第3話 王子の務め

カノエさんが九曜の街を案内してくれると約束してくれた翌日…―。

九曜の街は今日も晴天の下、太陽の光を屋根瓦が弾いてまぶしいくらいに輝いている。

その日差しに何度目か目を細めながら、私はカノエさんが案内する街並みを眺めてまわった。

(さっきからたくさんの人が忙しそうに走りまわってるような……)

カノエ「どうかしたか?」

私が不思議そうに人の動きを見ていると、カノエさんに声をかけられた。

〇〇「活気のある街だなと思って……」

カノエ「ああ、それは祈念の儀の前だからだ」

〇〇「祈念の儀……?」

カノエ「祭りみたいなもんだな」

〇〇「……お祭りがあるんですか?」

カノエ「ああ。今回の祭りからは、申の王族が九曜の神楽殿を1年守っていくことになっているからな。 皆、準備に張り切っているんだ」

〇〇「そういうことだったんですね」

活き活きとした表情で駆けまわる人達の、大きな声があちこちで飛んでいる。

〇〇「賑やかな街ですね」

カノエ「騒々しいくらいだろうが、そこがこの街のいいところだろうな」

〇〇「はい。そう感じます」

(素敵……活気も熱気も溢れてて)

皆の様子に、目を奪われていると…―。

男「危ないぞっ」

突然後ろから怒鳴り声が聞こえ、振り返った。

〇〇「あ…―」

見れば、大きな荷物を抱えた人が私のすぐ後ろまで迫っていた。

カノエ「こっち寄ってろ」

ぶつかりそうになる寸前、カノエさんの腕に腰元を引き寄せられた。

〇〇「……!す、すみません、気づかなくれ……夢中になってしまって」

彼の手が離れた後も、その熱が残ってドキドキしてしまう。

カノエ「気にするな。祭りの準備期間中だからな」

カノエさんはそう言って、何でもないことのように笑ってくれた。

(皆が慕うのもわかるかな……優しくて、頼りがいがあって)

さっきの大荷物の人は、忙しい様子でそのまま角を曲がっていった。

〇〇「あの荷物は何の準備でしょう?」

カノエ「あれは演舞台の用意だな。街の広場で組み立てて、祭りに参加する民達が芸を披露するんだ。 一番大きいのは俺達が踊る大舞台だが、あちこちに小舞台も作るからな」

〇〇「……そうなんですね。あ、じゃあ、あれは何ですか?」

ちょうど目の前を、今度はたくさんの提灯を持って歩く人を見かけて、続けざまに聞いてしまう。

カノエ「あれは道案内用に角々にかける提灯だ。矢印がついているだろう?」

〇〇「あっ、本当ですね」

その後も、私のどんな質問に対しても即座に彼の返事がかえってきて……

〇〇「……全部、頭に入っているんですか?」

カノエ「当然、入っている。王子がここの全てを取り仕切るのがしきたりだからな」

さも当たり前であり、何でもないことのようにカノエさんは答えるけれど、この規模を一人で取り仕切ることに、私は目を丸くした。

カノエ「そんなに驚くことか?」

不思議そうに首を傾げるカノエさんに……

〇〇「尊敬します」

カノエ「そう言ってくれるやつは……多いけど。 王子として当然の務めだから、俺にはピンとこない」

平然としてそう言う彼に、私は尊敬の念を抱いた。

(だから、皆から信頼されてるんだ)

一人で心の中で頷いていた、その時…―。

男「カノエ様、今日もいつもの場所で」

カノエさんと同じような格好をした男性が前から歩いてきて、私達に声をかけた。

カノエ「ああ」

〇〇「……?何かあるんですか?」

カノエ「まあな。別に大したことじゃないが」

〇〇「?」

カノエ「楽しみは取っておくんだろ?」

カノエさんの大きな手が、ごく自然に私の頭の上に乗せられた。

(……何でだろう、ドキドキする)

それ以上は深く聞けなかったけれど……

少し早くなる鼓動を感じて、私はそっと小さく吐息を吐いた…―。

<<第2話||第4話>>