月最終話 未来の王

私はアポロを捜して、洞窟を出てずっと走っていた。

(アポロ……いったい、どこへ……)

込み上げる不安を抑えながら、アポロの領へ近づいた時……

○○「これ……は……」

視界に入ったその光景に息を呑んだ。

(アポロが……焼き払った、跡……?)

残炎と共に、灰色の煙がいくつも立ち上がっている。

じりじりと炎がくすぶる、その中心には……

○○「アポロ……!」

アポロが、ぐったりと倒れている姿を見つけた。

駆け寄って、すぐさま抱きしめると……

アポロ「う……うう……」

アポロは、ひどく苦しげにまぶたを震わせた。

○○「アポロ……しっかりして……」

私の声に反応するかのように、ゆっくりと震えるまぶたが開かれる。

○○「アポロ……よかった!」

湧き上がる喜びと安堵を我慢できずに、涙が溢れそうになった。

アポロ「なぜ、来たのだ……」

アポロの瞳が、驚きに見開かれている。

○○「一人で行ってしまうなんて、ひどいです……」

アポロ「王としての努めだ。民と……妃を守らねばならんからな」

浮かべられる不遜な笑みは、すぐに苦しげに歪められてしまう。

○○「少し、場所を移動しましょう。ここは火が近すぎます……」

アポロ「……ああ……」

……

私達は、近くにあった森へと入った。

夜の帳はすっかり下りて、月がどこか哀しげに木々達を照らし出す。

○○「体が……こんなにぼろぼろで……」

アポロに肩を貸して支え、木にもたれかけさせる。

私は、持っていた水を出し、布で湿らせて傷口をぬぐった。

アポロ「うっ……」

○○「ごめんなさい、痛みますか?」

アポロ「ああ。もう良い……」

○○「駄目です。だって、こんな……」

首筋のよごれや汗も強引にぬぐう。

すると……

(胸元の、刺青が……)

そこは目茶苦茶に切りつけられたかのように、ひどい怪我を負っていた。

猛々しく美しい刺青が、もう……ほとんど原型をとどめなくなっていた。

○○「……」

私はその傷を、布でそっと抑え、その上から唇を押し当てた。

アポロ「……どうした」

アポロの手が力なく、私の髪を撫でる。

○○「どうして……こんな無茶を」

アポロ「……皆が俺のことをどう思おうが……俺はこの領の王なのだ。  守らねば……ならぬ」

力強いアポロの言葉が、私の胸を切なくさせる。

(自分を犠牲にしても……皆を守ろうとした……)

迷いのない眼差しは、私が初めてフレアルージュに来た時にアポロの瞳に見た、あの堂々とした、強い輝きと同じものだった。

○○「アポロは……強いですね」

アポロ「当たり前だ……」

○○「強くて凛々しくて……私は、そんなアポロのことが……」

気持ちがいっぱいになって、言葉が勝手に溢れてしまう。

アポロ「……なんだ? 言ってみろ」

弱々しいながらも、いつものように傲慢な口調が私を安心させた。

○○「……好き、です」

満足げに笑みをこぼした後……アポロは静かに息を詰めた。

アポロ「ああ……離れてはならん」

震える手が、私の手に静かに回され、そしてきつく抱きしめられた。

アポロ「死に目に一番会いたいのは、お前だった……」

憔悴しきった顔に、アポロらしくもない優しさが浮かぶ……

(そんなふうに、微笑まないで……)

○○「死に目だなんて言わないでください……アポロらしくないです。 アポロはもっと、堂々と……意地悪そうに、笑っていて欲しいです」

気づくと、そんなことを言ってしまっていた。

アポロ「ふっ……そうか」

○○「アポロが、いないと駄目です……きっとこの国の民も、アポロが王でなければ……」

(きっと、皆にもいつか伝わるはず)

自分を犠牲にしてまで国を守ろうとするアポロが、この国の王にふさわしいということが。

革新を込めて、私はアポロの瞳をまっすぐに見つめた。

○○「だから、生きてください……。 フレアルージュに、戻りましょう」

アポロが、抱きしめる腕の力を緩め、再び木にもたれかかった。

そしてゆっくりと、一つ息を吐いて……

アポロ「ああ、生きよう。我が妃と、そしてこの国の民と共に……」

○○「アポロ……」

疲れ切ったその頬を、そっと両手で包み込む。

確かな体温と、繰り返される温かな呼吸に心から安堵して……

アポロ「……!」

私は、気づくと彼にキスを落としていた。

アポロ「……」

触れ合う唇の熱さに彼の命を感じて、ひとしずく涙がこぼれ落ちる。

すると…―。

アポロ「……泣くな。もう二度と勝手な真似はせん」

ゆっくりと唇が離れた後、アポロが少しばつが悪そうつぶやいた。

○○「本当ですか?」

アポロ「嘘は嫌いだ」

アポロの手が私の首に添えられ、ぐっと引き寄せられる。

そのまま……再び唇が重なり合う。

(生きていてくれて……本当によかった)

涙の味のするキスを交わし、深く深く想いを伝え合って……

そして今一度、愛しい瞳と視線を絡ませ合う。

アポロ「愛している、○○……」

アポロの熱い感情そのままぶつけられた言葉に、涙がこぼれ落ち続けてしまう。

(アポロ……)

炎のように熱い彼の想いを受けとめながら、そっと瞳を閉じる。

国を守りたいアポロの心……それが炎となり、すべてを守った。

まぶたの裏に見えるのは、アポロがいつかフレアルージュの王として立つその日のことだった…ー。

<<月9話