第2話 よい時期に……

カノエさんと城に辿りつくまでの間、たくさんの人達から明るい声をかけられた。

(最初は近寄りがたい雰囲気だなって思ってたけど……皆から慕われてるんだ)

街の人達とやり取りをするカノエさんの様子を見て、私は、硬い表情の向こうにある彼の人柄を思った…―。

木々でできた廊下は、ほのかに檜の匂いが漂っている。

歩くたびに、まるで鶯の鳴き声のような音がした。

(かわいい音……)

その音に心弾ませながら足を進めていくと……

カノエ「さっきは……いきなり奴らに囲まれて怖かっただろ、悪いな」

急に前を歩いていたカノエさんが私の方に向き直って、ばつが悪そうに後頭部を掻く。

〇〇「大丈夫です。むしろ賑やかで楽しいですし……皆さん、いい人達ですね」

笑ってそう返すと、カノエさんは整った眉を少し上げ、驚いたように目を見開いた。

濃い琥珀色の瞳に、私の微笑みが映っている。

カノエ「怖くなかったのか?」

〇〇「はい」

少し驚いた顔をしていたカノエさんが、ふっと頬を綻ばせた。

カノエ「へえ……お前、変わってるって言われるだろう?」

(あ……こんな風に笑うんだ)

初めて見る表情の柔らかさにどきっとして、胸にそっと手を当てる。

カノエ「そうだ。せっかくだから、街を見ていくといい。 それにしても、お前、今年この国に来るなんて運がいいな」

(運がいい……?どういうことなんだろう?)

〇〇「何かあるんですか?」

私が首を傾げると、カノエさんは面白そうに目を細めた。

カノエ「それはまだ言えない。見ればわかることだしな」

〇〇「ドキドキします」

プレゼントを開ける前のような、ドキドキする待ち遠しさを感じて……

〇〇「なんだか楽しみが増えたように思えます」

カノエ「いい考え方だな」

カノエさんが、嬉しそうに目を細めた。

カノエ「明日、街を案内してやるよ。それまであれこれ想像して楽しみにしておくといい」

〇〇「はい。そうします」

カノエ「いいことは、とっておくと喜びが倍増するからな」

〇〇「私も、そう思います」

(早く明日になって欲しい……)

カノエさんの瞳には、力強い光が宿っている。

その表情を見るだけで、胸が期待でいっぱいになっていった…―。

<<第1話||第3話>>