月最終話 どんなあなたでも

最後の試合が始まり、アインツさんが剣を構えた。

○○「アインツさん! 頑張ってください!」

アインツ「○○!」

私の声が届いたのか……

アインツ「ここで見せなくてどうするんだよ! 見せてみろオレの実力を!」

そう大きな声で叫んで、アインツさんは腕をふりあげた。

……

競技会が終わり、城に戻るころには空に星が輝いていた。

(アインツさん、大丈夫かな……)

城に戻ると、アインツさんは言葉もなく部屋へと戻ってしまった。

彼の部屋の前まで来て、そっとノックをしてみる。

○○「アインツさん……」

アインツ「来るな。オマエに合わせる顔がない」

○○「そんな事ないです。アインツさん頑張ったじゃないですか」

アインツ「……」

アインツさんの部屋のドアが静かに開いて、彼が顔を出す。

○○「入ってもいいですか?」

アインツ「ああ……」

部屋へ入ると、アインツさんはがっくりと肩を落としてソファに腰かけた。

アインツ「……オレは最後までオマエにカッコイイ姿を見せられなかった。 あんなに応援してくれたのに」

○○「アインツさん……」

うなだれたアインツさんのそばに寄って、顔を覗きこんだ。

○○「かっこよかったですよ。一生懸命に頑張るアインツさん。 私は、頑張る人が好きです……」

アインツ「……好き? オレだってオマエが好きだ! でもオマエの好きとは違う! オマエの好きは友達としてだろ? オレの好きはもっと大きくて……もっと深くて……。 つまりラブっていう意味だ!」

ソファから勢いよく立ち上がり、アインツさんが私を見つめた。

○○「ラ、ラブ……?」

アインツ「オレはオマエのことが、本気で好きなんだ」

真剣な眼差しが、私を射抜いた。

アインツ「だから、カッコイイとこを見せたかったのに、なんか上手く行かなくて……!」

(アインツさんが、私のことを……?)

(じゃ、じゃあ……)

ーーーーー

○○「もうすぐですね」

アインツ「そうだな、もうすぐだ!」

○○「練習の成果が発揮できるといいですね!」

アインツ「そうだな! 発揮できるといいな!」

○○「……優勝目指して頑張ってくださいね」

アインツ「そうだな! 頑張ってくださる!」

ーーーーー

○○「も、もしかして緊張してたのは、私のせいで……?」

アインツ「ち、違う! 断じて違う!」

アインツさんが慌てて、私の肩を掴んだ。

彼の耳飾りが、小さく揺れる。

アインツ「オマエのせいじゃない。オレが弱かったんだ……」

(アインツさん……)

真っ赤になって恥ずかしそうに目を伏せる彼に、胸に温かい気持ちがこみ上げる。

(……私も、アインツさんのことしか、見てなかった)

(勝って欲しくて、笑顔が見たいって思って……)

(私……)

自分の中の気持ちに、あてがう言葉を見つける。

○○「……私もです」

アインツ「え?」

○○「私も……アインツさんと同じ意味で好きなんです。 その……ラ、ラブ……?」

アインツ「○○……。 ほ、ほ、本当か!?」

○○「はい……」

アインツ「オレを……こんなオレをか!?」

○○「はい」

きっぱりと答えると、アインツさんが嬉しそうな笑みを浮かべて……

○○「……!!」

彼の腕が、私を力強く抱き寄せた。

○○「ア、アインツさん……」

アインツさんの瞳に、赤い顔をした私が映し出される。

だんだんと、その瞳が近づいてきて……

○○「…………」

アインツ「…………」

(あ……あれ……?)

静かに目を開けると、唇が触れる直前の距離で、アインツさんは険しい顔をしている。

アインツ「だ……ダメだ! オレはどこまでかっこ悪いんだ!!」

○○「ア……アインツさん?」

アインツ「本当はかっこよく勝って、オマエに告白するつもりだったのに! 今だってそうだ! 愚痴を言った挙句にこんな形で告白!? 自分の馬鹿さ加減に飽きれる!」

首を横に振り、アインツさんが私から手を離した。

○○「アインツさん……っ」

思わずその手を掴み直してしまう。

○○「そんなことないです……。 どんなアインツさんでも、かっこいいですよ」

アインツ「○○……」

アインツさんに再び腰を引き寄せられる。

アインツ「……どんなオレでもカッコイイのか?」

○○「え……」

熱を帯びた瞳が、私を見下ろしている。

○○「アインツさん……」

アインツ「オレは今、きっと世界で一番カッコ悪い男だ! 競技には負け、勢いで告白し、好きな女に自分のことを慰めさせてしまっている! そんなオレでも、本当にいいのか!?」

○○「……はい」

にっこりと笑って返事をすると……

私の唇に、遠慮がちに彼の柔らかい唇が触れた。

アインツ「好きだ……○○!」

○○「アインツさ……んっ」

肩をぎゅっと掴まれて、今度は激しく口づけられる。

アインツさんの腕に触れながら……

どうしようもなく不器用で優しいこの人のそばで、これからも笑っていたいと思った…―。

<<月5話