月最終話 傍にいて欲しい

夜空に浮かぶ月を眺めながら、私はアルマリの言葉を思い出していた。

(あの日以来・・・・・・)

――――――――――

アルマリ「君といると、すごく胸が苦しくなって・・・・・・。 あの力が消えたのも、そう感じるようになってからなんだ・・・・・・」

――――――――――

私はアルマリに避けられてしまっている気がした。

(このままここにいると、アルマリを困らせてしまうよね・・・・・・)

(明日、ここを出よう)

夜空に浮かぶ月は、分厚い雲に隠れてしまった。

それはまるで、私の心を表しているかのように思えた・・・―。

翌日・・・―。

城の人達にお世話になったお礼を言い、アルマリには会うことなく城を出た。

街に着いて、賑わう露店に目をやると・・・―。

(あの宝石・・・・・・)

きらきらと輝く、蒼色の宝石を見つける。

その、清く蒼い輝きは、私にアルマリのことを思い出させた。

(最初は距離感が近くて驚いたけど・・・・・・)

○○「・・・・・・」

アルマリとの思い出が、次々と蘇ってくる。

(さびしいな・・・・・・)

(やっぱり、アルマリに挨拶をしてから帰ろう・・・・・・)

露店の宝石を手に取り、一つ買おうとしたとき・・・・・・

アルマリ「○○・・・・・・!」

声のする方に振り返ると、肩で息をしているアルマリの姿があった。

○○「アルマリ・・・・・・? どうしたの、ひとりでこんな所で・・・・・・!」

アルマリ「ごめん・・・・・・行かないで。 僕は・・・・・・」

アルマリは言葉を詰まらせると、うつむいてしまった。

(・・・・・・どうしたのかな?)

彼はしばらくすると顔を上げ、やがてためらいながらも唇を開く。

アルマリ「なんで君といると胸が苦しくなったのか、わかったんだ。 ○○のことが・・・・・・」

(アルマリ・・・・・・)

それまで逸らしていた瞳に、私の姿がしっかりと映し出されていた。

彼の蒼い瞳に真っ直ぐ見つめられ、身動きがとれなくなってしまう。

アルマリ「○○のことが、好きなんだ」

その瞬間・・・―。

○○「・・・・・・!」

アルマリの胸にある宝石と、露店に並んでいる宝石が一斉に輝き始めた。

(どうして・・・・・・!?)

(でも、なんて綺麗・・・・・・)

アルマリ「あ・・・・・・」

しばらくその輝きに見とれていると、アルマリが口を開いた。

アルマリ「そうか・・・・・・」

○○「アルマリ・・・・・・?」

アルマリが、何かを悟ったかのような顔つきになる。

アルマリ「この宝石に込められている意味・・・・・・知ってる?」

○○「ううん」

アルマリ「この宝石にはね、”勇敢”って意味が込められてるんだ」

少し気恥ずかしそうに、彼が笑う。

アルマリ「僕は・・・・・・トルマリからも離れられなくて。 ○○への気持ちにも、気づくことができなくて。 一緒にいたいと思うのに、遠ざけてしまうような臆病者だから・・・・・・。 だから・・・・・・きっと、宝石が光らなかったのかもしれないね・・・・・・」

アルマリは小さくため息を吐くと、ふっと目を伏せた。

アルマリ「トルマリがいたら、怒られちゃうね・・・・・・”しっかりしなさいよ”って」

○○「でも、今はこんなに光が溢れてる・・・・・・」

彼の胸元の宝石はずっと、優しい光を放っている・・・―。

○○「アルマリが、勇気を出したから・・・・・・」

アルマリ「○○・・・・・・」

アルマリは、私の頬にそっと触れて優しく撫でた。

アルマリ「黙って出て行かないで・・・・・・僕と一緒にいて欲しいんだ」

○○「・・・・・・うん」

アルマリ「僕、○○にとって、勇敢な男でいられたらいいな・・・・・・」

アルマリは恥ずかしそうにそう言うと、私の手をぎゅっと握りしめた。

アルマリ「君が・・・・・・好きだよ」

蒼の瞳が、真っ直ぐに私を見つめている。

(アルマリ・・・・・・)

○○「ありがとう・・・・・・」

(すごく、嬉しい・・・・・・)

胸に、愛おしい気持ちがあふれてきて・・・―。

○○「・・・・・・アルマリ」

アルマリの頬に、キスを落とした。

アルマリ「○○・・・・・・!」

○○「私・・・・・・! 何を・・・・・・!」

集まった聴衆が私達をはやしたて、頬が急速に熱を持っていく。

アルマリは一瞬驚いたような顔をしたけれど・・・・・・

アルマリ「ありがとう」

私の髪を撫でて、ぎゅっと抱きしめてくれた。

(アルマリ・・・・・・)

ひときわ大きくなる歓声に、二人で頬を染めるけれど、アルマリは私を離そうとしなかった。

高く登っていた陽が、いつのまにか沈みかかっている。

それでも、彼の胸に光る宝石が、私を優しく照らしてくれた・・・―。

おわり。

<<月7話