第3話 雛鳥のように

まるで雛鳥のように私に懐いてくるカノトさんと話をしていると……

従者「お話中に失礼いたします。よろしければぜひ、九曜の街を見ていかれては」

カノト「そう! 僕、案内する」

(えっ、お城から出たことないって……)

〇〇「カノトさん、外に出て大丈夫なんですか?」

カノト「大丈夫。きみがくるまでに、街のこと、学んだ」

従者さんは心配そうにカノトさんを見つめた後、そっと彼に地図を渡した。

カノト「地図もらった……大丈夫。 きみが喜ぶ顔、見たくて」

カノトさんが、得意そうに地図をぎゅっと握りしめる。

(私のために……勉強してくれたんだ)

〇〇「じゃあ、どこに行きましょうか?」

カノトさんの気持ちが嬉しくて、私の声も自然と弾み出した。

カノト「最初に出会った森。とても綺麗だった、あそこ行こう」

カノトさんが、とても嬉しそうに提案してくれる。

私は…-。

〇〇「いいですね。よろしくお願いします」

カノト「僕、案内、がんばる」

決意に満ちた表情に口元が自然と綻んでしまう。

早速、城から出ると活気に溢れた街に目を見張った。

瓦屋根の並ぶ趣のある美しい街並みに、行き交う人々は生き生きとした表情をしている。

(街全体が熱を持ってるみたい……)

ふとカノトさんを見ると、道に迷ったのか、辺りをきょろきょろ見回している。

カノト「あれ? こっち? あっち? どっち?」

周りの景色と地図と見比べては、困ったように眉をひそめる。

(もしかすると、地図を見てもわからないのかも……)

〇〇「カノトさん、私も地図を見てもいいですか?」

カノト「うん! いいよ。はい」

〇〇「ありがとう。さっそく森に向かいましょうか……まるで探検みたいですね」

カノト「探検! 楽しそう。行こう」

先ほどまでの困り果てた表情から一変、はつらつとした表情に変わる。

(くるくる表情が変わって、可愛いな)

そんなことを思いながら地図を広げ、慎重に現在地と目的地を確認する。

(ここが森だから、左の道……?)

歩き始めると、カノトさんは私の後ろをついてきた。

カノト「こっち、なんだね」

〇〇「えっと……」

私が立ち止まると、同じようにカノトさんもぴたりと足を止める。

(可愛い……まるで親鶏の後を追いかけるひよこみたい)

微笑ましい気持ちになって、私達は道を進んでいった…-。

……

しばらく歩いたところで、急に木枯らしが吹きつけてきて、寒さに震えた。

しかも……

(あっ!)

強い風でスカートが翻って、慌てて抑えると……

カノト「それ、寒い?」

興味深そうな顔でカノトさんが聞いてくる。

〇〇「! だ、大丈夫ですよ」

カノト「ふーん。でも、ひらひらしてる。この下に何か履いてる?」

カノトさんはスカートに興味津々なのか、てらいもなく裾を持ってめくろうとした。

〇〇「……っ!」

私は、慌ててカノトさんの手を抑えた。

カノト「……?」

きょとんと私を見つめる瞳は、どこまでも無垢で……

〇〇「めくっちゃいけないもの……なんですよ」

なるべく柔らかな口調で、私は彼にそう言った。

カノト「あ、ごめんなさい……また、やっちゃった?」

カノトさんはすぐに手を離して、首を傾げる。

カノト「僕、世間知らず?」

〇〇「え……?」

カノト「ヒノト兄とカノエ兄、僕をそう呼んだ。 大事に育てられた結果……って言ってた。そうなの?悪い子?」

〇〇「大事に育てていただいたなら、悪くはないです……」

カノト「嘘、じゃない?」

〇〇「はい。世間のことは、これからいろいろと学んでいけばいいんですよ」

カノト「僕、もっといろいろ知りたい。知れば、もっといい子になれる? きみを困らせること、したくない」

〇〇「……!」

真っ直ぐな彼の視線を受け、胸がくすぐられる。

〇〇「これから、たくさん学んでいきましょうね」

カノト「そうだね。そう、する」

息を呑むほど美しい彼の笑顔が向けられ、どきりとした瞬間…-。

〇〇「……っ」

また木枯らしが吹きつけてきて、寒さに震える。

カノト「大変!」

カノトさんが慌てた様子で、私の手を握りしめた。

(……え?)

カノト「こうすれば、寒くない」

白い彼の手は、驚くほどに温かくて……

(何だか胸が、きゅっとする……)

〇〇「……はい」

そして、私達は手を繋いだまま森を目指す冒険を再開する。

カノトさんの手の温もりが、私を木枯らしの寒さから守ってくれているような気がした……-。

<<第2話||第4話>>