそうになる。

アヴィ「……そんな顔すんなよ、ちゃんと約束しただろ?」

〇〇「約束……」

―――――

アヴィ『――約束する、俺を信じろ、〇〇』

―――――

(あの時の……)

暗い庭先で、アヴィが見せた臣下の礼を思い出す。

アヴィ「これ……」

祭壇近くに投げ捨てられたブーケを目に入れ、アヴィがおもむろに胸元から一本の花を取り出した。

アヴィ「祭壇の裏に咲いてたんだ……綺麗だろ」

〇〇「この花は……」

差し出された淡い青紫色の花を受け取る。

その可憐な花は、どこかで見た記憶がある。

アヴィ「……似てるなって思ったんだ、俺の国で咲いていた花に」

〇〇「アヴィ……」

大切なもののように優しく花を握りしめ、アヴィに寄り添う。

そっと、大きな手が私を抱き寄せてくれる。

アヴィ「だから、そんな顔すんな。お前が泣くと困るんだよ……」

〇〇「……うん」

目頭が熱くなり、胸に柔らかなものがあふれ出す。

私の肩を抱くアヴィの手は力強くて、どこまでも優しかった…-。

……

彼の腕に抱かれたまま…-。

気づくと、いつの間にか祭壇のステンドグラスから夕陽が差し込んでいた。

アヴィ「……落ち着いたか?」

〇〇「うん。本当にありがとう」

アヴィ「だいたい結婚とか、お前が軽々しく運命の人探しなんか受け入れるから……」

〇〇「私だって、もう何がなんだか……」

不満を口に乗せるアヴィに、しどろもどろに答える。

すると一瞬、間があって、彼は静かにつぶやいた。

アヴィ「お前が、あいつといると考えただけで、ずっと気が狂いそうだった」

〇〇「アヴィ?」

そっと、彼の手が私の頬に添えられる。

アヴィの青紫色の瞳が、私を見て静かに揺れていた。

〇〇「……」

胸を叩く鼓動が、速さを増していく……

そして…―。

〇〇「あ……」

彼の少し厚い唇が、私の唇を塞いでいた。

キスは熱く、情熱的に……

もう誰にも渡すまいと言うように、独占的に……

〇〇「ん……っ」

口づけは永遠のように長いときを渡り、やがて静かに離れていった。

アヴィ「覚えとけ。お前のことを一生守るのは、俺だ。 他の誰でもない」

魂が揺れるような強さで告げられた言葉が胸に染み渡る。

(あ……)

アヴィの言葉に呼応するかのように、祭壇の水鏡から神秘的な光がこぼれ出す。

〇〇「アヴィ……」

その輝きの中、アヴィは私の前で膝を折った。

そして剥き身の剣の切っ先を自身へ向け、あの夜、私に見せてくれた臣下の礼を取った。

アヴィ「この魂にかけて誓う、俺はお前をこの先も守り通す。 ……お前の返事は?」

〇〇「はい……あなたの忠義を受け取ります」

彼より受け取った剣の柄にキスを落とし、再び彼の手に返す。

するとアヴィは満足そうに微笑み、もう一度、私の唇にキスを落とした。

それはしめやかで厳かな約束のキス。

神をも恐れぬ力強き彼との、永遠を誓うキスだった…-。

おわり。

<<月7話