月最終話 もう離さない

フラフを追って、もうどれくらい経っただろう。

狭い路地裏で、やっと足を止めたフラフに追いつき、ぎゅっと抱きしめた。

〇〇「フラフ。どうしたの?もう帰ろう?アヴィがきっと心配してるよ」

その時…―。

??「おやあ、可愛いお嬢さんがこんな夜中に、一人でどうしたんだい?」

その声に振り返ると、鎧を着た男性が三人、私を取り囲んでいた。

鎧の男1「ちょうどいいや、俺達の相手、してくれよ」

鎧の男2「騎士になりたくてアルストリアに来たけどよ、噂以上に稽古が厳しくてさ」

彼らは顔を赤らめていた。

(酔っ払い……?どうしよう)

鎧の男3「なあ、いいだろ?」

〇〇「やめて下さいっ!」

腕を掴まれ、力いっぱいそれを振り払うと……

バランスを崩した男性が、その場に倒れてしまった。

鎧の男2「てめぇ……」

男性が、剣を鞘から抜く。

〇〇「……!」

鎧の男2「女の分際で、生意気なんだよ!」

剣が頭上に振り上げられて……

フラフだけでも守ろうと、ぎゅっと抱きしめた時。

月夜に、赤い髪が煌めいた。

アヴィ「こいつに触れるな!」

私達の前にアヴィが躍り出て、刃を剣で弾き返した。

激しい金属音が闇夜に響く。

鎧の男1「……アヴィ王子!?」

アヴィ「お前ら……他国から来た騎士志望のやつらか。 酒に飲まれた上に、女に手を上げるとは……。 今すぐこの国を去れ! 二度とアルストリアの土を踏むんじゃねえ」

アヴィが剣を、男達に向かって突き付ける。

鎧の男2「くそっ……」

鎧の男3「よせ!かなうわけねえ!!」

男性達は、おぼつかない足取りでその場から去って行った。

〇〇「アヴィ……」

アヴィ「〇〇……怪我はないか」

〇〇「うん、ありがとう」

アヴィ「……」

すると突然、アヴィが私の肩を抱き寄せる。

〇〇「アヴィ……?」

きつく彼の腕に抱きすくめられ、胸がいっぱいになった。

アヴィ「……どうして勝手に出て行く」

〇〇「ごめんなさい。フラフが出て行くのが見えて、心配で」

アヴィ「また、俺のせいじゃないかって」

〇〇「アヴィ?アヴィは、悪くなんかないよ」

そっと、抱擁が解かれる。

月夜に浮かんだアヴィの顔は、優しく儚げで、そして美しくて、息が詰まりそうだった。

アヴィ「お前に、ちゃんと話したいことがあるんだ」

決意をしたように言われて、私達は二人で城へ戻った。

無事にアヴィと城へと戻った後…―。

アヴィ「昼間は……悪かった」

〇〇「謝るのは私のほうだよ。触れられたくなかったんだよね……ごめんなさい」

アヴィ「いや……」

〇〇「謝りたかったから。きちんと話ができて嬉しい」

アヴィ「俺もだ」

〇〇「さっきは助けてくれてありがとう。あのままだと、どうなっていたか……」

アヴィ「間に合って良かった」

それから、ほんの少し沈黙が続いた後。

アヴィ「……俺、小さい頃は体が弱くて」

アヴィは、静かに語り始めた。

アヴィ「高熱を出して苦しんでた時、母上が俺の好きだったあの花を摘みに行ったんだ。 母上は無鉄砲で優しい人だった。いてもたってもいられなかったんだろう。供もつけずに、夜中に……」

そこで、アヴィは言葉を詰まらせた。

アヴィ「城から少し離れた花畑で……獣に襲われて、死んだ。 俺に届けられたのは……母上が俺のために摘んでくれていた、枯れ果てた花だった」

(そんなことが……)

アヴィ「あの絵の犬はフラフの母親なんだ。 母上によく懐いてた。あの日も母上と一緒に花畑に行って……。 だから、フラフを見ると辛い。あいつの母親も、俺のせいでと思うと……」

〇〇「アヴィ……」

重ねられた手が小さく震えている。

私はそっと彼の手をにぎりしめた。

アヴィ「もう自分のせいで大切なものを失いたくなくて、強くなりたくて剣を振るい続けてきた。 でもやっぱり俺は、あの時の悲しさを……悔しさを、まだ忘れられないんだ」

私の中で、すべてが悲しく繋がって行く。

枯れないように、時間を止めたドライフラワー。

城の近くに咲いていたらというアヴィの想いが込められた、中庭の青紫の花。

触れようとしなかった、死んでしまった犬が遺したフラフ。

そして、見ることを頑なに拒んだあの肖像画……

アヴィ「……俺はもうあんな思いは二度としたくないのに」

今は逞しいアヴィの手が、私の頬に添えられる。

アヴィ「お前のこと、傷つけちまった。 ……なっさけねえ」

胸が苦しくて、どうしようもなく切なくて、涙で視界がにじむ。

けれど……

アヴィ「何で、泣きながら笑ってんだよ」

アヴィが親指で私の涙を拭いながら、眉をひそめた。

〇〇「ごめん。でも、少し嬉しくて」

アヴィ「嬉しいって、お前…―」

〇〇「アヴィの、心を見れて。 私もあの後、アヴィのことが気になってばかりだった」

アヴィ「〇〇……」

〇〇「アヴィの辛そうな顔が、頭から離れなかった。 どうしたら、アヴィは笑ってくれるんだろうって……」

アヴィは少し顔を赤くして、何か考えるように、じっと私の顔を見つめた。

アヴィ「……なら」

アヴィの瞳が、真っ直ぐに私を射抜いたと思ったら…―。

不意に、責め立てるように、アヴィが私を壁に押しつけた。

〇〇「ア、アヴィ!?」

アヴィは真っ直ぐに私を見つめたまま、目を逸らそうとしない。

アヴィ「なら……何があっても、お前は俺が守ってやるよ。 だから、お前は俺の傍にいろ。 ……俺に笑ってて欲しいんだろ?」

〇〇「あ、あの……」

アヴィ「顔、真っ赤」

距離が近くて、あたふたする私にアヴィが悪戯っぽく笑う。

〇〇「だ、だって、アヴィが!」

アヴィ「……俺は本気だよ」

胸の鼓動が、一層激しくなっていく。

アヴィ「質問に答えろよ」

有無を言わさぬ言葉に、私は……

〇〇「……私、アヴィの笑顔が見たい。 傍にいて支えになってあげたい。 だから、アヴィのことがもっと知りたい…」

素直な気持ちを、彼に伝えた。

アヴィ「〇〇……」

すると……

くい、とあごを持ち上げられ、そのまま唇が重なった。

突然の出来事に、大きく鼓動が跳ねて、息が止まる。

アヴィ「絶対に、離さないからな」

力強く抱き寄せられて、私も彼の背中に手を回して抱き締め合った。

お互いの存在を確認し合うように。

そしていつまでも絶対に、離したくないと伝え合うように。

窓の外は、燃えるような朝焼けが訪れていた…―。

<<月5話||月SS>>