月7話 月明かりと涙

式典を終え、城に戻ると・・・―。

アルマリは部屋の隅でうなだれ、ため息ばかりを吐いている。

心配で一緒にいるものの、かける言葉が見つからない。

(アルマリ、落ち込んでる・・・・・・)

アルマリ「どうして・・・・・・こんなことに・・・・・・」

○○「アルマリ・・・・・・大丈夫?」

アルマリ「・・・・・!」

私が近づこうとすると、アルマリは避ける様に遠ざかっていく。

(えっ・・・・・・)

アルマリ「ごめん、○○・・・・・・今、君と居るとなんだか苦しいんだ」

○○「アルマリ・・・・・・?」

アルマリ「ひとりにしてくれないかな」

彼は私の目を見ようともしなかった。

○○「・・・・・・う、うん」

胸に痛みを覚えながら、私はアルマリの部屋を後にした。

月明かりの下・・・―。

私は、アルマリの言葉を思い出していた。

――――――――――

アルマリ「ごめん、○○・・・・・・今、君と居るとなんだか苦しいんだ」

――――――――――

(私・・・・・・アルマリに何かしちゃったのかな・・・・・・?)

寂しい気持ちを抱えながら、中庭のベンチで顔をうつむかせていると・・・―。

アルマリ「○○? どうしたの、遅くにこんなところで・・・・・・!」

○○「アルマリ・・・・・・!」

私に気づいたアルマリが、駆け寄って来るけれど・・・―。

アルマリ「・・・・・・!」

はっとした表情になり、私から少し離れたところで立ち止まってしまった。

アルマリ「風邪、引くよ・・・・・・?」

○○「アルマリ・・・・・・」

ベンチから立ち上がり、アルマリに近づく。

アルマリは私を避けることはしなかったけれど、顔を強張らせて立ちすくんでいた。

(どうしたのかな・・・・・・?)

○○「アルマリ・・・・・・どうしたの? 私、何かしちゃったかな?」

アルマリ「ち、違う・・・・・・自分でも、よくわからないんだ、 君といると、すごく胸が苦しくなって・・・・・・。 あの力が消えたのも、そう感じるようになってからなんだ・・・・・・」

アルマリは潤んだ瞳を、夜空に向けた。

アルマリ「僕・・・・・・街の皆に悲しい顔をさせちゃった。 トルマリがいなくても・・・・・・ひとりでやらなきゃいけなかったのに・・・・・・」

アルマリの頬に一筋の涙がこぼれ、やがてとめどなく大粒の涙が流れ出す。

○○「・・・・・・アルマリ」

涙を拭ってあげたいと思って、手を伸ばそうとするけれど・・・・・・

(また、アルマリを困らせてしまうかもしれない・・・・・・)

伸ばしかけたその手を止め、ぎゅっと自分の手のひらを握りしめた。

アルマリ「どう・・・・・・して・・・・・・」

月明かりが、彼の涙を優しく照らす。

私はその涙が止まるまでずっと、傍にいることしかできなかった・・・―。

<<月6話||月最終話>>