第1話 再会は実りの季節に

獣人の国・ヴェリティア…-。

太陽の光が、ヴェリティアの城の近くにある森に美しく差し込んでいる。

私はヴァイリーさんの執事さんから連絡をもらい、久しぶりにヴェリティアを訪れていた。

(迎えに来てくれるって言ってたけど……早く来すぎちゃったかな)

光が降り注ぐ木立の中、一人辺りを見渡して、ここへ現れるはずの執事さんの姿を探す。

すると、しばらくして…-。

ヴァイリー「ん……? 〇〇!? どうしてこんなところにいるんだよ」

〇〇「え……!?」

声がした方を振り返ると、大きく目を見開くヴァイリーさんと視線がぶつかった。

〇〇「ヴァイリーさん!」

突然の再会に、ドキリと心臓が跳ねるけれど……

(どうしてって……ヴァイリーさんは、私が来ることを知らなかったのかな?)

反応を不思議に思っていると、彼の後ろから執事さんが顔を出した。

執事「私がご招待いたしました。ヴェリティアも実りの季節。美しい風景をご覧にいれようと思ったので」

丁寧に一礼する彼に、私とヴァイリーさんは思わず顔を見合わせる。

ヴァイリー「そう、か……なんだ、久しぶりだな」

〇〇「……お久しぶりです、ヴァイリーさん」

挨拶を交わすと、ヴァイリーさんは私から顔を逸らし、執事さんをじろりと見た。

ヴァイリー「だったら、一言くらい言っといてくれても…-」

執事「申し訳ございません。ヴァイリー様もお忙しそうだったもので……喜んでいただきたかったのです」

ヴァイリー「……ったく」

よく見ると、その頬は微かに赤くなっていて……

〇〇「会えて嬉しいです」

ヴァイリー「……!!」

心がくすぐられるような感覚を覚えながら、彼に微笑みかけたのだった…-。

第2話>>