第1話 船への招待

海賊の国・アンキュラ 輝の月…-。

遥か彼方まで続く、美しく澄んだコバルトブルーの海…-。

世界で一番美しい海があるこの地で、眠りから目覚めた王子が、今私に微笑みかけている。

ダグラス「助けてくれてありがとう。俺はダグラス。君は……?」

差し出された手は、私の手をすべて包み込むほどに大きい。

〇〇「……〇〇です」

ダグラス「〇〇……美しい名前だ。よろしく」

がっしりとした体を見上げると、海風にのって、ふわりと銀色に輝く髪が揺れる。

ダグラス「〇〇、君は命の恩人だ。心から礼を言うよ」

〇〇「いえ、そんな……」

ダグラス「いや、言葉だけじゃ俺の気がすまない。そうだ! 俺達の国……船に遊びにこいよ」

〇〇「国……船が、ですか?」

私の表情を見て、ダグラスさんが自慢げに笑みを浮かべる。

ダグラス「そう、なんたって俺は、海賊だからね」

(海賊……?王子様が?)

疑問を抱きつつも、こうして私はダグラスさんの船に招待されたのだった…―。

……

指定された港へやってくると、どこまでも続く青い海が私の目に飛び込んでくる。

(綺麗……)

岸壁まで行って下を覗くと、海の底にあるサンゴ礁に熱帯魚が群がっているのが見える。

(あ、クマノミ! かわいいな)

息を呑むほど綺麗な海と、小さな熱帯魚に心を弾まさせていると、聞き覚えのある声が耳に届く。

ダグラス「待たせたな」

〇〇「ダグラスさん!」

ダグラス「よく来てくれた。出航前にこの港街で資材や食料を買いつけるから、ちょっと街を歩こう?」

とても自然にウインクをするダグラスさんを見ると、頬がほんのりと染まってしまう。

〇〇「は、はい」

しどろもどろに返事をすると、私の手が力強く取られて……

(え! 手……!)

〇〇「あの……!」

ダグラス「ん? どうした?」

〇〇「い、いえ……!」

ダグラス「街で一番おいしいシーフードレストランに〇〇を案内しよう」

満面の笑みを浮かべるダグラスさんの隣で、私は高鳴る胸にそっと手をあてるのだった…-。

第2話>>