月最終話 優しい雨

しばらく歩くと、二人が十分に雨を凌げそうな岩場に到着した。

アピス「よかった。やっぱり、車に戻るより近かったね」

アピスさんが傘を畳む。

見ると、私がいたのとは反対側だけ、アピスさんはびしょ濡れだった。

〇〇「……! すみません、アピスさん」

アピス「僕のことはいい。それより、君は濡れなかった?」

〇〇「はい。アピスさんが濡れないようにしてくれましたから」

アピス「別に、そういう訳じゃない」

〇〇「これ、使ってください」

カバンからハンカチを取り出し、彼に渡す。

アピス「大丈夫だから」

〇〇「でも、風邪でもひいたら……」

アピス「……じゃあ、拭いて」

〇〇「え?」

アピスさんは、そう言って腰を屈める。

アピス「早く。疲れる」

恥ずかしかったけれど、言われた通りに彼の髪を拭き、頬へと降りた。

(え……?)

触れてみて、驚いた。

彼の頬はとても熱く、覗き込むと、顔もひどく火照っている。

〇〇「アピスさん、熱が……!」

アピス「え? ないよ」

〇〇「でも」

アピス「大丈夫だから」

〇〇「私のせいで濡れたから……! ほら、こんなに熱い」

額に手を当てると、彼が私の手を掴んだ。

アピス「……じゃあ、ちょっとこうしてて」

〇〇「……っ」

アピス「朝からちょっと風邪気味だっただけ。君のせいじゃないよ」

〇〇「え? じゃあ、どうして…-」

アピス「楽しみだったから」

彼が、つぶやくようにそう口にする。

〇〇「え……」

彼は私の手にそっと口付けを落とす。

唇が、手の甲、手首とたどっていき……

ふと顔を上げ、目が合った瞬間、彼は私の首を引き寄せた。

〇〇「アピスさ…―」

キスに塞がれた唇が、震えてしまう…-。

彼の唇は驚くほど熱くて、胸がぎゅっと締め付けられた。

アピス「……風邪、うつしたらごめん」

ふっと微笑んで、彼が私を抱きしめる。

アピス「でも、もうきっと手遅れだから。 雨が止むまで、こうしていよう」

しとしとと雨が降り続いている。

それは、雨が止まなければいいと願う、甘やかな午後のひと時…-。

<<月5話||月SS>>