月SS 奪われた心

急遽参加を決めた夜会で、突然やってきた運命の出会い…-。

僕の心は、まるで春が訪れたように浮かれていた。

(とびきり華やかなドレスを用意しなければ……)

(結婚式は来月だ。準備を急がなくては……)

きたる〇〇との結婚式に向けて、僕はカリムと話を詰めていく。

すると……

〇〇「アザリーさん。あの……」

少し遠慮がちに、彼女の口が開いた。

(む? シンプルなドレスの方が好みだったかな?)

僕は〇〇の意見を聞こうと、彼女の方へと向き直る。

しかし……

〇〇「さっきのプロポーズの件ですけど……やっぱり、ちょっと唐突過ぎるというか……」

(なんだって?)

(まさか……この僕にプロポーズされて、ためらっている?)

彼女は申し訳なさそうな顔で僕を見ている。

(……ああ、そうか! わかったぞ)

(僕としたことが、少し配慮が足りなかったようだな)

アザリー「大丈夫だ」

僕は安心させるように、〇〇の手を握った。

アザリー「いきなり王族になるのは不安かもしれないが、安心しろ。うちの国はいい国だぞ」

自然と、握った手に力が入ってしまう。

(どうやら、嬉しさで言葉も出ないようだな)

(その姿も、本当に綺麗だ……)

無言でうつむく彼女を見つめながら僕は運命の出会いに感謝した。

アザリー「今日のパーティは、僕達を引き合わせるために開かれたんだな……」

(きっと国の者達も、君を連れ帰ったら大喜びすることだろう)

僕は静かに、溢れんばかりの幸せを噛みしめる。

(……君も、僕と同じ気持ちのようだな)

黙ったままうつむいている〇〇の手を取り、その甲にそっと唇を寄せた。

〇〇「……! あ、あの…―」

(この手も、透き通るような瞳も、桃色に輝く唇も、すべて僕のもの)

(これ以上の幸せが、あるものか……)

僕は再び、例えようもないほどの幸せに酔いしれる。

(……こうしてはいられないな)

アザリー「さあ、そうと決まれば早く帰ろう! いや、ティアラをもらってからの方がいいか」

(コロナが誇るティアラの輝きも、君の美しさには勝てないだろうが……)

(今日という日の記念に持ち帰らせてもらうとしよう)

〇〇「い、いえ、そうじゃなくて、その……!」

(本当に僕はついている!)

(何よりも素晴らしい宝を見つけたぞ!)

アザリー「ああ、今日はなんていい日なんだ! 君に出会えたこの日を、わが国の祝日にしよう!」

カリム「アザリー様、おめでとうございます」

その声に視線をやると、カリムの頬を涙が伝っている。

(カリムにも、長らく心配をかけたな)

(しかし、大丈夫だ。僕は必ず幸せになるぞ)

(やっと巡り会えた運命の人と、必ず……)

僕は〇〇の方へと向き直り、ゆっくりと近づく。

〇〇「え、えっと……アザリーさん?」

彼女が、なぜか一歩後ずさる。

(そうか……きっとこういうことには慣れていないんだな)

(大丈夫だ。男の僕に、すべてを任せてくれ……)

〇〇との距離を、一歩ずつ縮めていく。

そして彼女の背中が壁にぶつかったその時……

〇〇「アザリーさん。そ、その、ちょっと待っ…―」

アザリー「待てない」

僕は彼女を引き寄せ、壁に手をついた。

アザリー「決めたから」

(理屈じゃない)

(この心が、体が、僕のすべてが……君を欲している)

アザリー「……〇〇は、僕のものだって」

 

(だから君のすべてを、僕は奪う…-)

〇〇「……っ」

そっと〇〇の顎に手を伸ばし、想いを込めて優しく口づける。

その瞬間……

(甘い……な。こんな気持ちは初めてだ)

顔をわずかに離して、唇に残る甘さに酔いしれた後……

僕は再び、彼女の吐息を奪う。

(この幸せを知ってしまっては……)

(もう、君なしでは生きていけそうにないな)

顎に添えていた手を彼女の首の後ろへと回し、強く抱きしめる。

(だから君には、責任を取ってもらうとしよう。これから、ずっと……)

(そして約束しよう。僕も、一生をかけて責任を取ると)

アザリー「さあ、帰ろう」

耳元でそっと囁くと、彼女の体がいじらしく震える。

こうして僕は、光に満ちた二人の未来に思いを馳せながら……

青白い月が見守る中、最愛の彼女と共にサリューシャを目指したのだった…-。

おわり。

<<月最終話