月6話 彼の力

アルマリが意を決して、宝石に手をかざす。

(あっ・・・・・・)

しかし・・・―。

アルマリ「・・・・・・っ」

アルマリがいくら手をかざしても、宝石は光を灯さなかった。

(アルマリ・・・・・・)

国民「一体、どうしたんだ・・・・・・? ・・・・・・宝石は光らないの?」

聴衆のざわめきが、大きくなっていく。

アルマリ「・・・・・・」

国王「アルマリ、どうした?」

アルマリ「あの・・・・・・僕・・・・・・」

アルマリの表情はみるみるうちに青ざめていって・・・―。

(このままだと、アルマリが・・・・・・)

気づくと、私はアルマリの傍へと駆け寄ってしまっていた。

○○「国王様、アルマリ様の体調がすぐれない様子です・・・・・・!」

国王「・・・・・・アルマリ、そうなら早く言いなさい」

アルマリ「・・・・・・申し訳ありません」

国王様がアルマリの代わりに宝石に手をかざすと、台の上にある宝石がまぶしい程の光を放ち始めた。

アルマリ「どうして・・・・・・」

アルマリは自分の手を見つめていたが、やがて悔しそうにきつく拳を握りしめた。

(アルマリ・・・・・・すごく落ち込んでる・・・・・・)

彼が握りしめている手を、私は両手で覆う。

彼の拳が、痛いくらいに震えていた・・・―。

<<太陽SS||月7話>>