月最終話 雨がくれた時間

サキア「あー……雨、降ってきちゃったね……」

二人で、雨が降り出した空を仰ぐ。

サキア「このままだとずぶ濡れになっちゃうから、とりあえず……あの木の下に行こう……」

○○「うん、そうだね」

大きな木の下に、二人で急いで駆け込む。

サキア「ここで少し様子をみようか……しばらくしたら小雨になるかも……だから……」

空を覗き込んでいたサキアが、話しながら私のほうに向き直った。

その直後…ー。

サキア「……!!」

なぜか大慌てで、私から顔を背けた。

サキア「ごっ……ごごご……!」

○○「え?」

(……どうしたんだろう?)

○○「サキア?」

首を傾げながら顔を覗き込もうとすると、彼は私から一歩後ずさった。

サキア「ごっ……ごめん……! 見てない……って言ったら嘘になっちゃうけど……ほんとちょっとしか見てないから……!」

○○「な、何を見てないの?」

サキア「……服がその……」

○○「!!」

ハッとして視線を落とすと、雨で濡れた服がうっすらと透けていた。

(……恥ずかしい……!!)

慌てて両手で肩を抱いて隠すけれど、頬が急激に熱を持っていく。

すると…ー。

サキア「僕の服着てて……少し濡れちゃってるけど、か、隠せるから……」

サキアは、私を見ないように気をつけながら、上着を掛けてくれた。

○○「あ、ありがとう……」

サキア「ん……」

頷いたサキアが、雨でおでこに張り付いた自分の髪を払いのける。

普段は前髪の下に隠れている瞳が露わになる。

(綺麗……)

気付くと彼の横顔に、見惚れてしまっていた。

サキア「……」

髪を伝い落ちた雫が、彼の頬を流れる。

今のやり取りの名残なのか、ほんのり赤く染まった目元が、なんだか色っぽくて……

○○「……」

二人とも黙ったまま、雨の音を聞いているだけの時間がしばらく続いた。

(寒くなってきたな)

冷えた体が小さく震えて、くしゃみが出た。

サキア「寒い……よね……」

○○「大丈夫、気にしないで」

サキア「温めても……いい?」

○○「え…ー」

返事をするより先に、ふわりと彼の腕が私を包み込む。

ひんやりとした感覚が、サキアの熱で温かくなっていく…ー。

サキア「こうしてれば温かいから……。 下心全然ない……って言ったら嘘になっちゃうけど……」

○○「サ、サキア!?」

思わず身をよじると、さらに強く抱きしめられる。

サキア「これ以上何かしたりしないから……だからこのままで……」

○○「……うん」

それからまた、沈黙がやってきた。

聞こえてくるのは、雨の音と大きくなっていく私の心臓の音……

(どうしよう、サキアに聞こえてしまう……)

そう思って、身を固くしていると……

サキア「○○、見て……あっち……」

サキアの嬉しそうな声が、耳元で囁かれた。

サキア「ほら、あの場所……わかる?」

弾んだサキアの声に、指し示す方向へと視線を向けると…ー。

○○「あ……」

うっすらと霧が立ち込める森の中、雲間から零れた光が差し込む一角があった。

○○「あれは……」

サキア「うん……」

無数の紫の花が、光に水滴をきらめかせながら咲き乱れている。

サキア「店員さんから教えてもらった、ジキタリスの群生してる場所……だと思う……。 雨の中で見ると、なんだか幻想的な感じがするね……」

○○「すごい……本当に素敵」

返事をしながら顔を上げると、触れそうなくらい近い距離で、目が合った。

驚いてとっさに引きかけた体を、ぐっと抱き寄せられる。

サキア「まだ、ここにいて……。 ……雨が、止むまで……」

恥ずかしくて返事ができない代わりに、私は黙ったまま頷いた。

(あ……)

顔を埋めた彼の胸からは、少し速い鼓動が聴こえてくる。

(高鳴ってる……サキアも同じように緊張しているの?)

○○「サキア……」

名前を呼ぶと、照れくさそうにサキアが笑う。

サキア「楽しかったね……今日……」

そして、私の額に小さくキスが落とされた。

サキア「ずっと……この時間が続けばいいのに……」

サキアが私の肩に、そっと顔を寄せる。

そんな彼が愛しくて、私もぎゅっと彼を抱きしめ返した。

雨がくれた優しい時間……

その甘い幸せに包まれながら、もう少しだけこの雨が続きますようにと、私は空に希った…ー。

<<月7話