第1話 街が色づく頃

時の国・フォーラント 宙の月…―。

鮮やかな紅葉が、優しい日差しに縁取られる、ある昼下がり…―。

アインツさんに招待されて、私はフォーラントを訪れていた。

(賑やかな街……)

活気にあふれた街並を眺めながら歩いていると、街のいたるところに貼られたポスターが目に入ってくる。

(何だろう)

立ち止まり、ポスターを眺める。

○○「競技会?」

その時…―。

??「待ってたぞ○○!」

後ろから明るい声が響いた。

振り向くと、アインツさんの輝く笑顔がそこにあった。

○○「アインツさん?」

アインツ「よく来たな! ん? 何を見て……」

私が見ていたポスターをジッと見つめると、アインツさんは陽がさしたように明るく笑った。

アインツ「ああ! 競技会か!」

○○「はい。楽しそうだなと思って」

アインツ「楽しいと思うぞ! 国の一大イベントだからな! 剣だったり、馬だったり、まあ何でもありのお祭りだ!」

○○「お祭り……。 アインツさんも出場するんですか?」

アインツ「オレ?」

私を見つめたまま、アインツさんが何度も瞬きしている。

(変な質問をしてしまったのかな……)

アインツ「仕方ない……」

○○「え……?」

アインツ「出る予定はなかったが、オマエがそこまで言うなら出ないわけにはいかないだろ!」

(聞いただけだったんだけど……)

アインツ「よし! 決まったからには行くぞ!」

○○「あっ! アインツさん……!?」

アインツ「城がオレ達を待っている!」

戸惑う私の肩を抱いて、アインツさんが城を指差す。

(アインツさんって……)

夕暮れに近づいた太陽が、目指す道の先を赤く染め始めていた。

第2話>>