月SS 我慢、我慢

激しい雨が降り続き、遠くで雷が鈍く光っている…―。

突然の雨から逃れて洞窟へとやって来ると、どっと力が抜けてしまった。

(……体が、重い)

〇〇「これ、使ってください」

雨に濡れた僕に、彼女がハンカチを手渡してくれる。

けれどもそれを受け取るのも億劫なほど、頭にぼんやりと霧がかかっていた。

アピス「大丈夫だから」

〇〇「でも、風邪でもひいたら……」

彼女が心配そうに僕を見つめる。

(そんな顔、するなよ……)

霧がかった頭の奥が熱くなり、彼女に触れたい衝動に駆られた。

(……何だ、これ)

アピス「……じゃあ、拭いて」

何とか誤魔化そうとして、僕はわざと素っ気なく言う。

〇〇「え?」

アピス「早く。疲れる」

彼女の前に屈むと、細い指が、ためらいながらも僕の髪を拭いてくれた。

(指、冷たい……気持ちいいな)

思わずその手を引き寄せようとした時……

〇〇「アピスさん、熱が……!」

彼女が小さな叫び声を上げた。

アピス「え? ないよ」

(何をしようとしてたんだ、僕は……)

〇〇「でも」

アピス「大丈夫だから」

(だから、それ以上近づくな)

(今、自分を抑える自信がない……)

〇〇「私のせいで濡れたから……!」

(そんなことは、いいから)

〇〇「ほら、こんなに熱い」

アピス「!」

彼女の手が、僕の額に触れる。

(……落ち着け)

思わずその手を掴み、深く深呼吸をした。

アピス「……じゃあ、ちょっとこうしてて」

(そうでもしないと、抱き寄せてしまいそうだ)

彼女の頬が染まっていき、僕はますます自分を抑えるのに苦心する。

アピス「朝からちょっと風邪気味だっただけ。君のせいじゃないよ」

(そう、熱はね)

(でも……)

〇〇「え?じゃあ、どうして…―」

アピス「楽しみだったから」

〇〇「え……」

驚いたようにそう言って、彼女は僕の瞳を覗き込んだ。

(煽るな……そんな顔をして)

僕は、どうしようもなく彼女の手に口づけを落とす。

(止めるなら、早く止めろ)

唇が、手の甲、手首を辿るに任せていると……

彼女は逃げるどころか何かを堪えるような表情を浮かべた。

(もう、知らないからな)

彼女と目が合った瞬間……

〇〇「アピスさ…-」

僕は彼女の首の後ろを引き寄せ、唇を奪う。

(〇〇……)

熱に浮かされた頭は止めることを知らず、ただ彼女の唇の感触に浸った。

アピス「……風邪、うつしたらごめん」

どうにか彼女に呼吸を許し、僕は掠れた声で囁く。

ぼんやりとした瞳で僕を見つめる彼女が愛おしく、その華奢な体を抱きしめた。

アピス「でも、もうきっと手遅れだから。雨が止むまで、こうしていよう」

(……でも、いつまでこれだけで耐えてられるかな)

(自信、ない……)

体がどこまでも熱くなっていき、その熱が思考を奪っていく。

(これ、僕、まずいんじゃないのかな)

〇〇「アピスさん?」

アピス「……うん」

そっと彼女の耳に口づけると、細い方がピクリと跳ねる。

(だめだ、もう、抑えられない……)

そのままキスで首筋を辿ろうとした時……

〇〇「アピスさん!」

彼女が大きな声を上げ、僕の肩を掴んだ。

〇〇「大変! 熱がどんどん上がっているみたい」

アピス「え……」

(今、それ?)

〇〇「どうしよう……」

彼女は泣きそうな顔をして、オロオロと周りを見回した。

〇〇「そうだ!」

彼女は雨の降る表へと向かい、何かをしている。

(何を……)

戻って来た時には雨に濡れたハンカチを手にしていて、おもむろに洞窟の床に腰を下ろした。

〇〇「アピスさん、どうぞ」

すごい勢いで彼女に腕を引っ張られ、膝に頭を乗せさせられる。

さらに額に濡れたハンカチを当てられて、僕はまばたきを繰り返した。

アピス「……これ、何してるの?」

〇〇「熱がこれ以上上がったら大変ですから……!少し、こうしていてください」

アピス「いい」

(膝枕なんてされたら、ただでさえ理性きかないのに……)

〇〇「よくありません! じっとしていてください」

彼女の真剣な声に押され、僕はそれ以上何も言えなくなってしまった。

〇〇「寒くないですか? きっと通り雨ですから……止んだらすぐにお城に帰りましょう」

彼女のひんやりと優しい手が僕の頬に触れ、次に首筋を冷やしてくれる。

〇〇「それまで、我慢してくださいね」

(我慢……)

僕は小さくため息を吐く。

(我慢、か……)

雨は相変わらず激しく地面を叩いている。

止んで欲しいような、降り続いて欲しいような……そんな、雨降りの昼下がりだった…-。

<<月最終話